Web連載更新チェックアンテナ

« 暑くて気づく落とし穴 | メイン | 夏休みの思い出 »

市原海釣り施設に行ってきた

1008011.gif
今年出かけたキャンプで釣りをして以来子どもたちが「釣り好きっ子」と化しているので、これ幸いと釣りを家族全員の趣味にしようと試みています。千葉だから釣りのできる港も多いし、やらんでどうするという感じ。

ただ、内房の海(正確には富津よりも内側の東京湾内)の水質をあまり信用していない自分がいるので、最初は外房の港に連れていきました。
いやー、水が綺麗で。透き通った海面の下を泳いでる魚の見釣りができるので退屈しないし、釣りに飽きたら、イシガニという食べられるカニをおっかけたりと、楽しかったんです。
これでますますカミさん含む家族全員が「釣りいいよね」というムードに。

ただ、片道1時間程度かかるので、「気楽に」というにはちょっと遠い。

「じゃあ、内房にある海釣り公園行ってみるのも近くていいんじゃないか?」という話になり、「一度試してみるのもいいかもしんない」と思って行ってみることにしたんです。
信用してないとはいえ、「極めて高濃度のダイオキシンで汚染されてる」との調査結果が出たのはずいぶん過去のことだし、港内の食物連鎖最高位であるシーバスさえ食べるの避けてりゃ大丈夫かなぁ…と。

だいたい自分は「川崎の浜辺で取れるアサリを大量に食べるなんて信じられない」とか思っちゃう人なので、心配しすぎなきらいはあるんですよね。きっとね。

で、行ってみた。
現地近くになったら、周囲の工場から漂う刺激臭で車内に居ても鼻がツーンとしてきて、あわててエアコンの外気取り込みをオフに。
その刺激臭を抜けたら潮の香りが…ってことはなくて、茶色くぬらぬらひかる海面と、オイルとガソリンの臭いが一面に。え?

釣果はカミさんがつり上げたサッパ一匹だけでした。
クロダイ釣りのオジサンがでかいの一匹プレゼントしてくれたので、それはそれはおいしくいただかせてもらいましたけども…もういかないかな。多少遠くても外房がいいや。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2010年8月11日 16:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「暑くて気づく落とし穴」です。

次の投稿は「夏休みの思い出」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加