Web連載更新チェックアンテナ

« 書店行脚 | メイン | ひと旗あげた人をみて思うこと »

自治会活動でひと区切り?

080630.gif
先日書いたみたいに
、今は自分とこの自治会で班長さんになっちゃってるので、とある問題の取りまとめに奔走していて、その話し合いが先週末にありました。

なのでタブレットPC抱えて地区の会議室でプロジェクタにつないで、資料をホワイトボードに照らしながらあーでもないこーでもないと。
来てた人からは「さすがそういう機材を駆使するわけですね」みたいな見られ方をしてたみたいですが、単に「みんなに資料配付しようと思ったら100枚以上用紙を使うことになるんだけど、さすがにそこまで自腹で持ち出しする気にはなれん」のと「書記を置いてうんぬんみたいなことをやるのがイヤだったんで、自分でホワイトボードに書いた内容がそのまま保存できるようにとタブレットPCをホワイトボードがわりにした」という苦肉の策だったりいたします。
ほら、書記さんってたいてい話し合いに参加できなくなっちゃったりするじゃないですか。そーいう人を作りたくなかったのです。

しかし我ながら、性格的に「話し合いするならちゃんと資料を提示しながら」じゃないとイヤで、かといって、「そのためにこれこれこんだけ金がいるから支払ってちょ」と誰かに言うのもイヤというのは、困った性分だと思います。

で、話し合い。
といっても、これが皆さん大人な方ばかりなので、なにをもめることもなく。アンケートの結果と、問題点と、それぞれの思うところを出した後は、普通に落ち着くところに落ち着くといった感じで、どこにしこりを残すようなこともなく、綺麗に話が決まってくれました。

で、帰ってきてからまたその結果報告書をガシガシと作って、今日配布してますよ…と。

これでやっとひと段落だぁ…と思ったら、今度は「夏祭りの警備担当がうんぬん」「その打ち合わせがうんぬん」とかいう知らせがまわってきたりして。
なんか班長になってから、「なんも予定のない土日」というのが、かなり貴重品になってるような気がします。気のせいだと…思いたいなぁ。

あ、ちなみに「ホワイトボードがわり」に使ったのはこのソフトです。
…>てがきInk
ペンタブレットでお馴染みワコム社製のフリーソフトなんですが、ページ切り替えもパンパカ出来るし、デスクトップ上に書き込みもできるから資料写真に朱を入れたりも自由自在で、かなり便利です。筆圧殺せればなお良しなんだけどなぁ。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2008年6月30日 15:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「書店行脚」です。

次の投稿は「ひと旗あげた人をみて思うこと」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加