Web連載更新チェックアンテナ

« iPhone4Sはパスかなー新鮮味ないしなー欲しくないよなー | メイン | [mook] あっという間に筆まめ年賀状 2012年版 »

ジョブズ氏の訃報

111007.gif
むかーしむかし、はな垂れ小僧だった小学生時代。ベーシックマガジンという雑誌を読んでいた時に衝撃を受けた覚えがあります。
記事に載っていたのは、海の向こうの小さな一体型マシン。このパソコンでは、ペイントツールで描いた画像をクリンと切り出して、ペタリとワープロの文章中に貼り付けることができるのだとか。コピー&ペーストという概念らしい。

当時ウチにあったパソコンは兄貴所有のFM-NEW7というやつでした。テープレコーダがつながっていて、ピーガガガーと読み込ませるとゲームがはじまる。他のソフトを動かしたかったら、一度電源落としてから、また違うソフトをピーガガガーと読み込ませることでそっちが使えるようになる。
アドベンチャーゲームなんて、ある場面から次の場面に移動するだけで読み込みに30分かかるようなソフトが当たり前にあった時代です。

そんな時代に、複数のソフトが並列して動いてて、そのソフト間で切り貼りできる。想像もしませんでした。ただただ衝撃。
これが、自分とMacintoshとの出会いでした。

それ以来、Macintoshは憧れの対象となり、そのパソコンに使われている(と書いてあった)モトローラのMC68000というCPUも、ともに憧れの対象となり、そのCPUを採用したというX68000にまで憧れは派生していくわけですが…。

今でも当時のロゴマークである6色リンゴを見ると、いいようのない衝動が腹の中に湧いてきます。その象徴である氏が亡くなられたというのがただたださびしい。
謹んでお悔やみ申し上げます。

【 関連記事 】

コメント (2)

たまぞー:

きたみさんの書かれたエピソードの中のMac向けソフトウェア開発下請けで「我が社わぁ~♪」と言っていたのを思い出してしんみりしてしまいました。

創造性をゴリ押しして「スマートに!」とか言ってるくせに全然スマートじゃなくて迷走する。
でもぼーっと見てるといつの間にか結果を出している、Appleって凄い会社ですねよね。

きっとスティーブは自分の行った先に天国が無かったら、天国さえも創ってしまうんじゃないか?もしかしたらむこうの技術のほうが上に行ってしまうんじゃないか?と思うとちょっぴり笑えるんですが
哀悼は・・・やっぱり「i悼」がいいんでしょうか
人の死はやっぱり寂しいですね・・・合掌

Osam:

僕も、パソコンとの出会いはMacでした。
あの六色林檎への思い入れというか愛着は他のパソコンでは味わえない感覚ですね。

ブログにMac/SEを描いてみました。

コメントを投稿

About

2011年10月 7日 10:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPhone4Sはパスかなー新鮮味ないしなー欲しくないよなー」です。

次の投稿は「[mook] あっという間に筆まめ年賀状 2012年版」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加