Web連載更新チェックアンテナ

« Interphone F5 をお試してみた | メイン | 「うわなんかそれってプロみたいじゃない?」と思ったら止まらなくなったんです »

Interphone F5 で走ってみた

120608.gif
そんなわけで、Interphone F5をつけて実際に走ってみた感想を書いてみる。

結論から言うと、「いいですねこれ」と。まず音がいい。これは「音の質が深くてうんぬん」とか、「ひとつひとつの音の粒がどーたら」とかいう類の質ではなくて、「ちゃんと聞こえる」という質の方向で音がいい。
真ん中の音が厚いのか、ボリュームをかなりしぼった状態にしても、ちゃんと認識できる音が鳴ってくれるんですよね。

実走は、ハンドルにiPhoneをマウントして、それとInterphone F5をペアリングした状態で行いました。
iPhoneでは音楽を流している状態ですが、画面はナビが道案内中。道の分岐など案内の必要が出てくると、自動的に音楽のボリュームがしぼられて「300m先、右です」なんてアナウンスが流れてきます。

この状態で、南房総をふらふらと好き勝手に走り回り、最終的な目的地を大多喜の「たけゆらの里」という道の駅に定めて、ソフトクリーム食って帰ってきました。

とりあえず行きは、ざっとマニュアルを「見ただけ」レベルで走行開始。
ボタン操作に対して音声ガイダンスが流れるんですが、英語なせいかよく聞き取れない。
ボリュームの上げ下げは特に不安なく行えましたが、早送り巻き戻しとか、再生の一時停止なんかはよくわからず。

1時間半ほど走ったあたりでちょっと休憩。
持参したマニュアルを熟読してみるも、やっぱり早送り巻き戻しがよくわからない。なんだこれ。
うーん、と悩みながら操作しているうちに、「あ、これマニュアルが間違ってるのか」と気づきました。マニュアルだと次の曲、前の曲と、選曲するためには、上下のボタンを「長押ししろ」と書いてあるんですけど、長押しじゃなくて普通に押すだけでした。
ちなみに上下のボタンを長押ししない場合は「(インカムとか電話とかの)モード切替」と記載されていたんですけどこれも間違いで、モードを切り替えるためには、一度真ん中の丸いセンターボタンを押してインカムモードに切り替えた上で、上下ボタンを押して替えてやるのが正しいみたい。
#今はもう手元にマニュアルがないので、一部まちがってたらごめんなさい。

これがわかってからは、選曲も簡単だわボリュームもいじりやすいわ、なによりボタン位置がグローブ越しでもわかりやすいわと、かなり快適。
しかも、そのいじりまわす過程で英語ガイダンスにも慣れて聞き取れるようになったもんで、まあ「今はどのモードなのか」とか「何の操作が実行されたのか」が実によくわかる。インカム製品で、イライラしながらビープ音と格闘する必要がないのは初めてかも。

あ、ただ再生・一時停止切り替え操作だけはちょっといけてないです。

センターボタンを2~3秒長押しする必要があるんですが、これ、5秒まで押しちゃうと電源オフなんですよ。ちなみに1秒だとインカムがはじまっちゃいます。
一応、2~3秒で「ピッ」って音がしたらボタンを離すって前提なんですけど、走行中だとその「ピッ」が聞こえないんですよね。もう1個ボタンを本体下側後方あたりにつけて、そこで電源のオンオフ(長押し)と、モード切替(押したらモード切替状態、操作しなければ元のモードに復帰する)ってな機能を持たせてくれたらカンペキだったのに、もったいないなぁ…と思ったり。

そんな感じにぶらぶら走り、途中高速をはさんだりしてみても悪影響が出ることもなく、安定してナビと音楽とを堪能しながら1日を終えることができました。

一部の長押し操作に難を感じることもありましたが、ボタン位置、全体的な作りの良さ、音質、そして音声ガイダンス。機能面だけでなくて、使い勝手の面がしっかり意識されたインカムだな~というのが一番の印象。
これに加えて今回試せなかったインカム機能については、3人以上での同時通話も実現してる品なわけで…。そのわりに小さい本体サイズ。ほんと良くできてる。

こんなん使って大勢でツーリング行ったら楽しいんでしょうね。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2012年6月 8日 13:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Interphone F5 をお試してみた」です。

次の投稿は「「うわなんかそれってプロみたいじゃない?」と思ったら止まらなくなったんです」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加