Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

111117.gif
新しく買った靴も届いたので、ちょこまかと近所の遊歩道とか、スポーツクラブまでの行き帰りとか走ってます。
ちゃんとした靴ってこんなに中で足がすべらないものなのかとびっくり。軽いし、カカトからドンと着地しても衝撃がのぼってこないしで、これは楽しい。ただ、体があったまるまではどうしても膝と脛に若干の違和感を覚えるので、まだ無理をしないでそろりそろりと走っています。

ゆっくり7分弱/kmで5kmほど走ってると、だいたい2kmから4kmのあたりが、体にも心肺にも無理がなくて気持ちいい。4kmすぎてくると足が疲れてきちゃうので、まずはここの筋肉にもっとしっかりしてもらわないとなーとか思ったり。
5分30秒/kmくらいでえいやと走ると、心肺的にも体的にも2kmくらいで「しんどー」ってなっちゃう。
今は「走るのが楽しいこと」と体に覚え込ませたいので、スポーツクラブまでの道のりだけたまにこのペースで走るようにして、他はゆっくりペースでのんびりと5~6kmほどを走ってます。

ところで、走るからには「どんなペースで走ってるのか」とか「何kmくらい走ったのか」って逐次知りたいじゃないですか。そんなわけで買っちゃったのがGPS腕時計。どこをどんなペースで走ってるのかGPSでがっちり追随してデータ化し、内部にため込んでくれるという一品です。

自分が購入したGarmin Forerunner 405CXというのは、ガーミンコネクトという履歴管理用のWebサイトが用意されていて、そこで走行時間やペース、心拍数の推移やGoogle mapと連動した走行コース表示などなど、様々な情報を確認することができるようになってたりします。
これが楽しい。
「前はこうだったから、今度はこのペースで試してみよう」とか、目標設定して遊びやすいんですよね。だから飽きない。

とはいえ、これから冬の冷え込みが待ってるはずなので、果たしてどこまでこの趣味が続くものか…。
とりあえずは、6分/kmペースが楽に走れる程度まではがんばりたいなぁ。

111109.gif
大阪マラソンで走ったみんなを見て「よおし俺も」とか思ったところで、どうせ2~3日もすればすっかり忘れて「走るのなんて大っ嫌い」な自分に戻っちゃうさ~とのんびり構えていたのですが、これが一向に収まる気配がありません。

とりあえずスポーツクラブで3kmほど走ってみて、己の体力のなさに愕然とし。
ちょっとしてからまたスポーツクラブで走ってみて、やっぱり体力のなさに愕然とし。

でも、なんかまだ飽きてこないので、先日の夜「これ、走るだけなら外走った方が楽しいよな…」と思い立って、家の周りの遊歩道沿いを5kmほど走ってみたのでした。
やばいこれ楽しいかも知れん。

ゆっくりペースだったこともあって5km程度じゃさして疲れないことがわかったし、空気も今の時期は澄んでて気持ちいいし、普段使う道ではないので見知らぬ景色がそこかしこにあってこれはちょっと楽しいぞと。

ただ、「なんでもいいからとりあえず走ってみりゃいいやん、ごーごー」とノリだけで古い靴を引っぱり出してきたのがよくなかったのか、途中でバチンと靴紐の留め金部分がごっそり爆ぜてました。
111109.jpg
ちゃんとした靴を買うとこからだなこれは。

111101.gif
週末に行われた大阪マラソンに、高校の時の部活仲間がグループエントリーで出ることになったので、マラソン終了のあたりに現地まで行って、打ち上げの飲み会にだけ混じってきました。
お互い約20年ぶりくらいに会う連中だったわけなんだけども、当時の話とか今の話とか、とにかく色んな話が楽しかった。笑い死ぬかと思った。
この年になって、青春時代を含む「バッカだなぁ」って話をお互い臆面もなくできるってのは本当貴重だよなーとか思った次第。

大阪マラソンの話が急遽持ち上がったのは半年以上前のこと。
かつての主将から突然メールがきたかと思ったら、「大阪マラソン出るからオマエの名前もリストに入れとくぞ」と書いてあって、「ちょっと待てーーーー!」で代役探したりバタバタして。その流れで、人づてに連絡先を発掘して、懐かしくて、「おお、飲もーぜー」と言える縁がポコポコと復活し、でもその後発覚した家族の病気でちょっと家を空けることがひっかかるようになって参加を断念してたんだけども、直前になって(先日、バイクで箱根行った時と同様に)「せっかくだもんもったいないよ」と言ってもらえて行ってきていいことになり…。
ほんと行ってよかったなぁ。しみじみ。

あんまり楽しいから、「来年も出よーぜー」と騒いでるのを見てると、ああ俺も次回はがんばってみようかなとも思えたりしましたよ。だって「お前太ったなー(笑)」って自他ともに認めざるを得ないことになってた奴が「俺も完走できたんやから大丈夫」とか腹をさすりながら言うんだもの。そりゃうっかり変な安心感が芽生えちゃうというかですね。
とりあえず近所のジョギングからはじめてみようかなーと思ってみたりしています。

ところで、最後の最後に、その「太った」友人と2人でもうちょい飲んでたんだけど、その時に立ち寄ったラーメン屋が思い出せなくて困ってたり。あれおいしかったんだよなぁ。
多分終電の出る駅の近くだったと思うんだけど、合計7時間くらいひたすらお酒を飲み続けていたもんで、最後にどの駅から終電に乗ったかも思い出せない始末なのでありました。

111005.gif
ちょっと前まで、液タブにふれた手のひらにじっとり汗をかいては「あっつー、低温やけどしそうだ、うおー」とか苦しんでたんですが、ここんとこ汗をかかなくなってきました。いや朝夕だと「むしろ気持ちいいぞこれ」と思う時間も増えてきてたり。

秋から冬、あっという間にすぎる季節を感じる瞬間であります。

しかしほんと秋って短いなぁ。つい先日「今年こそは秋用のバイクジャケット買うぞ」と誓ったはずなんですけど、今年も結局買わないまま冬用の革ジャンに移行して終わりそうです。

110921.gif
今日は灯台の写真はっつけてポチポチと昨日の続きを書こうと思ってたら、というか書いてたら窓の向こう側の景色がすごすぎてとても「いい天気で気持ちよかったー」とか書ける気持ちじゃなくなったりとか。

もうゴーゴー唸りをあげてて、目の前の森がぐわんぐわん揺れてる。
ウチのバイクは、『バイクバーン』って簡易テントにしまってるんですが、それも風をはらんでダンゴ虫みたいな形にふくらんでぐわんぐわん揺れてる。アンカーでコンクリにガッチリとめてあるから、骨組みごとふきとばされることはないでしょうが、この間洗車したのが台無しになる程度には、テントの中で雨風が吹き荒れてるんだろうなぁ。

でも、台風情報見る限りは、まだこれでも暴風圏には入ってないんですよね。
つまりまだ準備運動。

んじゃ本番入りしたらどうなっちゃうんだろう…。

昨日の名古屋の光景を見てガクブルしたこともあり、台風はあれですよ、あれ。なんというか、本気出しちゃダメです。
朝起きたら「学校休みになれ!」って念をおくって午前中だけちょっと強い風にワクワクドキドキして、午後からパカーンと晴れる程度が一番です。

110525.gif
といっても、バイクは軽自動車税枠なので、そこだけ見ればお金的には「すごい額!」というほどのもんでもないんですけどね。でもなんか、「5枚も!」というのが痛い。一部は横浜居住時のナンバーのままなので、そっちの市区町村から納付書が届くんです。これが、「後から後から金払えって紙が送られてくる!」感アリアリで涙目ものなのです。

今月末までだから、はやく払いにいかないとなぁ。

110517.gif
この『モカ・エクスプレス』というのは、けっこう店頭で見かけるんですが、いつも使い方がよくわからないハテナマークの品でした。でも、たまたまどっかのブログで見かけて、「淹れ方は粉と水を入れて火にかけるだけ」「使用後は水洗いするだけの手間いらず」ということを知って俄然興味がわいてきた。で、手を出してみたんです。

一応電気式の、エスプレッソも淹れられるコーヒーメーカーあるんですけど、後片付けが面倒なんですよね。1人分さっと淹れたい時に、あれはちょっと大がかりすぎる。

その点こいつなら、1人分の粉と水入れて火にかけるだけ。
しばらくするとポコポコ音がしてきて、注ぎ口から湯気が出てくる。そこでもうちょっと待つ。そしたらポコポコ音が消えるので、それで抽出完了。実に手間いらずです。
しかも水洗いでOK…というか、使い込むほどに味が深くなるので、逆に水洗いしかしちゃいけない。だから淹れ終わった後は、上下分離して粉を捨ててさーっと水洗いしてハイおしまい。

それでいて味が「あ、お店で飲む味だ!」なんですからそりゃお気に入りにもなりますわと。
フィルターを使わないせいか、コーヒーの油分がそのまま出ていて、すごくコクのあるいい味のコーヒーが飲めるのです。

1人用サイズにしたのは、「この小ささならマグカップに入れてパッキングできるな」と企んだから。パーコレーターで断念した、「キャンプ場でおいしいコーヒーを淹れて飲む」計画を、いつかこれ持ち出して実現したいなーなどと思っとります。

110511.gif
そんなわけで旅行は楽しかったんですが、帰ってきてからちょっと熱を出しちゃったのが余計でした。今もなんか鼻がズルズルしてすっきりしない。

ただ、長野に行ったらバリバリ花粉症シーズンに逆戻りしていたので、始終鼻をズルズルさせていたんですよね。だから、風邪じゃなくてそれが残ってんのかなぁ…とも思う。でも、花粉症というには少々ねばりが強い気がしないでもない。

そんなわけで、今ひとつどの薬を飲めばいいものか迷う今日この頃だったりします。
はやくスッキリした体調に戻らないかなぁ…とかなんとかいって、だらだら休みぼけしちゃってる言い訳にちょうど役立てています。

110509.jpg
正直なところ、一番はじめに松本城を見た印象は、「あれ?思ったほどデカくない」でした。
でも近付いて、中の色々を見たりするうちにジワジワときた。これはいい。いいものです。

城の外壁にはあちこち「鉄砲を撃つための穴」や「弓を射るための穴」が空いてたりするんですが、経路に従ってすすむうちに、外壁そばの床が一部ぱこんと開くつくりになっているのに気づくんです。それもけっこう広く開く。
これ、ここから石とか熱い油とかを落とすみたいですね。これで、石垣を登ってくる敵が撃退できちゃうわけだ。

城内はどの階も中央が部屋らしきスペースになっていて、そのまわりをぐるりと廊下が囲っています。お城の階段はどれも急なものですが、5階建て構造になってるうち、3階から4階に上がる階段は特にすごい。ほとんど「ハシゴだろ」と言いたくなる作り。
これは、有事の際には4階が家老の居場所で、5階が殿様の場所になるからなんだとか。

しかもですね、これらの階には、中央スペースの縁に少し段差が作られていて、畳がおさまるようになっているのです。いやいや、ここに限らず、「お殿様が使う場所」にはことごとく「畳をはめこむための段差」が設けられている。城の構造みていくだけで、もう身分の差がありありとわかるようになってる。

…中がしっかり当時の仕組みを残してるって城、はじめて見た。

回廊に設けられた撃退装置といい、事細かに作られたいずれもが機能的な必然性を持っているので、「ああ、ここを有事になると足軽が駆け回ったりするにちがいない」「こっちには偉い人たちがうんぬん」などという情景が自然に浮かんでくるわけですよ。そりゃもうしびれまくるわけで…。
途中から混みまくっていたのが残念でしたが、それでもじゅうぶん遠い遠い時代に思いを馳せることができました。

ちなみに、5歳になるウチのムスコにとっては「お城に登った」と言えることが最大の目的であり唯一の目的であったみたいです。
城に入った途端「早く進もう!」のオンパレード。さらには登り切った時点で満足したのか、5階入った途端に「ウンコしたい」と言い出す始末。
始終それに引き回されたカミさんは、お城を堪能する暇もなにもなかったのでありました。ちゃんちゃん。

110428.gif
ウチからバイクで1時間程度走ったところに、高滝湖という湖があります。
特になにがあるわけでもないんですが、ここの公園で缶コーヒー飲みながらぼーっと湖眺めてるとけっこうのんびり気持ちが落ち着くんです。だから、静かに考えをまとめたいなーって時とかに、フラリと立ち寄るようにしています。連載を複数抱えてた時は、ここでネーム書いたりとかもしてた。

で、ものすっごく今日はいい天気だったので、「そうだ、次にやらなければいけないマンガエッセイのプロット固めを、あの湖畔で優雅に華麗に行おうではないですか!」と思い立ち、それはもうウキウキとバイクに乗って向かったわけですよ。

そしたら上記のイラストみたいになりましたよ…と。

優雅で華麗に、着いて5分で缶コーヒー一気飲みして帰りました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは色んな感想です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得