Web連載更新チェックアンテナ

« ペンホルダを改良する | メイン | Latitude 10用に買ったキーボードその後 »

液タブに装備させるキーボードをまたまた替えてみた

130425.gif
つい先月、Cintiq 21UXに貼り付けるキーボードをBluetoothの英語配列キーボードに交換したばかりなのですが、突然これがぶっこわれてウンともスンとも言わなくなってしまいました。なので、またまた交換する羽目に。

徐々に電池切れの頻度が高くなってきた末のご昇天なので、多分液タブの熱でバッテリがおしゃかになったのだと思われます。

そんなわけで次の候補。もうバッテリとか絡む品はこりごりなので、やはり有線の安心を取るべきだと物色いたしまして、今度は上海問屋で見つけた激安の英語キーボードを買ってみました。お値段1,299円。まさに激安。

値段からいってあまり質には期待してなかったんですけど、キーの配列にクセはないし、タッチタイプできるレベルのキーピッチだし、思ったよりキーストロークもしっかりしていて変にぐにゃつく感じもないしで、これはアタリだったかもしんない。
130425-01.jpg
厚みは5mm程度とかなりの薄型なので、液タブに貼り付けた状態でも使いやすくて良いです。ただ、さすがにこの厚みなので、普通に単体のキーボードとして使う用途にはあまりお勧めしません。しょせんはプラ製。想像よりしっかりしてるとはいえ、この厚みから想像できる剛性をそれほど超えてはいません。

あと、キーボードを注文して届くまでに使える代替品ないかなーって「不要品箱」を漁ってた時に、むかーし使ってたトリガー式のトラックボールが出てきたので、なんとなくそいつも今回ペタリと貼り付けてみました。
エレコムのトラックパッドは、ドラッグがうまくできない(途中で勝手にドラッグ解除される)くされ品なので、これも代わりの品が欲しかったんです。
130425-02.jpg平坦な部分がないので、さすがにこれを貼り付けるのは無理があるかと思ったのですが、これが案外しっかりくっついてくれててトリガー操作にも無理がないあたり、ほんとニトムズの両面テープはすばらしい。

で、このトラックボールですが、液タブの枠を掴む感じでそのままトラックボール操作ができるので、思いのほか具合が良いです。
もうちょっと様子を見て問題ないようなら、エレコムのくされパッドは「不要品箱」の次段階である「ゴミ箱」行きにして差し上げたい所存。何回チャンス与えても「使えない」って結論にしかならないから、これはもうほんとにいらない。

そんなわけで、うちの液タブまわりは今現在こんなことに。
130425-2.jpg
何度も付け替え作業が発生したので、USBハブもなにげに貼り付けてます。
これもけっこう強度的に無理のある角度で貼り付いてるんですけど、やっぱりびくともしないのでほんとニトムズの(以下略

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2013年4月25日 12:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ペンホルダを改良する」です。

次の投稿は「Latitude 10用に買ったキーボードその後」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得