Web連載更新チェックアンテナ

« ひと旗あげた人をみて思うこと | メイン | 帰省したり、義従姉妹のとこに立ち寄ったり »

第40回 GRM千葉に行ってきた

vol0181.gif
暑くて内ももが大変なことになってましたが、またまたグッドライダーミーティング千葉という講習会を堪能してまいりました。
今回はなんか、ハンドル近くに身体をもっていくことで、ハンドル自身の動きをさまたげないようにする…ようななんとなくのきっかけを掴んだような気がしています。ちょっと曲がりやすくなってたから多分そうだ、そうなんだ。

バイク楽しいなぁ。

【 関連記事 】

コメント (13)

foo:

家族は心配でしょうね。
純粋に身体のこと考えて心配、ということともう一つ、経済的な面考えると、勤め人ならまだしも、それで事故って絵描けなくなったらどうするんだろう、とか。
こういうのって車とかバイク好きな人は、そうじゃない、事故らないためにもこういうところで練習、とか、一般車で150kmとか出したら危険だけどスポーツカーはそれでも大丈夫な様に出来てるんだ、とか、言ったりするんですが、本当にそうなのかもしれないけど少なくとも知らない人からすればそんなこと言われたって心配で心配でたまらんですよ。
せっかくお楽しみのところこんな言い方したら本当に申し訳ないんですけど...なんだかご自分の立場を自覚していない様な印象を受けてしまいます。
ネタ用に誇張して書いているんだったらいいな、とだけ祈っておきます。

かず:

フリーでやってた期間にスキーで骨折し入院になり1ヶ月程収入が無くなりました
収入もそうですがその間お客様に迷惑をかけてしまいました

怪我には気をつけて下さいね

みやた:

とある有名漫画家も物凄いバイク好きだったらしいが、「この仕事で食って行きたかったらバイクはやめろ」と担当からどえらい説教をされて手放したとかって聞きました。
やっぱり事故は本人の自覚とは別の所からやって来ますからね〜。

とにかく、怪我なんかしたら可愛い娘しゃんと息子しゃんがこっちが罪悪感に苛まれるほど心配するに決まっているのですから、本当に気を付けて下さいませ。

トナカイ:

ン十年ぶりに復帰したママライダーです。
昔ような乗り方はさすがに出来ません・しませんですが、
ケガや事故は相手おかまいなしですものね。
趣味で大怪我に世間様が厳しいのは、
皆さんご存知のこと。

でも、色んなことにバランスをとりながら、
自分らしい生活をするのって、
必要なことだと思います。

いつも楽しく見てます~。
まるで我が家のようです。

GaK:

なんだかバイク=(必ず?)怪我するものっていう前提でコメ欄進んでません?
「本人がどれだけ気をつけていても相手の不注意で怪我させられる」とか「道具を危険に扱って事故した」とか、そういうの言い出したらバイクに限った話じゃなくなるし、それこそ家に居ても怪我する可能性にも言及しなきゃならなくなりますよ。
そのあたり気にしだしたら仕事・食事・睡眠以外の活動は出来なくなってしまいます。(ご家族の方はそのほうがありがたいのかもしれませんが)

転倒が事故につながる公道よりも、主催者側が転倒について配慮してくれてるライディングスクールやサーキットのほうがよっぽど安全ですよ。

JJ:

バイクは危ないっすよ、実際。
自分の幼馴染もバイクで事故って死んだし。

バイク乗らないより、乗った方が危険性が増すのは当然。
Gak氏の言っていることは極端ですな。
家で怪我?そんな話はどうでもいいんですよここでは。
だってこの記事はバイクのトピックスなんですから。

他のコメントの方は、きたみさんを本当に心配しておられるから
バイクの危険性について言及している訳で。

それを脊髄反射で「バイクを否定している!!」と噛み付くのはどうかと。
誰も「バイク乗るな」なんて言ってないでしょ?

Gekko:

なんだか論点自体がおかしいと思うんですが。

今回の日記はバイクで楽しく遊んでるキタミ先生に
奥様がクギ指してるだけだと思うんですが・・・。

安全性の問題だってツナギ着てサーキットで運転技術を
磨く方がよっぽど安全ですからむしろ良いことでしょう。

それにしても3000円で走り放題って羨ましいです。。

みやた:

もしかしたら奥様が言いたい事は事故うんぬんよりも『遊んでばっかりいないでいい加減仕事に集中しなさい』と言う、最も理不尽な上司による警告なのかもしれないですね…。

soul-junky:

走り放題3,000円って、もしかして南千葉じゃないですか??w
俺は、結構行きますよww

てか、皆さんの言ってる“バイク=危険”って言うのは解りますが、公道よりも完全装備してるサーキットの方が安全な訳ですしね、あまりむちゃせず楽しんで走る分には良いんじゃないでしょうか?

kim:

みなさんは「気をつけてくださいね」程度の事を書いているんだと思いますよ


バイク良いですね
家族みんなで行けばおもしろさを分かってくれるかもしれませんね

GaK:

>JJ氏
「怪我が危ないから気をつけて」ではなくて
むしろ「立場をわきまえて怪我の原因になることだから(趣味を)やめろ」的に読めてしまう流れだったので。
真っ当なバイク乗りでバイクの危険性を知らない人はいませんよ。これまでの記事からりゅうじさんはそれをよく知っている方だと思います。

記事の内容はGekko氏が仰っている通りのハズなのに
何か????となったのでズレてませんか?って言いたかったのがああなってしまいました。

SEの妻:

こんにちわ。

私的には、きたみさんの奥様もバイク乗りで
いらっしゃるそうなので、
「自分ばっかり楽しんでないで私も連れてけ~」
視線を送ってるわけね。(笑)

と解釈したのですが ? 

ASK:

まあ、趣味は人それぞれですしね。

私はきたみさんの著書で仕事に対する姿勢とか責任感に共感してファンになったクチなんで、「フリーでかつ換えの効かない仕事をしている方の趣味としてはどうよ」と思っちゃうんですがまあそう思うなら見なきゃいいだけですよね。

バイク好きの読者が増えればいいんじゃないでしょか。
これからもがんばってください。

コメントを投稿

About

2008年7月17日 12:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ひと旗あげた人をみて思うこと」です。

次の投稿は「帰省したり、義従姉妹のとこに立ち寄ったり」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加