Web連載更新チェックアンテナ

« アメリカ旅行の総括 (ケータイ編) | メイン | 登壇のお知らせ »

パイクスピークの打ち上げに行ってきました

20140731.png
パイクスピークでのレースから昨日でちょうど一カ月。昨夜は東京上野の焼き肉屋さんで、2輪チームが集まっての打ち上げがありました。
午後8時スタートで、ちょっと遅れて入って、いっぱい肉食って、いっぱい酒飲んで、いっぱい笑って、「また来年もこの面子で会いたいよなー」とか言い合ってる光景がほんと楽しくて、調子にのって二次会に流れて飲んでたら午前3時半。道理で途中から「なんか眠いな-」って思ってたわけですよ。そりゃ眠いわ。

考えてみれば、アメリカに向けて発つ前は、(Clubman誌時代からの付き合いである)伊丹さん山下さんの2人しか知己がいない状態でした。なので、そこを頼りすぎて迷惑かけないようにしなきゃなーとか、なんせオレは人見知りくんだからなーとか、なんか色んな不安を抱えていた覚えがあります。
それがたった1カ月、ずいぶん知り合いが増えたものです。それもゲラゲラ笑いあえるような。

別チームだった人もこうして仲間扱いしてくれて、みんなで行こうぜーまた騒ごうぜーと海を越えた先でも戻ったこっちでもワイワイできるんですから、ほんと楽しい!そのひと言。

打ち上げには、レースチームだけじゃなくてプレス関係の人も来ていました。
来年行くかどうかは正直悩んでる部分もあったんですけど、そういう先輩プレスの人に「遊びじゃなくて採算ライン考えてレース場入りしてたりするか?」とか、色々と率直に質問させてもらって、腹の中のためらいを解消させてもらって、おかげでもうすっかり「来年も行くぜパイクスピーク」モードになってたり。どういう立場で行くかはまだ検討中ながら、また、こうやってみんなで酒を飲み交わす場にいることは、多分まちがいないと思ってます。

そういえば、この席で伊丹さんにライダースクラブの最新号をもらいました。自分で買おうと本屋回ったら置いてなかったもんで、「置いてねー」ってFacebookでわめいてたら持ってきてくれた。ありがとうございます。

この最新号には、出走した伊丹さん自身の手による決勝レースレポが載ってます。さすがに真面目で、レースの機微がよくわかる。メカニックさんの活躍に言及してあるってコメントしてる人がいたから、それが気になって読んでみたくなったんですけど、開いてみたら自分の写真も入っててびっくりした。そういやこんな記念撮影したなーとか思いつつ、一字一字読みました。

あの場にはけっこう雑多な面子が集まってわいわいやってたんだけど、それを伊丹さんがどう捉えてたかというのも見える記事になっています。
これは、すごくいい記念だなあ。ちゃんと保管しとこう。
是非、書店で手にとってみてください。

で、夜が明けて家に帰ったら、明日発売のBikeJINも届いてました。

こっちには、私担当のコラムページでパイクスピークの記事を書いてます。
パイスクピークについては、どうせ他の人がちゃんとした記事書いてるだろうからなーと思ったので、かなりくだらない裏話に終始した、かなりくだらない記事になってます。でも予想した通り、自分担当ページの2個前で、多聞さんがちゃんとした観戦記書いてた。ビンゴだ。

なので上記の2冊を読み比べていただけますと、「ライダー自身によるキリリと感動もののレース記録」「パイスクピークのレース文化を含めバイクジャーナリストさん側の目で捉えたレース記事」「お前何しに行ってたのよという超くだらない与太話」という、同じレースでも見る人が違えばずいぶん見てるものも違うなあと呆れかえる...じゃなかった、複数の視点で楽しめる記事になってると思いますので、是非こちらも書店で手にとってみていただければ幸いです。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2014年7月31日 18:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「アメリカ旅行の総括 (ケータイ編)」です。

次の投稿は「登壇のお知らせ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加