Web連載更新チェックアンテナ

« Majestouch届きました | メイン | マクドナルドでタスケテとネットに向かって叫ぶの巻 »

IBM Space Saverキーボードに出戻り…かなぁ

081216.gif
昨日は空き時間を見つけては、「美佳のタイプトレーナ」と「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2 体験版」でタッチタイプの練習をしてました。もちろん、Majestouchに慣れるためです。
一方で、使えば使うほど「良くできたキーボードだよな」との思いを新たにするIBM Space Saverキーボード。考えてみれば5年以上使っているんです。もうすぐ丸6年です。フリーランスになってからの道のりの、ほとんどをこいつとともに歩んできたんです。

と思ったら「お疲れ様」的な気分になったので、今まで水拭きしかしてこなかったこいつを、徹底的に洗ってやりたくなりました。なので洗いました。通販でお馴染みクイックブライトを使って、キートップを全部外して1個1個丹念に磨いてやりました。
うわさには聞いてたけどすっごいね。プラスチックという素材にも本当にピンからキリまであるんだなと品質の高さを見せつけられた感じ。あっという間に新品同様ですよ。5年以上使ってるのに、色あせや日焼けの類は一切なし。キートップの文字かすれだってまるでなし。劣化がないので、汚れが落ちたら新品ピカピカ状態です。

うーん。

これ、もう代替品がないし、そろそろUSBに乗りかえておかないとって思うから切替を考えたけど、ヘタしたらMajestouchの方が先にオシャカになるんじゃね?そしたらまた別のキーボードにイチから慣れていかなきゃならんのか。

うーん。

今日になってから、とりあえずPS/2→USB変換器を使ってSpace Saverちゃんにも復職いただきまして、しばらくは両刀遣いで様子を見ることにしました。
ちゃんとしたタッチタイプの運指を強制した状態でやってるので、こいつを使ってる状態でも慣れない感はあるんですけど、昨日どうしても1分10秒台だった「ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2 体験版」の「全力疾走」が、Space Saverでやってみたらあっさり1分を切ってあらびっくり。正確性が段違いらしい。

ただ、Majestouchの省スペース性と、黒軸のタッチもこれはこれで捨てがたいものがあるんですよね。ちょっとSpace Saverばっかさわった後は、ちょっとこっちもとさわりたくなる移り気な私。
でもMajestouchだとどうしても、ノリノリでメール書いてたら「よろしくお願いします」が「よろしくお願いしますい」になってしまう私なのでもあります。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2008年12月16日 12:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Majestouch届きました」です。

次の投稿は「マクドナルドでタスケテとネットに向かって叫ぶの巻」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加