Web連載更新チェックアンテナ

メイン

雑記

090707.gif
というわけで、「エヴァンゲリオン新劇場版・破」を見てきたわけです。
最近は日本アニメ独特のセリフ回しがつらくて見れなくなってきてるんですが、そんなこと関係ないくらいにおもしろかったです。

以降はネタバレと取る人がいるかもしれないので追記にて。

続きを読む "夜の10時に行ってきた" »

090520.gif
講演で燃え尽きて、週があけた月曜日。午前中にイラストの仕事を一件片付けた後は、もうずっと打ち合わせのハシゴで東京方面を終電近くまでうろうろしてました。

一件目の打ち合わせを終えて、ちょっとできた空き時間で秋葉に行く用事があったんです。秋葉の有隣堂で自分が関わったフェアをやってるはずなので、それを見に行って(可能なら)ご挨拶もしておきたいなーなんて。

「秋葉なら歩いて行けますよ」とは、一件目で打ち合わせた編集さん。靖国通りに出て歩けば結構すぐ秋葉らしい。
ちょうど天気もいいし、では…と歩いてみたんです。

そしたら右も左も登山関係のお店がいっぱいで、今ハマり出してるキャンプ用品があっちにもこっちにもそっちにもどっちにもー!!!!と。
やばかったです。次の予定がなければ、そのまま1日が終わってしまうくらいの勢いでやばかった。なんとか「1回払いで」とサインするのは、2回くらいで済みました。

しかしさらに、この通りを抜けた後に待つのは秋葉なわけで。秋月電子とかが得体の知れない配線機材やジャンク品を箱からコンニチワさせながら待ち受けているわけで。ついでに言うとちょうど夏に備えて水槽用に自作ファンクーラー作らなきゃいけなかったなという思いがあるわけで。

…もう靖国通りから秋葉にかけての道は、「俺不幸通り」と名付けたいと思います。財布寒くなりすぎる。

あ、そうそう。有隣堂のフェアはすでに終わってたみたいで、自分が関わった痕跡なんぞ影も形もありませんでした。ぎゃふん。

090424.gif
というわけで、自分にはおしいかったです。バリウム。なんならおかわりしちゃうぜってなくらい。
それだけに、寄せられたコメントを読んだら己の味覚が不安になっちゃったのでした…と書いてたら、「今のはそんなことない」らしきコメントが足されてるではないですか

ですよね。ですよね。
ああ良かった、そうですよバリウムがおいしいと思ったからって異常ではないのですよ。良かった。

で、肝心の健診の方は、当日結果が出る分に関してはオールOKという太鼓判をいただきました。肝臓腎臓などの各臓器、肺におかしな影はないし、胃袋はかなり元気に動いてるし、心臓も実に元気な良い形。強いて言えば、肝臓にごくうっすら脂肪がのってるなーってのと、男性にしてはちょっと低血圧ねってくらい(上が99だったりする)。心電図も異常なし。

実は3月に一週間くらい左胸がチクンチクンと痛んで息苦しくなったりする時期があったので、ほんのちょびっとだけ不安があったんですけども、ああ良かったなーとほっとしました。
まぁ、まだ血液検査とか一部の結果待ちは残ってますが。

さあ、じゃあ来年分の補助金が出るようになったら、今度は脳ドックに行ってこよう。
実はどっかの血管がちょっと詰まってて、それを直したら天才的なヒラメキがドクドクと!ってな展開になることを希望。

090423.gif
フリーになる時にカミさんと約束したことのひとつに、「毎年ちゃんと健康診断受けること」というのがあります。会社にいたら強制でやってもらえる健診ですが、フリーになるとそんなのないので、自分で心がけないと駄目だからです。

でも、ここ数年は忙しさにかまけて反故にしちゃってた。なので、数年分のメンテナンス含めて人間ドックを予約してみたのでした。
加入してる健康保険の方で補助が出るんですが、それが年に1回と決まってて、5月になったら翌年度分に切り替わって今年の分はムダになる…というのも背中を後押ししたことのひとつ。

そんなわけで絶食中です。腹減った。
もうあと1時間もすれば、お茶や水を口にするのも駄目だとなっちゃうらしい。

ああ、お腹空いたなぁ。こんだけ腹減ってりゃ、人生初バリウムもおいしく飲めそうだなぁ。

090408.gif
昨日はムスメの入学式がありました。
この時は特になんという感慨もなかったんですが、今日になって初登校に心躍らせているムスメの姿を見たら一気にぶわっときた。昨日の入学式っておめかししてたから、あんまり「小学生になった」感がなかったんですよね。今日になって私服にランドセル姿で「行ってきます」という姿を見たら、「ああ、小学生になったんだ」という実感がすごく湧きました。
昨夜から風邪で伏せってたんだけど、そんなダルさも飛んでっちゃった。

これからはどんどん活動範囲が広くなって、父親の知らない世界が増えて行くんだろうなぁ。
…としみじみ。

そういえば入学式では、あいかわらず国旗掲揚と君が代斉唱に慣れない自分がありました。つくづく幼少期の教育とは恐ろしい。
あと、職員紹介で先生方が8割方女性だったのにも驚いた。男の先生は片手で足りるほどしかいない。
千葉の前知事はやたらジェンダーフリーに傾倒した人だということで、そのへんのよろしくない噂をたくさん耳にしたもんだったけど、こういうのを見てると「あながち単なる噂ではないのかもしれないな」などと思ってしまいます。クラス名簿が男女混合で生年月日順(たぶん)だったのも慣れない。ムスメの姿をカメラに捉えようとしている身からすると、誕生日なんつー隠れステータスで並ばれるよりも、わかりやすいアイウエオ順にしておいてもらった方がタイミングを図りやすくて助かるのですけども。

でも、今の時代はこれが珍しくもなんともなくて、実に普通のことであるみたいです。
なんだろう。これは誰がどんな意志を持っていつの間に変えてしまった常識なんだろう。

よく政治の話なんかをすると、「○○に政権取らせたからといって、そんな急に世の中変えられるわけないんやから、おかしいなと思ったら次の選挙で落とせばいいだけ」なんて声を耳にします。
でも、よほど興味を持って見てないと、知らないうちに知らないところで世の中は着々と変わっちゃってて、気づいた時にはもう「時既に遅し」のような。そんなうすら怖さを感じたりもした1日でした。

090324.gif
…というわけで、本当に今さらなんですけども、WBCに見ハマってます。まさか決勝まで来れるとは思ってなかったのに加えて、その相手が韓国だときたら、これはもう絶対見るしかないじゃんかってことで、今日の決勝は完全仕事お休みモードでスタンバイ中。

よおし、ガンバレ日本。2連覇だガンバレ日本。

観客席がガラガラなのは、まだ試合がはじまってないからだよ。プレイボールがかかる頃には、きっと超満員になってるに違いないさ。
なんて空しい祈りを捧げながら観ております。

090316.gif
一戸建てを建てたからには、「この地に根をはろう」と思うわけで、そうすると地域社会のことにも色々目が向くようになるものです。
そんなわけで、千葉県知事選には興味ありあり。

今住んでるのが新興住宅地ということもあって、まわりは毎年なにかが建ち、道路が開通して、そのたびに人の流れが変化して…という、リアルシムシティな様相を呈しています。極端な言い方をすれば、知事とかって給料もらって、このシムシティのプレーヤーになるわけですよね。
年がら年中「自分たちに住みよい地域社会づくり」を考えるのが仕事というのは、とても楽しいしやり甲斐のあることだなぁ…とも思ったりして(もちろんそんな単純な話ばかりではないけれど)。

というわけで、個人的には「リアルシムシティを楽しめる人」に入れたいなと思ってます。
特に千葉県の問題は医療機関不足(病院壊滅地帯があるので特定の病院に入院患者が集中するとか)と借金漬けな体質(とうとう首がまわらなくなって千葉市は道路工事がほぼ凍結されちゃったりした…けど何故かモノレールは延伸する)だと思ってるので、このへんを重視してやってくれる人がありがたい。
逆に、できれば「自分大好き」「目立つの大好き」「権力大好き」な人は避けたい。

まず真っ先に候補からはずれたのが唯一の女性候補な人でした。子育てを売りにしながら自身の子育ては親に丸投げしてたりとかなり自分大好きなにおいだけがプンプンする。絶対この人だけは選んじゃいけない気がする。多分今回の選挙はキャリアアップのための踏み台。
いすみ鉄道の立て直しをと社長公募で選ばれて、でもその結果なんか一切出てない1年未満でさっさと退任して知事選に出る人も却下。裏の事情は知らないけど、普通に考えれば無責任感は拭えない。いすみ鉄道に加えて、バス会社とのつながりが強すぎるのもひっかかる点。いすみ鉄道保護を政策に掲げるのはどうかと思う。
タレント候補さんは、成田と羽田をリニアモーターカーでつなぐとか、アクアラインを値下げするとか、「それは前回の知事選なら有用だっただろうけど、今の時代にはあってないだろ」と正直時代感覚がずれてる気がしてこれもNG。借金を増やすだけに終わりそう。

…と消していくと、西尾けんいちさんが残るんだけども、どう見てもこの人が当選するような気がしてこない。影がうすい。さすがに県議員をつとめてきた人だけあって、現状を理解した上での現実にそくした政策を掲げてるように思えるんだけど…。

女性議員さんの当選を食い止めるために対立候補に一票を投じるか。
それとも素直に自分がいいと思うこの候補に一票を投じるか。
おっきなリアルシムシティのプレーヤーにはなれないけど、これはこれで立派なリアルシムシティの参加者だよなと思う今日この頃。

090209.gif
前々から気になっていた『仮面ライダー THE FIRST』をようやく観たのですよという話。

もうね、今の技術で造形され直した仮面ライダーなわけじゃないですか、しかも1号。そりゃ、ビデオレンタル店に行くたび、そしてこどもに仮面ライダー電王のコーナーに連れていかれる度、気になってたわけですよ。

それをようやく昨夜、誰もいないリビングでデカデカと音を鳴らして鑑賞することができたのです。

「仮面ライダーといえばやっぱあの歌だよな」とか思ってたら、開始1分くらいが過ぎたあたりでブォン…とやたらかっちょいい排気音が鳴り響き、続いて「テケテケテーテケテケテーテケテケテ…」と聞き慣れたあのメロディーが!!
もうアドレナリン出まくりですよ。大興奮なわけですよ。
「なんてわかってるんだ!! なんてわかってる人が作ってくれてるんだ!! すげえ、すげえぞちくしょー!!」
と食い入るように見つめる先では、「仮面ライダー THE FIRST」の文字とともに、サイクロン号を駆る仮面ライダーの姿が!!

もう!!!!!!
もうサイコー!!!!!!!!!!

そう。そこがサイコーでした。
ピークはそこで、あとはずっと地べたをはいずってる映画でした。

すごいなこれ。自分が仮面ライダーで良いと思う設定(脳手術をされる前に科学者の手によって助けられる…が、これはある意味打倒ショッカーに利用されるという微妙な立場に。ベルトに風圧を受けないと変身するエネルギーが得られない。だからバイクが必須。敵側はなんとか変身させまいとするも、時にはビルの屋上から飛び降りるなどで決死の変身を試みる。)が一切合切入ってない。この設定をもとにヒネリのない王道的なストーリーしてくれるだけでどんだけイケてる映画になることか!と思うんだけど、映画作った側の人はそんなん一切思ってないっぽい。

シナリオは中学生が授業中の暇つぶしに書いた程度の妄想小説レベル。演技はそろって高校生の学芸会レベル。殺陣もなんかしょぼくて、ケリもパンチも腰の入ってないものばかり。ワイヤーアクションはどっからどうみても「つり下げられてあわあわしてる」感ありありだし…。

最初の1分50秒あたりまでは観る価値がある映画でした。あとはいらない。
そういえば最近のヒーロー物(に限らず西遊記とか戦国ものとかも)って、どれ見ても敵味方ともに「新品みたいにピッカピカ」なんだよね。あれはなんでなんだろか。すげえ興ざめなんだけども。

090205.gif
小学校時代とかを振り返ると、イラストの光景って普通に想像ができることで、かつ自分にとっては「陰口は卑怯者」というのが当たり前の感覚だったりするわけですが、昨今のネットを見てると「それは少数派でしかないのかも」などと思うことが増えてきました。それかあれか、「卑怯者はいや・かっこ悪い」という感覚が少数派なのかなぁ。

とあるブログのコメントに好き勝手書いて荒らしてた人たちがつかまったらしいです。
『ブログ書き込み18人書類送検へ=タレント名誉棄損容疑で警視庁』…>時事通信社
個人的には、いいことだなと。
匿名って、(特に意見・意思表明の場においては)本来は卑怯なことだと思うんですね。卑怯だけど、そうせざるを得ない。それが匿名の使いどころだと思うのです。たとえば事件の告発とか、弱い立場のものが自分の身を守るべくやむなく取る手段として使うべきで、まちがっても公の場で誰かをよってたかってつるし上げるための手段ではない。少なくとも、つるし上げる強者の側が使うべき手段ではないだろう…と。

ところが今のネットでは匿名が当たり前になっちゃってて、人を批判したり中傷したりする人ほど匿名で、他人には発言の責任を求めながら自身は一切責を負わないと、そんな人が増えた挙げ句に「それがネットの流儀」なんてことになりかねなくなってる。

昨今見かけることが増えたmixiの騒動などを見ても、「それって江戸時代の五人組制じゃん」と思わざるを得ないようなチクリ文化になってきてるし。なんだかなぁと。

あと、匿名性に加えて「なんでそうも人の意見・価値観をねじ曲げたがるのか」というのも解せない点だったりします。
自分と違う意見だったら「ふーん違うんだ」でいいやんと思うんですけど、なぜかそれを無理矢理にでも己の信ずる方へ正そうとするんですよね。
まったく自分とは違う立場の意見を読むことができるのもネットの利点だと思ってるので、このへんもなんかなぁと思う点だったりして。

なので今回のニュースはいい傾向だと思ったのでした。
より一般的なインフラとしてネットが活用されていく以上、「匿名だから責任取らなくていいんだぜへへへん」という無法地帯然なままってのはちょっと無理が来てんだろうなーと思うのです。

090121.gif
よしさぁ今日もがんばるぞ…と思ってたら、どうも先日まとまった仕事を片付けたことで、完全にひと山越えてたっぽい。やること自体はあるんだけど、別に今日終わらなくても明日できるというか、そんな予定が並んでるばかり。

あ、人と会う予定が今日以降立て続けに入ってるから、それで余計忙しそうに見えてたんだな。

はっはっはっ、なんだそうかー。はっはっはっ、あっはっはっはっはっ。
ゆ、油断なんかしないですよ。しないですからね。

さて…と。

それではということで、「んじゃWindows 7のベータ版を、押し入れで眠ってるThinkpad X41tにインストールして試してみたりなんかしようかしら」なんてことを企んでみました。
とりあえず後日のリカバリ用に、プロダクトリカバリディスクなんぞを作ってー。
引き続き、Windows 7インストール用のディスクを作ってー。

…油断じゃないですよ。これは将来への投資なのです。業界研究の一環というやつです。

でも便利な言葉ですよね、「将来への投資」って。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

About 雑記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「雑記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは色んな感想です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加