Web連載更新チェックアンテナ

« いよいよゴール目前 | メイン | 『小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記』を献本いただきましたのです »

自宅仕事の必需品

110126.gif
普段の作業は電子メールで全部済んじゃうのであまり意識しないのですが、刊行間際になると「ゲラ」といって試し刷りを編集さんとの間でやり取りしながら朱入れを行うようになり、どうしてもメールでは完結しなくなってきます。自分は朱入れもPDFベースで行うため、このフェーズに入ってもほとんどメールで済むっちゃ済むんですが、それでも済まないものがちらほらと出てくるものなのです。

しかも、この時期には「とにかく急ぎで」ってことが多く、「のんびり明日の集荷をお願いすればいいさー」なんてしてられない。何が罪って、いっしょに仕事をしている人の作業を止めてしまうことほど罪なことはありません。

というわけで、「近場に宅急便の営業所があるとこんなにも便利なのか!」というのを、ここ1カ月ほどの間、すごく実感してます。だって夜21時に終わらせたものをひょいと持ち込んで、明日の午前中には出版社に着いたりするんですよ?タイムラグまるでなし。あまりにすごすぎて、毎回持ち込む度に「便利だなぁ」と帰りの車の中でつぶやいてます。

「ああ、在宅ワーカーにとっては、これって最重要チェックポイントってくらいに大事なことだったんだなぁ」…とかも思ったりしてですね。まるでそんなこと意識せずに家買っちゃったので、この環境というのはほんとラッキーという他ありません。

ただし、おっきな郵便局の方は結構遠くて、しかも近所のポストはどこも1日1回しか回収に来ないので、そっちの方はちょっと不便。
でもまぁ、回収さえしてもらえれば翌日には東京に届いてくれるんですから、贅沢言っちゃいけないですが。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2011年1月26日 10:24に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「いよいよゴール目前」です。

次の投稿は「『小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記』を献本いただきましたのです」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加