Web連載更新チェックアンテナ

« そこそこ出来のいい茶碗が焼き上がってきた | メイン | 水彩画教室の次なるお題は「食べ物の絵」 »

キタミ式の平成30年度版が刷り上がってきたので、サイン本を書きに行ってきた

20171219.png

 先週末は、陶芸教室を早々に切り上げて都内にある技術評論社へ行ってました。というのも、キタミ式イラストIT塾 情報処理技術者試験シリーズの平成30年度版が刷り上がってくる日なもので、先行販売用に書店さんへ発送する手続に間に合うようサイン本を書けというお達しがあったからです。

 発送の締め切りは夕方。昼過ぎからはじめてだいたい1冊2分で休みなく書けば間に合うペースです。
 昔は数冊ごとに絵柄を替えたり、着色までした当たりを紛れ込ませたりとお遊びをしてたんですけど、シリーズの本が増えたり発送先が増えたりで年々書く時間が足りなくなってしまいました。今年も、お遊びを入れなければ余裕だろうけど、お遊び入れると発送締め切りに間に合うかわからんなーって感じの時間配分だったので、なるべくミスを出さない方向でひたすら書き書き。

 禁煙が続いていてタバコ休憩も必要ないせいか、思ったよりもずっと早く描き終わりました。これなら着色までやっても良かったかなあ。来年はコピック持って描きにくることにしよう。

 この日はこれで作業終了。特に書店まわりに行くこともなく帰宅したんですけど、翌日ツイッターを見たら、さっそくいくつかの書店さんがツイートして下さってました。ありがとうございます。


 私が把握してる範囲だと、上の2店舗をはじめ下記の書店さんにサイン本を置いていただいているようです(これがすべてではなく、都内近郊で他にもあると思います)。
 ・紀伊國屋書店 新宿本店さま
 ・書泉ブックタワーさま
 ・ジュンク堂書店 池袋本店さま
 ・ブックファースト 新宿店さま
 ・有隣堂 ヨドバシAKIBA店さま
 ・丸善 丸の内本店さま

 「せっかく買うならサイン本」という方がもしいらっしゃれば、上記の店舗を訪れてみていただけますと幸いです。

 正式な発売日まではあと4日。先行販売も含め、どうかよろしくお願いします。

【 関連記事 】

コメント (2)

テケ:

年度毎に情報処理の本を出されているみたいですけど、年度が違うとどういった部分に違いがあるのですか?

ご質問ありがとうございます。

まず節ごとに入っている練習問題部分を、(可能な限り)最新の出題内容に差し替えています。
あとは本文側についても最新の出題傾向を見ながら必要に応じて加筆・修正が行われていますが、どの程度変更が入るかは年度によってまちまちです。

ご参考になれば幸いです。

コメントを投稿

About

2017年12月19日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「そこそこ出来のいい茶碗が焼き上がってきた」です。

次の投稿は「水彩画教室の次なるお題は「食べ物の絵」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得