Web連載更新チェックアンテナ

« こうしてパパの威厳は消えていく | メイン | 20年ぶりにエイヤートー »

『会社じゃ言えないSEのホンネ話 幻冬舎文庫』見本誌出来

100203.jpg
書き下ろしの資格試験本がまだかまだかとやきもきしている状態だったりしますが、まずは今年いっぱつ目の刊行物として、2月10日発売の『会社じゃ言えないSEのホンネ話 幻冬舎文庫』があがってまいりました。
2007年3月に発売された同名書籍の文庫版にあたります。

装丁は基本的に親本を引き継いでいるんですが、なんか小さくなるとかわいいもんですね。
小さいくせして特色の金色がギラギラ悪趣味に光ってたりして、なんというかかわいいやつでございます。

どんな本かというと、ちょうどWebマガジン幻冬舎の方に、親本刊行当時の著者インタビューが残っていたので、そちらを参照いただければと思います。
よろしくお願いしますなのです。

【 関連記事 】

コメント (1)

39:

いつも楽しく拝見しています
この本、昨日買いました! 
まだ途中ですが、楽しく苦しく(?)読んでいます

コメントを投稿

About

2010年2月 3日 12:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「こうしてパパの威厳は消えていく」です。

次の投稿は「20年ぶりにエイヤートー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加