Web連載更新チェックアンテナ

« 新年会に行ってきた | メイン | ARROWS Tab QH55/M(WQ1/M)を1カ月弱ほど使ってみて »

SONY DSC-RX100 に革を貼り付けてみた

20140114.png
かっこよくなったと思うんだけどなあ。

というわけで、家族に理解されなかったRX100の仕上がり写真がこちら。
レトロでかつおっさん臭い感じがお気に入り。
グリップを貼るのと悩んだのですが、ポケットにつっこんだ時のおさまりの良さを優先させました。

ちょっとレトロな感じで、かつ使い古してボロさが出てきた時に、良い味が出てくれればいいなーと思ってます。なので、へんにおしゃれな色を狙わずおっさんっぽいチョイスにしたのが理解を得られなかった点なのかも。
一応本革製なので、良い味になってくれる...はず。
左サイド拡大図。
貼り革キット自体の作りはすごく良く出来ていて、採寸がきっちりとられているので、レンズのカーブに押し当てながら貼れば、まずズレることはありません。ストラップ穴が左右とも...
右サイド拡大図。
きっちりよけられていて、マイクロUSBポートの蓋にも一切干渉なし。でもギリギリまで覆ってくれてるので、あまり浮いた感じもない。

今回使った貼り革キットは、こちらの『ブラック・リザード(牛本革)』という品です。送料込みで1,600円とリーズナブルだし、振込前にさっさと発送してくれるとか、すごく対応のいいお店でした。おすすめです。

ちなみにRX100にはZEISSのロゴが筐体にあるのですが、さわってみたらロゴ用に凹み加工すらないただのシールでした。なので、すっぱり剥がした上でこの革キットを貼ってます。

【 関連記事 】

コメント (3)

シェンムーIIIを待つ者:

うーん、
私も御家族と同じ反応をすると思います。

えー、当社比では4万円のカメラが9万円のカメラに化けたくらいの感動がありましたのに( つД`) <言い過ぎ

匿名:

うん、わからん!

コメントを投稿

About

2014年1月14日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新年会に行ってきた」です。

次の投稿は「ARROWS Tab QH55/M(WQ1/M)を1カ月弱ほど使ってみて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加