Web連載更新チェックアンテナ

« 2006年冬モデルのプリンタ | メイン | [ムック本] Web 2.0ツールのつかいかた »

冷や汗の打ち合わせ

060930.gif
昨日は駅前のファミレスで、書き下ろし中の単行本について版元の担当さん&部長さんと3人で打ち合わせ。

冷や汗ものです。

いや、この単行本がですね、当初お話をいただいた時の予定では今年の春に校了してるはずだったんです。今はえっといつ?夏も終わって秋だよね?けども、なぜか手元にあるのは「プロローグ」と「第一章」の原稿だけ。
しかもこの第一章だって、ようやく打ち合わせ一時間前に出来上がったところです。

そんなわけで、ワタクシこの打ち合わせの予定が決まった瞬間から、ずっと「こりゃ、えらい怒られるぞきっと」と背中に冷や汗をかいておったとですよ。

なんせこの版元さんといえば、本社ビルにお邪魔した時は思わず笑っちゃったくらいに、そりゃもうバカでかい建物の主さまです。そことはじめてお付き合いさせていただくというのに、この体たらくでは「キサマごときがウチから出そうとは千年早いわ!」と切り捨てられてもおかしくありません。

つか、まじで「もうイラネ」と切り捨てられちゃうんじゃないかと、ビクビクしてたんですよ。

ファミレスについて、まだ見てもらってない分の原稿を「見てください」とお渡しして、それに目を通してもらってる間もずっと固まりっぱなし。いつ「こんだけ待たせてこの程度の原稿か~!」と怒鳴られるかとじっと身構えてました。

ところがですね。

「やぁ、よく出来てますよ」

…ほめてもらえました。

うれしかった。ほんとにうれしかった。「才能がある」とまで言ってもらえたんですよ。そりゃえらいうれしかったですよ。
んでもって、うれしい以上にほっとしました。

結局、事前にビクビクしていたようなお叱りはなく、まだ待てますよと時間的猶予をいただくことができました。
とりあえず年末までがんばって、そこで待ったなしの最終期限を取り決める予定です。

え?そこまできたら現時点で「何月までにがんばって仕上げます!」と宣言するもんじゃないのかと?
実は来月、再来月で計2本ほど連載が増える見込みなので、今ひとつ自信を持って宣言できないのです。これじゃいかんと思いつつ、なかなかこれがどうしてうむむ…。

えっと、あのんっとえっと。
とりあえず言えることはあのえっと…。

…ガンバリマス。

#文字だけじゃなんか寂しいので、今回からコマ絵をちょっと足してみました。
#いつまで続くかは神のみぞ知る。

【 関連記事 】

コメント (3)

はじめまして。
きたみさんの作品、いつも楽しませて頂いています。

今回の描き下ろしの単行本も楽しみです。
一体どんな内容なのでしょうか。

いまから楽しみにしていますので、頑張ってください。

というのは、プレッシャーにしかなりません…?

だめだめ:

わぁ・・・すごい・・・そんなに期待本???
版元さんが気が長すぎる?
どちらにしても、早く読みたいです~!!ワクワク♪
しかし、連載も増えるだなんて、、、ますます本数が増えそうですね・・・タバコの(苦笑)

はじめまして。
いきなりでなんですが、きたみさんの著書できたみさんの仕事感に共感したものとしてはこの体たらくはちょっと(苦笑)
まぁ私もやっちゃうんでエラそうなことは言えないんですが^^;ともかく応援&期待しております。(ほどほどに)頑張ってください。

コメントを投稿

About

2006年9月30日 12:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2006年冬モデルのプリンタ」です。

次の投稿は「[ムック本] Web 2.0ツールのつかいかた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加