Web連載更新チェックアンテナ

« 夏休みの思い出 | メイン | 夏祭りと金魚 »

Bumper(バンパー)がきた

100824.gif
例のiPhone4アンテナ感度問題(本体左下隅あたりをさわると感度がいっきに落ちる)の対策として実施されているiPhone4ケースプログラム。バンパーに代表されるiPhone4用のケースを何種類かの中から選んで無償供与してもらえるあれです。
特に欲しくはなかったんですが、「せっかくもらえるのなら」と申し込んでおいた黒バンパーが届きました。

「せっかくスリムでいかしたデザインのiPhone4にこんなものかぶせるなんて愚の骨頂」
当初はそんなふうに思ってました。でも、いざかぶせてみたらあっさりと
「そもそもこれが完成型。骨組みむき出しで出荷されてる現在の形は寒空の中ミニスカートでがんばる女子高生と同じだその心意気や良しだけどオレは寒いのイヤだから長ズボンをはく」
とかいうわけのわからん感想を抱くに至ったりして。

なんてったって、ポケットから取り出しづらくなるから、これなら逆上がりしても大丈夫!
うう…心の傷が痛い。

ま、まあ、逆上がりは置いておくとしても、車の運転中にスルリとポケットから転げ落ちたりとかもあったので、「スムーズに取り出せる心地よさも捨てがたい反面、やっぱりこっちの方が安心だなぁ」とか思ったり。
それだけじゃなくて、手に持った時のしっくり感もいいんですよね。スルッと落としそうな怖さがない。
机にトンと置いた時も、名は体をあらわすの通りコイツがバンパーとして働いてくれるので、どっち面を上にして置こうが一切気にする必要がありません。
そんなわけで、「なるべく気をつかわないで使用したい」自分みたいな人間には、実にこれは良い品だったんだなー…と。

もちろんデメリットもあります。
1) かっこわるい
2) でかくなる
3) 取り出しづらくなる(…けどメリットでもある)
4) 標準のケーブルじゃないとドック端子にささらなくなる

個人的に困ったなぁとなるのは4ですかね。ちょっと地味に不便。
質感については、ボタン類がすべてメタルでバンパー側にも付けられているので、妙な安物くささは抑えられていて、今じゃすっかりお気に入りです。

でも、自分の端末はかなりアンテナ感度問題の根が深いみたいで、これつけても多少ましになる程度でやっぱり感度自体は落ちます。圏外は勘弁して欲しいなぁ、しくしく。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2010年8月24日 11:06に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「夏休みの思い出」です。

次の投稿は「夏祭りと金魚」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加