Web連載更新チェックアンテナ

« Kindle Paperwhite がお気に入り | メイン | 液タブ快適化計画 »

DELLのU2713HMというディスプレイが欲しくなり…

130111.gif
「お前のイラストの、どこにこんだけの環境を駆使する必要があるんだ」という声はまあ置いときましてですね。

流れとしては次のような感じ。

そろそろ1600x1200の解像度では狭い。27インチくらいのでかいやつ欲しい。でも今売ってる27インチってどれもギラギラした表面処理で目が痛くなるからあんなもん使いたくない。NANAOから24インチで目にやさしいのが出たよイヤッホイ。でも27インチは相変わらずギラギラパネルだったー。DELLから新しく出たやつはどうも目にやさしいらしい。

オレの仕事にAdobeRGBはいらん。
ハードキャリブレーションは欲しいけど、なくても別に困ってない。
ムラ補正とか輝度ドリフトとかは欲しいけど絵を描く用に使う画面じゃないので、必須じゃないといえば必須じゃない。

そんなことよりも、ギラギラしてなくて、ドット欠けがないって方がよっぽど優先。

で、このDELLのディスプレイはsRGBに限ればしっかり出るし、ギラギラしてない(らしい)、かつドット欠け保証までついてて、お値段お安く、しかもそんでも気に入らなければ10日以内なら返品だって受け付けてる。
なんだよすごいじゃん、これ欲しい、ちょっと買うわ奥さん!ってな感じに。

つまり3画面ありきではなくて、27インチディスプレ欲しいが先にあって、じゃあ手持ちを無駄なく使い切るにはどんな構成がいいかなーと考えてみたらイラストのようになったのであります。

液タブをこんな風に配置できると、机に紙を置いて描くのと同じ姿勢に近づけられるのと、その状態で画面をぐりぐり回転できるのがいいところなんですよね。特に自分が使ってる絵描きソフトのIllustratorにはキャンバス回転機能がないので、画面を回せるのはかなりポイントが高いのです。

もうちょっとセールがないか監視して、その後注文に入りたいと思います。

【 関連記事 】

コメント (2)

それはインチ数こそ上に見えますけど、縦が狭いので画素数的にあんまり魅力がないのです。

コメントを投稿

About

2013年1月11日 11:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Kindle Paperwhite がお気に入り」です。

次の投稿は「液タブ快適化計画」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得