Web連載更新チェックアンテナ

« 悪だくみ | メイン | ヤバい言葉 »

自分的に最強な普通紙専用プリンタ

061120.gif
先週あたりに、注文しておいたEPSONのPX-V630が入荷したと連絡が入ったので、かれこれ一週間ほどこいつを原稿の印刷確認用プリンタとして活躍させています。

先日購入したCANONのMP600は、DVDのレーベル印刷だとかカラーコピー機としてだとか写真印刷にとかいった用途にて大活躍中でして、あれもなかなかに「買ってよかった」と思える機種でした。今は一戸建ての新築に伴った打ち合わせとかで、色々写真印刷や資料印刷orコピーを使う頻度が高く、そんな用途にこいつはバッチグーなのです。

一方で、「普通紙にイラストを印刷して各種確認用に使いたいから、普通紙でクッキリハッキリ色が出る奴がいい」「とにかく確認用にガンガン刷りたいので、インクコストは安い奴がいい」という用途には、あまり向いてない…というかベストではありませんでした。
そんなベストとして選択したのが、このPX-V630。確認用なので6色インクとか8色インクとかの多色構成である必要はなく、確認用であるからして毎日なんらかの印刷を行うためノズル詰まりを気にする必要もなく、過剰な印刷品質は求めないからそのへんに神経質になる必要もない。

極端かもしれませんが、こいつを買ってからこの方、ノズルチェックをしたこともありませんし、するつもりもありません。とにかくパシッと普通紙にエッジのたった印刷さえしてくれりゃいい。発色よく出てさえいてくれればそれでいい。そんな使い方です。

で、結果からいえば、こいつはかなりいけてます。印刷速度が遅いことをのぞけば、まずもって「普段使い用の普通紙専門プリンタ」としては最強の称号を差し上げてもよいのではないか…とさえ思っています。あ、あくまでも「普段使い用」としてですよ。使いつぶし用と言い換えてもいいかも。

なにせ普通紙でのエッジのたち具合、んでもって発色。それがかなりいい案配なんですよね。
しかも購入時には注文時よりさらに値を下げていたので、こいつの買値ときたら6,980円なわけですよ。この画質の出せるプリンタが6,980円!?というのはもう驚くしかなくて、ちょうど昔々にCANONのBJC-600だったかなんだったかそんな型番のインクジェットが出て、「家庭用としてはこれって画期的!!」と、いつかパソコン買った時にはそいつもいっしょに買うんだいと思ってたプリンタが69,800円でちょうど一桁違ってて、それを考えたらもう技術の進歩ってスバラシイというかなんつーかもうとにかくこれはお気に入り…になっちゃったわけです。

ちょうど1/10になってるってとこがもうね、印象的ですよね。

で、ガシガシ使ってたらとうとう黒インクが警告を発しはじめたので、EPSON製の大判プリンタ用インクカートリッジからインクを抜き取って小分けして販売してます~ってな風情の顔料詰め替えインクを買ってきまして、本日詰め替えを行いました。
おっけー、品質の低下なし。

そんなわけでインクコストも正規のウン分のイチになり、それでいて普通紙印刷時の画質はかなりいけていて、壊れたって惜しくないほどガンガン使うぜ使い潰すぜ!!
…というプリンタが我が家ではただ今大活躍中のわけであります。

これのA3版が出ないかなぁ。
メーカーにしてみりゃこんな客迷惑なだけだろうから、やっぱ出ないよなぁきっと。

【 関連記事 】

コメント (2)

westernhero :

つい先日、EPSONのPM-A920を
買いました・・・

そんときに店員に聞いた話では
画像→EPSON,文章→CANON
って言ってましたよ(;・∀・)

だからEPSON買いました(;・∀・)

yas:

初めましてm(__m)
いつも楽しく読ませて頂いています。

私、家電業界にOA担当者として勤めてかれこれ
10年以上が経ちますが…プリンタはホントに安く
なりましたね、てっ言うか下手したらH○の交換
インクと殆ど変わらない価格…('A`)

ちょっと異常ですよね(´д`;)

コメントを投稿

About

2006年11月20日 12:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「悪だくみ」です。

次の投稿は「ヤバい言葉」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加