Web連載更新チェックアンテナ

« [書籍] 大人のための数学勉強法 | メイン | iPhone5 の落下試験 »

アーロンチェアとヘッドレスト

120911.gif
仕事用の椅子としてアーロンチェアを使い続けてもう10年近くが経ちます。
基本的には気に入ってるんですが、いくつか不満も無きにしも非ず。その中で一番大きな不満が「ヘッドレストが欲しい」でした。考えをまとめる時とか、ちょっと頭を楽にもたれかかりたい。なんならそのまま昼寝したりとか。

そういうリラックスした姿勢が取れない椅子なんですよね。

で、ずっと「ヘッドレスト欲しいな~」と思っていたんです。
なんなら座布団を頭のとこに巻き付けちゃおうかなってくらいに「ヘッドレスト欲しいな~」と思ってた。

そしたらあるじゃないですか。
何の気なしに「アーロンチェア ヘッドレスト」で検索かけてみたら、非純正品ではあるけれどもわらわらと出てくるんですよ。いつの間にこんなの出てたんだろう。
もううれしくなっちゃって、思わずポチリ。Amazonで7,000円を切る品があったもので、さっそくそれを購入してみたのでした(今はちょっと値上がってるみたい)。

届いたのはこんな品。
120911-01.jpg
Amazonで見た製品写真は、よくあるオフィス椅子の布地タイプだったはずなんですが、届いたのは合皮タイプの品でした。
見た目的にはこっちが届いてくれてラッキー。ちょうどアームレストの質感と同じ様に見えるので、統一性があってあわせてみても違和感がありません。

アームレストとの比較だと、若干こっちが薄い色で、あとキメが少し荒い。ただ、遠目で見ると差を感じません。
120911-02.jpg

取り付けは、本体上部のフレームにヘッドレストのツメ部分をひっかけながらスライドさせて…
120911-03.jpg

いい感じの位置で内部のボルトを締めて固定する。
120911-04.jpg

手で持って強引に動かせば多少ぐらぐらしますけど、ヘッドレストとして頭を乗せている時にやわい印象はありません。しっかり受け止めてくれる。
あと、このタイプは上下にヘッドレスト位置を移動はさせられるものの固定機能はないので、使う時に手でその都度位置をあわせてやるか、なんらかの固定手段をとるようにしないといけません。
自分は、ヘッドレストをスライドさせるレールにメンディングテープを何周か巻き付けるようにして、ちょうど合う位置で止まるようにしてあります。

で、使い心地なんですけどね。いやもう最高ですよ。アーロンチェアに対するネガな部分がこれでほぼなくなっちゃったよおい最高だよ幸せだよバロンチェアに買い替えようかとか悩んでた気持ち綺麗さっぱりなくなって幸せですよ昼寝するよおやすみなさいぐーぐぐーってくらいに最高です。

ただ、この季節だと、ずっと頭乗せてたらちょっと蒸れるかも。

よりお金を出してでも完璧な品を追求するぜという気持ちのある方には、この上位製品であるメッシュ地タイプの方をおすすめしておきます。
こっちだと蒸れるってことはないだろうし、調整機構や固定機能など、より頭にフィットさせる仕組みが盛りだくさんなので、値段分の幸せ感は得られるのではないかと。
自分は、ヘッドレストだけのために1万5千円以上の金額をはたく…というのがどうしても是とできなかったので安い方にしたんですけどね。

…どうにも根っこが貧乏性なんですよね。

【 関連記事 】

コメント (10)

rohto:

はじめまして。今きたみ先生の平成24年度のITパスポートの参考書を使って勉強しているものです!
そこで間違い?を見つけたので報告させていただきます。
というかまだ始めて数日なので僕のほうが間違っているのかもですが・・・

キタミ式イラストIT塾 「ITパスポート試験」 平成24年度
の第3版の第1刷発行のもので
P.282の問2の問題文中にある図で
社員表の部署コードの部分は破線だと思うのですが
どうなのでしょうか?
もし僕が間違っているのであれば、なにか解説等あれば大変うれしいです。

そもそもここってそういうことを書く場所じゃないんでしょうが、ほかに場所が見当たらずここに書いてしまいました、すいません

返信お待ちしてますー!

担当のものに至急確認を取りますが、ご指摘の通り破線が正しいと思います。
#というか、全部実線になっちゃってますね…。

↓下記に本書専用のサポートページがありますので、近日中にそちらへ修正版PDFをあげるよう手配いたしますね。
http://gihyo.jp/book/2012/978-4-7741-4923-3/support

ご指摘ありがとうございました。
また、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

本日、上記サイトに修正版PDFをアップロードいたしました。
ご確認いただければ幸いです。

rohto:

返信送れてしまいすいません汗
返答と修正ありがとうございました!

それであと二つほど修正されるべきであろう箇所を見つけましたので書かせていただきます。
確認のほどよろしくおねがいします!

P.317の問3の解説文上から4行目
最大の日数は②の21日ですので・・・」
の部分、21ではなく20かと思われます!


P.366の問1の解説、最後の行
「選択肢イは"MTBF"、・・・」とありますが、
選択肢ウの間違いではないでしょうか!


上記2点確認のほどよろしくおねがいします!
何度も何度もすいません

重ね重ね申し訳ありません。
いずれも、ご指摘の通りだと思います。
こちらも至急担当のものに申し伝えて、修正版をあげさせていただきますね。

ご指摘ありがとうございました!

rohto:

ここも、というところを見つけましたので
報告させていただきます。
P.401の問い1のエの解説文なのですが
BtoCではなくBtoEかと思います。
間違ってたらすいません。
確認のほどよろしくおねがいします!

繰り返しのご指摘ありがとうございます。
これは…微妙ですね。問題担当者の方に確認を取ります。しばらくお待ち下さい。

あ、前回ご指摘いただいた2点については修正PDFをアップさせていただきました。
ご確認いただけますと幸いです。

rohto:

何度も何度もすいません!
ありがとうございました!

返信が遅れており申し訳ありません。
修正版PDFのアップが遅れているのですが、内容に関してはBtoEに訂正する旨の確認が取れました。
ご指摘ありがとうございました。

修正版PDFの方を、下記にアップさせていただきました。
ご確認いただけますと幸いです。
http://gihyo.jp/book/2012/978-4-7741-4923-3/support

コメントを投稿

About

2012年9月11日 10:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「[書籍] 大人のための数学勉強法」です。

次の投稿は「iPhone5 の落下試験」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加