Web連載更新チェックアンテナ

« ルンバのバッテリーを交換する | メイン | パデルっていうラケットスポーツがちょっと楽しい »

最近の陶芸

20180523.png

 そういえば3月以降、陶芸のことを書いていませんでした。飴釉の茶碗やマグばかり続いてるから、「同じもんばっか書いてもな...」と避けてたらブログ上では間が空いてしまっただけで、陶芸自体は特に飽きることもなく続いています。

 1月に作ったいくつかの茶碗はこんな感じの仕上がりになって、これで1回心が折れました。

 薄くシャープな感じにと仕上げてみたものの、鋭利な印象になってるせいで使っていて気持ち良くない。釉薬には相変わらずダマが混じってしまっていて、それが焼成時に破裂してあちこちクレーターが出来ている。
 自分ではしっかり混ぜたつもりなんですが、どうしても釉薬からダマが消えてくれません。

 このままだと嫌になるなーってことで、気分を一新するために釉薬を他のに変えてみることにしました。それで青磁釉を使おうとしたところ、教室で使っている人がほぼいなかったみたいでバケツの中で釉薬成分が固まりまくってる。いつもやってるような柄杓でかき混ぜるのじゃ追いつかないので、手を突っ込んで底にこびりついた成分を引き剥がし、そのまま手の中ですりつぶすようにしてバケツの中の水と混ぜ合わせました。

 そうしてマグカップをドポンとドブ漬け。今回は「ちょっと手びねりの風合いを出そう」と思ったので、いつものようなのっぺりした表面じゃなくて、すこし指あとを残してうねらせた仕上げになってます。

 あ!悪くない出来!釉薬のダマも一切なくて、綺麗に仕上がってる!

 なんだつまりは手ですりつぶして完全にダマを消してやれば良かったのか。そう気付いたから、今度はのっぺり表面仕上げのマグを作って、飴釉のとろーんとした艶が出るかリトライしてみることに。

 できたー!そうそうこれ!これがやりたかったんです!そうか、柄杓でかき混ぜるだけじゃ、溶けきらないものがたくさん残っちゃってたんだな...。

 これで飴釉に対しての苦手意識も払拭できたので、こっちは一旦いいやとして青磁でもうちょっと遊んでみることにしました。青磁って、厚く釉薬が溜まった場所が翡翠みたいな色合いを見せるんですよね。だとしたら表面に派手な凹凸をつけると綺麗に発色してくれるはず。
 そう思って茶碗を作り表面を大袈裟に削ってみました。釉薬が上から垂れてくることを考えると縦溝より横溝の方が発色するよなー多分。

 丁寧に手でかき混ぜすり潰した釉薬に、ドボンと茶碗を突っ込んで、心持ち長めに厚くつけてみる。

 これが今週末あたりに焼き上がってくる予定。そしたら次は縦溝を掘った茶碗と作ってみて、仕上がりを比べてみたいと思っています。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2018年5月23日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルンバのバッテリーを交換する」です。

次の投稿は「パデルっていうラケットスポーツがちょっと楽しい」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得