Web連載更新チェックアンテナ

2014年11月13日

20141113.png
新しい仕事場もあらかた必要なものが運び終わって(まだ運ぶもの自体は残ってはいるけど)、ここで夜遅くまで一日過ごすことも増えてきました。
そーすると、なんかちょっとしたものが欲しくなるものです。わざわざ買うほどじゃないんだけど、ないと困るかなあみたいなちょっとしたもの。

その筆頭が表札でした。
最近は表札出さない人も多いみたいなんだけど、打ち合わせで来てもらったりする以上は、ピンポン押すのをためらわなくて済む何かは表に出す必要があります。でもわざわざ注文するのもなー...ってそうか、手元にカラーレーザーあるんだから、それで作っちゃえばいいじゃん。
これが一番最初のとっかかりでした。

で、ちょちょいと作った表札がこちら。
隅っこにイラストまで置いてあるから、これならまず間違いなく「あ、ここがきたみさん宅だ」と自信を持ってピンポン鳴らしてくれることでしょう。

んで、かれこれ1カ月以上経つのに、いまだにゴミの日が正確に覚えられない私。ゴミの日表でも貼っておくかなーと思ったんだけど、それはあまりに生活感出過ぎで打ち合わせ場所にふさわしくない...。

でも考えてみたら、カラーレーザーだから用紙を選ばないんですよね。だったら、それっぽくない紙を調達してきて、それっぽくない感じで印刷しちゃえばごまかせんじゃね?

ってなわけで、100均に行って適当に物色してまたちょちょいと作ってみたゴミの日表。

用紙は、100均で紙袋買ってきて、それを切り刻んで印刷してみました。けっこうクシャクシャな紙だからどうかなーと思ったんだけど、ちゃんと印刷できるでやんの。カラーレーザーすごいや!

これで調子に乗っちゃって、今朝がた出勤直後に準備運動がてら作ったのがこいつ。

掃除めんどいのイヤだから、トイレの注意書き描いてみた。

いかにもプリント用紙ってやつ以外の紙を使うだけで、「いかにも」な手作り感は払拭できちゃうもんだなあ...と。
そう考えると最初に作った表札はあくまで「とりあえずね」というつもりだったので、厚紙も使ってないし用紙にこだわりがないんですよね。今度作り直すかなー。

あ、全部英語になってるのは、「その方がカッコ良くない?うひゃひゃひゃひゃ」という中2病が未だに治ってないからなので、そこはつっこまないでください。

2014年11月12日

20141112.png
移転を機に、いろいろ捨ててスッキリしようと思っていたんですが、なんだかんだと捨てられないものがたまって結局元の木阿弥になりそうな今日この頃。

そんなわけで、またひとつ捨てられないものが増えちゃったというお話。

すっかり捨てる気満々だったCanonのMP600というプリンタが仕事場でホコリをかぶっています。毎年年賀状シーズンになると宛名印刷のためだけに登場してはまた眠りにつくという案配で、通常業務だとカラーレーザーを買って以降はほとんど出番のない二軍選手さんです。そんなもんだから気がつくとプリンタヘッドも詰まっちゃって、先日試してみたらもう顔料黒の印刷なんかまったく何も出ない状態。寿命ですな。

ただ、「顔料黒インクで宛名印刷が綺麗」「写真もまあまあ綺麗」「レーベル印刷もOK」となかなかバランスの取れた機種で、インクの詰め替えにも強い。それでも捨てるぞと思ってたら、今の新製品たちって、いつの間にか背面給紙が手差しのみとかになってきてんのね。宛名印刷には背面給紙がいいよなー。

そう思うとなんかやっぱりもったいない出来の機種に思えて、ものは試しにとやれるだけのことはやってみる気分になりました。確かプリンタヘッドを洗浄して復活させた事例がたくさんあるはず。

というわけでググル先生にお尋ねしてみたら、すごくわかりやすくまとめてくれてるサイトを発見。
...> CANON MP600 インクヘッド復活作戦...【覚 書】
その手順通りにやってみて、ヘッドクリーニングをしつこく繰り返したら、見事に息を吹き返しました。やったー!...なのかな? また捨てられないぞこれ。

とりあえず間近に迫る年賀状シーズンは宛名書きマシーンとして活躍してくれることと思いますが、そのあとは...どうしよう。でかいのよねこいつ。確かに仕事場にはレーベル印刷機も写真印刷機もないので、役に立つシーンはありそうっちゃありそうなんですがはてさて。

2014年11月11日

20141111.png
環境を新しくすると他にも色々変えたくなるのは人の業...ってことで、長年使い続けてきたロジクールマウスに別れを告げて、Microsoftのずんぐりマウスに乗り換えました。

マウスって、たくさん選択肢があるように見えて実はぜんぜんないって製品の筆頭だと思ってます。なんせ一番手にふれている時間が長いものなので、ボタンの感触は超大事。クリックの重さは軽すぎると指が疲れますし、重すぎると操作に支障を来します。フカフカした押し心地のタクトスイッチなんか論外。まずこの時点で、LogicoolとMicrosoft(とあとはKensingtonもかな)以外のメーカーは落第になります。

で、必然的にその2社から選ぶことになるんですけど、両者の特徴は下記みたいな傾向だと個人的には思ってます。

Logicool
○ボタン数充実、高機能
○マウスの基本機能に不足はなし
○保証も充実してて、良いやつを買えば長く安心して使える
×フラッグシップ以外はホイールの感触がひどい(つまりお高くなる)
×ホイールクリックは総じて固めで使いづらい
×マウスのユーティリティーが若干不安定で、カーソル加速度の調整が微妙

Microsoft
×ボタンがめっちゃ減らされた駄目仕様多し(Winボタンなんかいらん!)
○左右ボタン、ホイール等が昔ながらの感触で良好
○マウスのユーティリティーを入れなくても、Win標準の設定画面でバッチリ良好
○保証も充実してた(最近はずっとLogicool派だったので今もそうかは知らないのです)
○安い

要するにまともなマウスを買おうとすると、Logicoolのお高めラインナップかMicrosoftのしか選択肢がない...と。

Logicoolはホイールさえのぞけば操作性良好で、かつ高機能。代替のない位置を確立していて、それがために自分もここ7年くらい愛用していました。MXレボリューションってのがまたコストのかかった良い作りをしてましてですね~、チャタリングの持病持ちモデルだったので保証でM950tという若干コストダウンが否めない機種に変わって、でもまあ良いマウスで、ずっとこれを愛用してたわけです。

今回購入したSculpt Ergonomic Mouseは、そのずんぐりむっくりしたフォルムに興味をそそられて店頭でさわってみたら、持ち心地、各ボタンの感触と、マウスの基本中の基本のところがパーフェクトで、ほぼ一目惚れ状態になった品です。でも左右ホイールの基本ボタンをのぞけば使えるボタンは実質1個だけ。ブラウザの戻るボタンオンリーになるのがひっかかって、その場では購入に至らず。でもやっぱりな~って気になっていたところ、今回の「環境変えたい病」に加えて、ネット通販だと3,000円を切っていたので、これならお試しでいいやと買っちゃったのでした。

んでインプレッション。

やっぱりMicrosoftのマウスはカーソル加速度の設定がバッチリです。手首のひとひねりでデュアルディスプレイの端から端まで移動できるくせして、細かい操作をしたい時にはちゃんと微妙な操作に反応してくれる。これがすごく気持ちいい。
握りに関してはお団子を横から握り込むような形になるので、手首をそらせる必要がありません。でかいトラックボールいじってる時の手にも似ていて、リラックスできます。この握り心地と、先に挙げたカーソルの追随性とがあわさって、かなりいい感じでカーソルをぴゅんぴゅん操作することができます。

あとボタンの押し心地もすごくいい。Logicool比で若干固めになっていて、ボタンの上で指を完全に脱力させていても、勝手にクリックされちゃうことはありません。そこからちょっと力を入れると「コクッ」とスイッチが入る。ホイールクリックはそれよりもさらにもうちょい固めな感じで、明確に力を入れられた時だけクリック操作ができるような案配。ホイールを動かしてる時なら、それプラス左右ボタン押す時に加える力ぐらいの感じでちょうどクリックになるよう調整されているように思えます。
意外だったのが、ホイールの左右クリック。これ、Logicool派が長かったもんで、「使い物にならない機能」だとばっかり思い込んでたんですよ。Microsoftマウスだと違うのね。軽い力でカチッと明確にスイッチが入るんだけど、ホイール操作中に誤動作を起こすほど軽くはないので、ちゃんと意図した通りに操作できるでやんの。

戻るボタンはちょっと固いかなあ。ここはボタンの位置が掴みづらいデザインということもあって、スイートスポット外しちゃうと、たまに押せなくて「あれ?」となることがあります。まだ慣れてない。

そんなわけで、現状ではかなり気に入ってます。買ってよかった。
気になる点としては、やっぱりボタンが少なめなので、それが今後どうひっかかってくるかってとこと、あとマウスの大部分がツヤツヤ仕様なので、特に夏場は汗でぬめるんじゃないかってあたり。このへんは使いながら様子を見て行きたいと思います。まあ失敗したーってなっても3,000円ですしね。

しかしこのデザインで、戻るボタンの位置に「はっきりボタンとわかる形状」で、第4第5ボタンをつけてくれてたらめっちゃ名機っぽいのに...なんでWinボタンなんだろうかなあ...いくらWin8推したいからって。
Win10仕様でボタン多め版とかが出てくれるといいな。

2014年11月 4日

20141104.png
ちまちまとした荷物運びもようやく一段落と言っていいだけ運び込むことができて、仕事場として本格稼働できる状態になりました。
急ぎすぎるとどっかの時点で「もうテキトーでいいや」となりがちなので、逸る気持ちをぐっとこらえた甲斐があり、そこそこ運び込んだはずが一応それなりに納まってくれてる。もちろんルンバさんが部屋中走り回っても問題なっしんぐ。

今回仕事場を新設するにあたり、こだわったのは机の位置でした。「壁に向けて設置しない」ってのにとにかくこだわった。どうも壁に向けて机を置いちゃうと、視界がどんづまりになって開放感に欠けるのはもちろん、意外と各種収納へのアクセスも悪くなるんですよね。机を壁に向けると、部屋の中央が導線になるので、どうしても椅子の裏側にスペースを広く取りがちになっちゃいます。するとでかい本棚を設置してもそこと距離が空いちゃったりして、そしたら本棚から取り出した資料を戻すのが面倒でつい机の上に積み重なっていったり、ついつい机の下が物置スペースになって、気づくとホコリのたまり場になってたり...。

今回、机を部屋の中央に向けて設置することで、椅子のすぐ後ろに大量の収納を設けることができました。そしたら必要なものをさっと取り出してさっとしまうのが楽チンなので、机の上に物がたまっていかない。
机が広い!
何この快適空間!

いや、私がモノグサなのが悪いんですけどね。そうなんですけどね。

あともう1個こだわったのがコタツ。

部屋の中央に向けた机の先には、どでんとコタツが鎮座してます。
このコタツをですね、ずずずーっと引きずって机に寄せて、アームで吊してあるディスプレイをくるっとまわすわけですよ。
すると「27インチディスプレイが邪魔にならないコタツトップ作業環境」のできあがり!寒い冬も大丈夫!椅子に座りっぱなしで疲れたうがーって時もコタツでぬくぬく大丈夫!寝っ転がりながら描くのだって出来ちゃうぜ!

これ!これがやりたかったんです!

幸いCintiq13HDの配線は1本のケーブルからHDMIとUSBと電源が三つ叉に分かれて生えてるだけなので、それぞれに延長ケーブルをかませばながーく伸ばすことができるんです。だからコタツにだって楽々届く。わはははー。

目下の課題はまだコタツ布団買ってないことなんですよね。寒くなってきたからいい加減買わないとなあ。

2014年10月28日

20141028.png
9月末に契約した仕事場へ、ちまちまと荷物を運び込んでいます。
わざわざ引っ越し屋さんにお願いするほどの量でもないと判断したので、毎日午前はそっちで過ごすようにして、その時に一部ずつ荷物を運んでます。だからほんと「ちまちま」。そのちまちま具合が、「ピクミンっぽいなあ」と思いながら運んでます。

それでもメインの作業環境以外はだいたい移し終わってきていて、本番絵描き作業以外なら、あらかたこっちでやれるようになりました。
先日はじめて仕事場の方で編集さんと打ち合わせをしてみたんですよ。直接玄関まで来てもらえるし、打ち合わせのその場で資料ひっぱり出せるし、必要な部分もその場でコピーして受け渡しできるしで、これは便利だなーと。いっつも外の喫茶店で打ち合わせしていたので、コピーなんかは毎回「後日スキャンして送る」みたいなタイムラグが発生していたんですよね。

にしてもここは静かです。
自宅宛ての電話、宅配物、セールス、その他諸々のノイズがないってのは、こんなにも落ちつくもんなんだなあ。

なんだかんだとそろそろ1ヶ月が経ちますが、いまだにホコリが目立つようなこともありません。床面はいつもピカピカ。床がピカピカだと家具の上にホコリがたまることも少ないようで、入居時の印象そのままの状態をまだ保っています。
ルンバさんすげえ。本当にルンバさん大好きだ。

そうそう、引っ越しといえば、新しい3DS LLを買いました。さっそくお引っ越し機能で前のやつからデータを移すことにしたら、ピクミンが画面に出てきてせっせせっせと運んでくれました。そこはかとない親近感。
こいつら、ウチにも来てくんないかなあ。

新しい3DSについては、またあらためて。

プロフィール

著者近影
きたみりゅうじ

もとプログラマで、現フリーのライター兼イラストレーター兼まんが家…とかいう、よくわからない肩書きにて世の中を徘徊中です。

広告

2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加