Web連載更新チェックアンテナ

« Cintiq21UXの保護シートをかえてみた | メイン | ミクロマン収集ひとまず終了 »

マット芯とストローク芯

090129.gif
うん、やっぱり保護シートを貼り替えたのはいい感じ。
力を抜いてもペン先がすべっていかないので、軽い線でも比較的落ち着いた線が描けるようになったっぽいです。
あと全面吸着のおかげか薄さがアップしたのか画質の均一感もすごくて、そっちの意味でも落ち着いていい感じ。

欲をいえば、「ここまでかわいたザラザラ感」ではなくて「ややしっとりめのザラザラ感」であったら良かったのになとか、「あともうひと息透明度が欲しいな」とかありはしますが、それ言っちゃうと切りがないし、そもそもだからといって選択肢があるわけでないし。

しかしなんといってもうれしいのが、マット芯を使わなくて済む…ってことだったりして。
マット芯って、書き味と引き替えに耐久性を犠牲にしてるので、がんがんペン先が磨り減っていくんですよね。単にコストの問題だけならいいんですけど、どんどん線が太くなっていっちゃう鉛筆みたいなもんで、「まだ使える」範囲でも、微妙に描線具合が異なってきちゃうんです。これを避けようと思ったら、まじめに1ページずつペン先変えるくらいしないといけなかったりとか。

とはいえ書き味はいいのです。
今のこのシートに貼り替えた上でも、マット芯だと「ズリズリ…」って感じの荒い質感が「これはこれでいい」って印象だったりもして。

磨り減るにしても、均一に減っていってくれるのならいいんだけどな。実際は、ペン先がひしゃげて磨り潰されていく…みたいな感じだもんな。

【 関連記事 】

コメント (1)

いつもこっそり拝見させていただいております。

色々と参考になって本当に助かります!
無性に液晶タブレットとか欲しくなりました・・・・・がっ!
高いですね○r2

これからも楽しみにしています!!

コメントを投稿

About

2009年1月29日 15:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Cintiq21UXの保護シートをかえてみた」です。

次の投稿は「ミクロマン収集ひとまず終了」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加