Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

110509.jpg
正直なところ、一番はじめに松本城を見た印象は、「あれ?思ったほどデカくない」でした。
でも近付いて、中の色々を見たりするうちにジワジワときた。これはいい。いいものです。

城の外壁にはあちこち「鉄砲を撃つための穴」や「弓を射るための穴」が空いてたりするんですが、経路に従ってすすむうちに、外壁そばの床が一部ぱこんと開くつくりになっているのに気づくんです。それもけっこう広く開く。
これ、ここから石とか熱い油とかを落とすみたいですね。これで、石垣を登ってくる敵が撃退できちゃうわけだ。

城内はどの階も中央が部屋らしきスペースになっていて、そのまわりをぐるりと廊下が囲っています。お城の階段はどれも急なものですが、5階建て構造になってるうち、3階から4階に上がる階段は特にすごい。ほとんど「ハシゴだろ」と言いたくなる作り。
これは、有事の際には4階が家老の居場所で、5階が殿様の場所になるからなんだとか。

しかもですね、これらの階には、中央スペースの縁に少し段差が作られていて、畳がおさまるようになっているのです。いやいや、ここに限らず、「お殿様が使う場所」にはことごとく「畳をはめこむための段差」が設けられている。城の構造みていくだけで、もう身分の差がありありとわかるようになってる。

…中がしっかり当時の仕組みを残してるって城、はじめて見た。

回廊に設けられた撃退装置といい、事細かに作られたいずれもが機能的な必然性を持っているので、「ああ、ここを有事になると足軽が駆け回ったりするにちがいない」「こっちには偉い人たちがうんぬん」などという情景が自然に浮かんでくるわけですよ。そりゃもうしびれまくるわけで…。
途中から混みまくっていたのが残念でしたが、それでもじゅうぶん遠い遠い時代に思いを馳せることができました。

ちなみに、5歳になるウチのムスコにとっては「お城に登った」と言えることが最大の目的であり唯一の目的であったみたいです。
城に入った途端「早く進もう!」のオンパレード。さらには登り切った時点で満足したのか、5階入った途端に「ウンコしたい」と言い出す始末。
始終それに引き回されたカミさんは、お城を堪能する暇もなにもなかったのでありました。ちゃんちゃん。

110428.gif
ウチからバイクで1時間程度走ったところに、高滝湖という湖があります。
特になにがあるわけでもないんですが、ここの公園で缶コーヒー飲みながらぼーっと湖眺めてるとけっこうのんびり気持ちが落ち着くんです。だから、静かに考えをまとめたいなーって時とかに、フラリと立ち寄るようにしています。連載を複数抱えてた時は、ここでネーム書いたりとかもしてた。

で、ものすっごく今日はいい天気だったので、「そうだ、次にやらなければいけないマンガエッセイのプロット固めを、あの湖畔で優雅に華麗に行おうではないですか!」と思い立ち、それはもうウキウキとバイクに乗って向かったわけですよ。

そしたら上記のイラストみたいになりましたよ…と。

優雅で華麗に、着いて5分で缶コーヒー一気飲みして帰りました。

110426.gif
悪夢とはなにかというと、まあコチラのマンガを見てやってください。
このように、口にするのもおぞましいアンチクショウが巣を作りやがったというそれはそれは鳥肌のたつ出来事が過去にあったわけであります。

もう徹底的に駆除して、コンバットなんかの殺虫用薬剤も欠かさないようにしたわけですが、「根絶できた」と言えるまでにはかなりの日数を要しました。あいつらピッコロ大魔王みたいに、卵という名のシェルターに後世を託しやがるからタチが悪いんですよね。

で、今年。

別の場所にもうひとつ物置を作る予定があったので、カミさんに「去年のことがあるから、すき間なくコーキングして作った方がいいのかなぁ」と相談したんです。
そしたら返ってきたのが「それよりむしろ、中に熱と湿気がこもらないようにした方がいいんじゃないかと思うんだよねぇ」という言葉。

あ、確かにそんな気がする。

というわけで、自室の自作不要パーツ箱をひっぱり出して、あまってる12cmファンに7.5Vとか9VのACアダプターを直結して、「どこまでの電圧を得られればそこそこの風量が得られるものか」という実験をしてみたり。
ちょうどツイッターで「お安く防水加工された太陽電池パネル」の通販先を教えていただいたので、それと組み合わせて「夏の日中にはげしく換気するさわやか物置システム」の実現に向けて計画を練りはじめたのでありました。

これはなんかちょっと楽しい。

110422.gif
千葉県を震源とする地震が来るときは、たいていその前に「ゴゴゴゴゴ…」という地鳴りが聞こえます。
昨日の夜、千葉東方沖を震源とする地震があった時もその音はありまして、ちょうど風呂に入ってた時だったので、お湯のスイッチをオフにして来るべき地震に備えたんです。

前後左右にゆさゆさ揺れるそこそこ大きな地震が来ました。

…んだけど、揺れはじめてからけっこう経つのに一向に終わりがわかんない。見たら湯舟のお湯がけっこうちゃぷんちゃぷん暴れてて、それで自分の体がゆっさゆっさと揺られるだけでした。

風呂入ってる時に地震にあうというのは初めての体験なもんで、わーこんなことになるんだとちょっと感心。

それからだーいぶ経って湯面が落ち着いてからあがったのですが、そしたらカミさん曰く「その後にもう1回小さい地震もあったよ」とのこと。
「私は波間を漂う木の葉」とか思いながらプカプカ揺られてたんでいっこうに気づきませんでした。あの波は途中から別の地震になってたのか。

110420.gif
なるべく原発関連の話とかは避けたいなーと思いつつも、あまりにあったまきて「なんじゃこりゃ!」と思ってしまったのでゴメンナサイ。

なにかというと、↓こんなビデオを見ちゃったのです。

これは、「福島第一原子力発電所3号機において原子炉へ給水する設備が故障、その後非常用炉心冷却設備等も故障して原子炉の冷却機能が喪失。放射性物質が外部に放出される…という事態を想定して、国、自治体、その他関係事業者が合同で実施した防災訓練の模様」を記録したものです。
かなり大がかりな訓練がされていて、見てビビりました。だって、初期対応から住民避難の流れ、汚染地域の確定方法、海洋汚染に備えた流れ、諸外国の大使館へ通達を出す手順、全部マニュアル化されてるんですもの。そして、それに必要とされる組織図もばっちり決まってる。

んでもって、今回の事案に対してはこれらがすべてばっさり無視されてることがもうなんというか…。

すべてが訓練通りに行かないのはそりゃそうなんですが、そもそもトップがこの事態になっても「原子力総合防災訓練の内容を記憶していない」とか、訓練で想定されているように組織が機能するよう努力する…なんてこともなく好き勝手に組織作った挙げ句に身内から「組織ばかりつくればいいものではない」と言われたりとか…。

ほんと勘弁してください。

110414.gif
自分は「ピーク時間の節電が大事」という認識なので、夜間のコンビニが暗かったり看板のライトが消えてて「営業中かどうかわからない」状態なのはいい加減やめた方が…と思ってるんですが、こんな風に叩かれちゃうから仕方ないんでしょうね。

夜に節電しても、昼に電気が回せるわけじゃないし。
こっちで節電することが被災地へ電気を届けることになるわけじゃない。
営業時間短縮するということは、そこで働く人の給料を削り取ってしまうことになるし。
営業中かどうかわからん状態にすれば当然客足は遠のくので、軒並みつぶれてゴーストタウンになりかねない…。

今は雇用を支える側に舵取りしなきゃと思うんだけどなぁ。

110411.jpg
日曜日は選挙に行って、その後特になにをする予定もなかったので、家族で近所の公園に花見をしに行ってきました。
考えてみたら千葉に引っ越してきてから「花見」というものをしたことがなかったんですが、ウチの近所だから人も少ないし、それでいて広い芝生のそこかしこにいっぱい桜が咲き乱れていて、ゆったりのんびり桜を愛でることができました。

いいなー、この公園。あんまりすごしやすかったので、来年からは定番行事にしちゃおうとまで思いましたですよ。

ただ、若い街であるためか、公園の桜も樹齢が若いものばかりでした。
この先毎年桜を見にやってきて、ウチら夫婦がじーちゃんばーちゃんになるくらいに「やあ、こんな立派な桜に育ちよったか」とか言いながら酒が飲めるようになってるといいなぁ。

110405.gif
この間の北海道旅行以来、どうにも食欲旺盛になって困るので腹八分目を心がけるようにしています。

心がけてはいるのですが、「サービス」と言われてしまうとどうにもこうにも…。
やばいなぁ、この腹。

110328.gif
というわけでしばらくお休み。次の更新は4月1日を予定してます。

110317.gif
先日書いたように、バイク乗って静岡ガンダム見に行ったりキャンプしたり大阪でイラストレーターさんたちとお会いしたり…としてきました。
ちょうどその帰り道が震災のあった日で、浜松あたりのサービスエリアで速報を見て、取り急ぎ福島の友人や家族の安否を確認して、みんな大丈夫だったのでひと安心。この段階では、そんなにすごい地震だと思っていなかったので、東名が一部通行止めになったりしてるのを見ても「まあ近くまで行く頃には通行止めも解除されてるだろう」なんて思いながら家路を急ぎました。

そしたら通行止め区域の手前まできてサービスエリアに入ってニュースを見て…。
もうさーっと青ざめるというか、「なにこれ」というか。

けっきょく帰りようがなくなったんで、急遽その近くで宿をとって一泊して、千葉のコンビナートがボカンボカン爆発してるので早く家族のとこに行きたくて翌日は一般道を迂回して迂回して迂回して、なんとか通行止め区間を回避して、東名高速を一路…とした時に見た光景がこれでした。

ガラガラの高速道路上を、自衛隊が走り、鳥取県警が走りと、日本全国から今まさに駆け付けようとしている姿。
ジーンとしちゃいましてですね。

こうして駆け付けた方々が、その思いとは裏腹に必ずしも報われる体制が取られていないような、その結果の痛ましい事象をニュースで見聞きしますけども、なんとか事が改善に向かうことを願うばかりです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは色んな感想です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加