Web連載更新チェックアンテナ

« 「変わらない」けど、「変わってない」なと | メイン | 液タブに装備させるキーボードをまたまた替えてみた »

ペンホルダを改良する

130418.jpg
前回作ったペンホルダは、お手軽コンパクトで着脱も楽だしとけっこう気に入ってたのですが、何回も抜き差ししてるうちにゆるくなってきちゃった上に、横持ちする時にやっぱり邪魔に感じることが増えてきました。
ゆるくなってるから、乱雑に持つとすぐぽろりと取れちゃうのです。

そんなわけで、「邪魔にならないよう本体背面に水平方向にペンを保持できるホルダ」を作りました。ペンがささってない状態だとこんな感じ。
130418-01.jpg

正面から見るとこう。横への飛び出しも微々たるものなので邪魔になりません。
130418-02.jpg

当初はアクリル板を使ってコの字型のクリップを作り、そこへホルダを貼り付けようとしていたのですが、ホームセンターでアクリル板やアクリルカッターなどを物色してるうちに「あれ?その程度のものだったら髪留めを加工したらいけんじゃね?」と思いはじめ方針変更。
カゴのものを全部戻して、100均で髪留めを買ってきました。こんなの。
130418-03.jpg
おもむろにバラします。2個入りなので失敗しても次がある!
130418-04.jpg
バラした太い方の金具をコの字型に変形させて…としていたところ、これでしっかりした保持力を持たせるためにはけっこうな力で本体に食いついてもらう必要があり、それだと本体側面のゴムとか変形しちゃうよねこれ…と気づきました。んじゃダメじゃんってことでまたまた方針変更、やっぱり再びUSBポートを利用することに。

130418-05.jpg
近所の電器屋さんで50円で売ってた投げ売りのUSBカバーがあったので、こいつを今回は利用することに決定。「ガッチリ」という文字に期待が持てます。

2mmのドリルを使ってカバーに2つ穴をあけ、髪留めの細い方を引きちぎって先を90度に曲げ、その穴につっこみます。
130418-06.jpg
この金具に幅40mmの織りゴムを縫い付けたら作業完了。
USBカバーへの金具差し込み部にボンドを塗布して一晩置いたら、いい感じにしっかりしたペンホルダーが出来上がりました。

新旧並べるとこんな感じ。
130418-2.jpg

反省点としては、正面から見た時にドリルの貫通した穴が見えて美観を損ねてること。強度的に特に貫通させる必要はないっぽいので、次作るとしたらここは貫通させない方が綺麗で良いです。
あと、USBカバーにどうやら赤色があるっぽい。
それで作ったらThinkPad的な色の組み合わせになってかっこいいじゃーんと思ったので、次は赤で作る。うん。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2013年4月18日 11:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「変わらない」けど、「変わってない」なと」です。

次の投稿は「液タブに装備させるキーボードをまたまた替えてみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加