Web連載更新チェックアンテナ

« アメリカ渡航中の特別連載など | メイン | パイクスピークまんが無事(?)終了 »

帰国しました

20140714.png
というわけで、先週金曜日に日本へ帰ってまいりました。そっから子どもの誕生日があったり、大会の応援があったりと土日を過ごして月曜日。
さてどっから手をつけたものやらなあと、過去のメールをほじくり返したりしながら平常運転を探っております。

ひと言で言えば「楽しかったぜ!!!」に尽きるんですけども、これだけ長く一人旅をしたのは初めてなもので、そこには色々「さみしいな-」という気持ちも貼りついてたりして、なんというか処理に困る感情も多々。
旅行は3部構成になっていて、最初のデンバー一人旅もそれはそれで楽しくて、次のパイクスピーク応援もこれがめっちゃ楽しくて、もうこれ以上はないなと思ってたらその後のベガス~ルート66~グランドキャニオンあたりをふらふらハーレーで一人旅してたのもこれが強烈な印象を残していて。
んで、そのどれもが終わる瞬間には「ああ、これでもう終わりか...」と、さみしくなっちゃうわけですよ。だから今回の旅行だと、3回楽しかったかわりに3回「さみしいなー」って気持ちが襲ってきたので、けっこう疲れちゃったねという。

特に最後のハーレー一人旅は、ほんとずっとバイクに乗っていたもので、帰国後も妙にバイクに乗ってないと落ちつきません。
帰国した日は時差ボケしてるのか夜中にふっと目が覚めて、「そういやハーレーにずっと浮気してたからV7にも乗ってやらんとなー」とか思ってふらふらーっとそのまま外に出て、とりあえず海に行こうと高速に乗ってみたらガス欠間近で、あららーと高速降りて24時間営業のガソリンスタンド探したりしてるうちに「あれ?海どこだ?」ってことになり。

そういうの含めて楽しいしーと雨が降ってきてもおかまいなしで、あえて地図を見ないまま遊んでたら朝になってしまいました。けっきょく海は見れずじまい。
雨の日はバイクに乗る習慣なかったんですけど、あっちで雨雲に追い回されてるうちに逆ギレ気分になって、気にならなくなってしまいました。

ただ、「あー楽しかった」と帰宅したら娘が夜中に起きて探し回ってたらしく、「放浪は終わらせてください」と警告が入りましたとさ。しょぼん。

あと、渡米中にBikeJINの新しい号が出てました。

V7をツーリング仕様にするべく防水電源ボックスをつけたので、その顛末をまとめてあります。ご興味があれば是非。

と、そんなこんなの25日間だったわけですけども、noteの方に描いてるマンガについては、少なくともレース編終了のきりのいいとこまではまとめたいなーと思ってますので、もうしばらくお付き合いいただければと。

では最後に謝辞なんかを。

今回の旅行にあたっては、Clubman誌時代からお世話になっている、伊丹さん、山下さん両氏が背中を押してくれなければ、びびっちゃって行くことはなかったと思います。おかげで貴重な体験をさせていただくことができました。本当にお二人には感謝してます。宿ではくだらないエロ話ばっかしてた気がしますけど感謝してます。ありがとうございました。
伊丹 孝裕さん @facebook
山下 剛さん @facebook

伊丹さんとトランポを共有していた関係で、レース期間中しょっちゅう顔をあわせていたサイドカーチーム(Rising Sun Racing)の皆さま。
門外漢が目の前をちょろちょろしていたので目障りなこと多数だったと思いますが、あたたかく接してくださりありがとうございました。
Rising Sun Racing代表 渡辺 正人さん
Team OZEKI代表 大関 政広さん

あとバイク媒体では大先輩にも関わらず気さくに接してくださったお二人。めっちゃおもしろかったです。ありがとうございました。
小林 ゆきさん多聞 恵美さん

その他にもいっぱい挨拶させていただいて、ドーナツもらったりオニギリもらったりカップ麺もらったりコーヒーもらったり...、もらってばっかりだ(笑)
ひとつひとつは挙げられないですけども、本当に皆さん、ありがとうございました!

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2014年7月14日 11:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アメリカ渡航中の特別連載など」です。

次の投稿は「パイクスピークまんが無事(?)終了」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加