Web連載更新チェックアンテナ

« ひと山越えてた | メイン | Cintiq21UXの保護シートをかえてみた »

Windows7 を試してみました

090122.gif
「まぁ重くて快適ではないだろうな」と思いながら、Thinkipad X41tにWindows7のベータ版をインストールしてみました。ちなみに入れたのは32bit版の方。64bit版は「CPUが64bit対応してないぞ」といってはねられてしまいました。

普段Thinkpad X61tの方ではWindows Vistaを使ってるんですが、それと比較して「良くできてるな」と思えます。X41tでも正直普通に使えちゃうんですよ。軽い!!とは言えないまでも、理不尽な待たされ感がなくて普通に動く。

ただ、一番期待していたタブレットPCとの親和性という意味では△でした。やっぱり相変わらずWacomのドライバを入れないとAdobeのソフトでは筆圧が効きません。ただ、ドライバがWindows7のタブレット機能と競合することはないし、デジタイザの調整方法も従来の「4隅をタップ」方式から「4隅それぞれで4点ずつタップ」と16点を測定する方式に変わっているので、かなり雑にやってもあっさり使い物になる程度に調整できちゃうのはいい感じ。

Illustrator CS4が思いの外軽かったのにも驚いた。CS3が重かったからX61tに乗りかえたって面もあったのに、なんかCS4の方が軽くなってないかこれ。
…というわけで、今日の日記絵はそのままX41tで描いてみたりいたしました。

しかしWindows7を使ってると、本当にVistaはダメな子だなと今さらながら強く思ってしまいます。
なんか、へんなところでいきなり考え込むことがあって待たさることが多いし、スタートメニューも未だに「使い辛い」という印象しか持てないまま。設定もあちこちの階層に入り乱れてる感があって、望みのところになかなかたどり着けないし、タブレット機能はWacomのドライバと競合してなかなかいい感じに調整ができやしない…というか、そもそも調整できないケースが多々。
上記は全部、Windows7では改善されてて、「ああそういえばVistaは」と改めて気づいた点たちです。

そんなにVista否定派ではなかったはずなんだけど、Vista使うくらいならWindows7使う方が断然いいな。Vista使う理由ないって言っていいくらい。
Windows95がVistaだとしたら、Windows7はWindows98ぐらいに熟成してきてる感があります。

ただ、んじゃWindowsXPからWindows7にするかといえば、それもNoだったりして。
軽いのは相変わらずWindowsXPだし、そもそもXPで十分足りてる。なのにわざわざそれより重いWindows7を選ぶ理由というか、Win7じゃないと出来ないことって(自分にとっては)今のとこ皆無なんですよね。昔Vistaが出る前に期待してた諸々の改変は、Win7でも相変わらず亡き者になったままだし。
USB3.0とか、新しいハードが定番化して、それがWindowsXPじゃ綺麗にサポートできないとなった時に、一気に移ることになるんでしょうね。
思えば昔のWin95→Win98の流れとか、Win2000→WinXPの流れとかも、全部そんな感じだった気がするし。

【 関連記事 】

コメント (1)

tomotomo:

Windows Vistaは修正パッチを与えなければ、Windows XPなみに軽いですよ。
おそらく、Windows 7 も同じようになるかと。
僕は、XPにするか、Solarisにするか迷っています。

コメントを投稿

About

2009年1月22日 10:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ひと山越えてた」です。

次の投稿は「Cintiq21UXの保護シートをかえてみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加