Web連載更新チェックアンテナ

« 傷だらけになった Cintiq 13HD の保護フィルムを交換してみた | メイン | 2泊3日でスキー旅行 »

ソニーのPC事業売却報道に思うこと

20140207.png
プラスチッキー筐体全盛で、DECのハイノートウルトラが「すげえ薄い!かっこいいいい!」とされていた時代。それよりも数年遅れで登場した505は、マグネシウム合金をふんだんに使った贅沢な作りで、かつハイノートウルトラよりも薄く、コンパクトにまとまっていて、それはもう格好良さにしびれたおしたものでした。

ソニーが作ると、ノートパソコンもこんなに格好良くなるのか...と。
そりゃーあなた、バック・トゥ・ザ・フューチャー3で、高品質な部品の証としてソニーロゴが入ってたりしたのは伊達じゃないと。

しかも505は単なる見かけだけの機種ではなくて、当時まだ普及のとば口に入ったにすぎないUSBポートをいち早く搭載していて、「今後のノートPCはこうなる」とばかりに、シリアルだパラレルだとポート類をごてごて満載していた他社のPCをあざ笑うかのごとくすっきりした構成の、提案型マシンでした。

この数年後には、勢いのあるソニーの尻馬に乗ろうと、ジョブズがMacにプレステエミュレータを搭載してMac再生の足がかりにしようとしてたり、なんせソニーはいかしてた。
自分が「一部の人にはすごく有名なんだけど知らない人はまったく知らない」ノートPCメーカーに転職したのもちょうどこの頃。当時そこの設計部隊の人に、専門家から見るとVAIO 505ってどんな評価なんですかーって聞いたら、「あんな値段でマグネシウム合金使いまくって出されたら勝負できん」という答えが返ってきてたのが印象的でした。

この505の、さらに小型版であるVAIO C1XEは自分も飛びついて買った記憶があります。今はもう屋根裏スペースでダンボール箱におさまって眠りについて久しいんですが、小型のくせして打ちやすいキーボードと、膝の上でも扱いやすいトラックポイント。今振り返ってみても良いマシンでした。

いつからかVAIOは自分の中で魅力を失っていて、ただ鈍重で、そのかわり安い、店頭に並んでいてもなんの印象も残らない、そんなマシンに変容していました。
VAIO DUO 11が出た時は久しぶりに当時の片鱗を感じた気がして、「この路線で進化していってくれればあるいは...」と期待したんですけども、なぜかまたでかく重く進化しちゃって、挙げ句に今回の売却報道。ただただ残念です。

MacBook Airは、ソニーこそ出さなきゃいけないマシンだったよなあ。

トラックボールのPanasonicが、いつの間にかそれを捨てて、代わりに軽量とバッテリ持続時間と頑丈さを売りに確固たるポジションを築いたように、VAIOもうまくクラスチェンジを図れなかったものか。ThinkPadもキーボードがあらぬ方向に突っ走っちゃって魅力を失いつつあるし(個人的には完全に失った感ありありだけど)、明らかに輝きを放ってたはずのプレーヤーが消えていってしまうのは、ほんとさみしいのひと言です。

【 関連記事 】

コメント (2)

9socatcome:

私も 505Ni衝撃を受け、買ったクチです。

今と違い、自分で買ったPCを会社で利用できる状況でして、当時出張がちだったワタシ的には、ノート型が必須条件。N○C系を購入しては「コレヂャナイ感」と戦いながら
200万以上はノートに投資続けました。

より薄く
より速く
より軽く

そしてスタイリッシュに


505からの進化系は、都合3台ほど利用しましたが
いまだに「あぁ買って良かったなぁ」と思えるのは
505系「だけ」でしたね

最近ではセキュリティの観点から、自分で購入したマシンを会社に持ち込むなんざ、もってのほかで
あの頃に、MacBookAir とか iPAD なんかがあったら
ガッシンガッシン、仕事に使い倒していただろうなぁと思う今日この頃


やはり、なんというか、ホントーに残念ですね

5000名のリストラ+売却先が投資会社

BIGLOBEと一緒かぁ・・・

Surfaceなんか出されたら、もうやっとられんわボケェ…ってなっちゃったんですかねえ。

確かにSurfaceProって、ありし日のVAIOポジションっぽいですし( つД`)

コメントを投稿

About

2014年2月 7日 11:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「傷だらけになった Cintiq 13HD の保護フィルムを交換してみた」です。

次の投稿は「2泊3日でスキー旅行」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得