Web連載更新チェックアンテナ

メイン

バイク

120511.jpg
Giviといっても、メイン用途は箱じゃなくてキャリアとしてだったりします。

キャンプ用品をリヤシートに積んでいると、どうももったいなく見えるのがそこから後ろの部分。テールカウルの上が何の役目も果たしてないように見える。
それで、「ここにキャリアつけたら、もっと物が積めて便利だなー」と検討していたのです。
ただ、よく見るキャリアはタンデムグリップに共締めするだけのタイプで強度的にちょっと不安。強度的には、それより前方にもう1個支点が欲しい気がする。
そんなのないかな~と探して行き着いたのが、Givi のボックス取り付け用ステーだったというわけです。

これなら、タンデムグリップとリヤサスペンション取り付け部との2点でキャリアを支える形状なので、強度的に期待できるはず。しかもオークションで4,000円。安くてとてもよろしい。

取り付け後の全体像は、こんな感じになりました。
120511-01.jpg
カッコ良いかカッコ悪いかで言ったら、正直カッコ悪いかなぁ。でも、アリかナシかで言ったらアリだと思います。
なぜなら、もともとCB1300SFのリヤ周りがカッコ良いとは思ってないから。あのカチ上げテールは、斜め後ろアングル限定でしかカッコ良くない。

ついでに近所をぐるりと一周試運転。ネットでちらほらと「CB1300に箱をつけると、両手をハンドルから離した時に共振してハンドルがぶれる」「箱がついてなくてステーだけでもぶれる」という書き込みを見ていたので若干不安でしたが、少なくとも自分のCBに関してはそのようなことは一切なくて、手放し運転でボケーと流してみても実にまったく安定したものでした。
まあ、箱をつけたらぶれるかもしれないですが、そりゃ仕方ない。

さて、いずれはGivi箱も安い中古をゲットしてきて活用の幅を広げようとは思いますが、それまでは「魚釣り用クーラーボックス積み込み用キャリア」として活躍する予定です。
今はバックパックに入る超小型のクーラーボックスを使っています。でもこれだとペットボトル氷とかがあまり入らないので、もうちょっと容量の大きなタイプが欲しいのです。

ステーの突起を避けてちょうど上にのっかるタイプといえば、寸法的にはシマノのフィクセル・ベイシス90とか、ダイワのクールライン SU 800Xあたり。多分。
そのうち釣具屋さんで寸法を確認した上で購入して、来たるべきハゼ釣りシーズンに備えたいと思います。


vol0213.gif
まったく、実にやれやれです…。

なんてところでストップできるはずもなく、悔しいからホームセンターまでひとっ走りして強力なやつを買ってきましたですよ。タッカーのもっとでっかいやつ!

そんなわけで、無事新しい表皮にはり替えることができました。
120425-01.jpg
タンデム用のバンドだけは古いのを使い回してます。なのでそこだけちょっと薄汚れていますが、それ以外はしわもなく実に綺麗。
思わず「おおおおお」と感激して、自分で自分をほめてやりたくなりました。

もっとも、この表皮自体はヤフオクで購入したすごい安物なのです。
よーく見ると、実は縫い目から浸水しちゃうんじゃないの?という作りになってたりするあたり、(一応裏側からシール剤は塗布しておいたものの)なんかイヤ~なオチが後日つくような気もしたりしなかったり。

vol0212.gif
一応「これ以上濡れないように」とビニールで覆うようにはしていたんですが、それが逆に水の逃げ場を無くしていたようです。カビとか腐臭とか(あとなんか猫のおしっこ的なのも…)色々混じって、かなり濃厚な…げふっ。

仕方ないのですぐに張り替えるのは断念して、お日さまにいったん託すことに。
120424-01.jpg
お日さまならきっと、腐った水もさらり綺麗に乾燥させてくれるはず!カビだって死滅させてくれるはず!
お日さまならきっと!

vol0211.gif
つづく。

120328.gif
自分は「ヘルメットはARAI、SHOEI、OGKの中から選ぶ」という人なので、このNEOTECの広告を見た時は「ようやくインナーバイザーつきのヘルメットが出てくれたああああ!」と小躍りしたものです。しかもフリップアップ型。顔の前面にあたる部分がアゴからガバッと、ジェットヘルのように開くタイプです。

実物は、「さすがSHOEI」といった感じ。すごくがっちりした作りでした。
残念ながら自分のサイズである S はブースになかったんですが、「帽体のサイズは同じ」という M をかぶって試したところ、ちょっとさすがに重いかなぁという印象。SHOEIのZ6と比べて重いのはもちろんですが、OGKのFF-5比でも、でかくて重い気がします。

それ以外は好印象でした。
バイザーの上げ下げもすごく滑らかで、でも軽すぎず。アゴひも部もワンタッチバックルが採用されていて、カチッと留まるし、きゅっと締められる。ガバッと開いてジェット状態にした時も、その開け閉めに妙な柔さを感じたりはしません。なんせ「作りがいいなぁ」と感心するばかり。

似たタイプで、OGKのValer(バレル)という製品があるんですけど、あっちは「基本的にはジェットヘル」という強度なのでちょっとアゴの部分が柔いんですよね。それとは違うしっかり感でした。もっとも、バレルの方はその分軽くて小さく、しかも安い!という特徴があるわけで…。
確かSHOEIは以前からラインナップしてるフリップアップ型の方で「フルフェイスと同等の保護性能」をうたっていたはず。だから、目指すとこが違うんでしょう。

昨年末にSHOEIのZ6を買ったところなので、まだまだ買い替える予定はないですけども、国産ヘルメットに選択肢が増えてくれたのはうれしい限りです。

120327.gif
モーターサイクルショーに行くと、決まってチェックしたい小物がいくつかあるわけです。そのうちのひとつがインカム。特にBluetooth方式を利用した手軽なタイプのものです。

今は中華製のやっすいインカムを、スピーカーを改造したりしながら利用しています。しかしこれ、やはりまぁなんというか使いづらい。音質面はスピーカーの改造で「最低限使える」レベルにまで引き上げることはできましたけども、操作性はいかんともし難い。具体的には、グローブ越しでさわると、ボタンを見つけるのが至難の業なんですよ。
慣れでなんとかなるかなーと思ってたんですけど、グローブ変えたら感触もかわるわけで、またはじめから慣れていかなきゃならん。しかも、なんかペアリングの挙動がどうも怪しくて…。

そんなわけで、新製品のチェックには余念がありません。
もともと中華製インカムは、自分なりの要求を満たす品が出るまではこれで…と、その場しのぎに買っただけの品でしたからね。
ちなみに自分の要求としてインカムに求めたいのは、
1) 最低限の音質を満たすこと
2) ステレオ再生可
3) コンパクトで目立たないこと
4) ヘルメットへの脱着が気楽にできること
5) 操作に迷わないこと
6) 3人以上での同時通話可能
7) iPhoneを電話用のHFPと音楽用のA2DPでつなぎながら、さらにナビとA2DP接続して相互に切り替えながら運用できること
というあたりです。

まずチェックしたのはこれ。
120327-s1.gif
この interphoneシリーズはBluetoothインカムの先駆け。その最新機種としてずっと発売を待ちに待ってた期待の品です。初代のデザインがこれまたいいんですよね。

で、最初見た感想は「でか!!」でした。もうちょっと小さくなったと思ってたんですけど、いっこ前の型であるF4よりも厚みが増した分、「でか!!」でした。
ただデザイン自体は流線型を帯びていてヘルメットに沿う形状であるため、許容範囲といえば許容範囲かなぁ。Scalarider G4という高機能なインカムが出た時は、「決定版!」と思って見に行ったら、あまりのサイズに見た途端「これはなし!」となったんですけど、あそこまでのショック度ではありませんでした。

それ以外は機能的にすべて自分の要求を満たす一品。しかもFMラジオまで聞けたりする。
たとえば旧サンヨーのポータブルナビであるゴリラなんかだと、内蔵のFMトランスミッターでガイド音声を飛ばせるので、そういうのを拾う用途に重宝します。


続いてチェックしたのがコチラ。
120327-s2.gif
ジョグダイヤルの変わり種ということで、これの高機能版であるSMH10の方は前からチェックしてました。ただ、ジョグダイヤルが便利な反面デカイ。やたらデカイ。
こんなもんヘルメットから飛び出してるのイヤだわーってことで選外にしてたんですが、今回並んでた新機種のSMH5はめっちゃ小さくなってて魅力的でした。

最近は高機能路線で大きくなるインカムばかりなので、こういう「基本機能はしっかりしながらもコンパクト」な製品はうれしいところです。
ただ、やはりその分「3者通話」とか「A2DP接続を2回線サポート」などという高機能部分はごっそり削られているので、その重要性によりどっちがいいかが決まる感じ。

個人的には…ちょっとデカさが難ですが interphone F5かなぁ。
ジョグダイヤルは、実際に耳の横へ持って行って試してみたら、ちょっと自分の感覚とあわないところがあったので、「絶対このインタフェースがいい!」とまでは至らなかったのと、あと、F5の音声ガイダンスが地味に便利な印象を受けたから。
これ系のデバイスって「ピーピー」操作音が鳴るだけで、今どんな状態でエラーにされてるかわかりづらかったりするんですよね。

(2012.05.21 追記)
Interphone F5の方も、A2DP接続は「1台までである」との指摘を販売元様よりいただきました。申し訳ありません。謹んでここに訂正させていただきます。

120326.gif
昨日は東京お台場で行われていた東京モーターサイクルショー2012と、その近くで同時開催されていたKTMの試乗会へお出かけしてきました。
珍しく家族で行くことになったので、車で向かって会場近くの1日上限1,500円のTimes駐車場にイン。といっても、ここからは別行動。カミさん & 娘 & 息子の3人はそこからゆりかもめに乗って原宿のたまごっちのなんとかとか、汐留のポケモンセンターへレッツゴーです。

自分の中のメインはどっちかというとKTMの試乗会にあったので、まずはそちらへ。目当ては125DUKEと690DUKEの2車種でした。もし試乗が楽しすぎて東京モーターサイクルショー行く時間なくなっちゃったらどうしよう、それならそれでもいいやーとか思いながら移動。
残念ながらめっちゃ順番待ちで、125DUKEに乗れるのは約3時間後。おいおいという感じですが、それが一番の目的なので外すわけにもいかず。昼食を取ったりサービスのコーヒーを飲んだり、125DUKEで行うエクストリームショーを観覧したりしながら延々と待つことに。

いやでも、エクストリームショーはまじですごかったですよ。ノーマルの125DUKEでウィリーしたりストッピーしたり、そのまま180度ターン決めてたり、かと思うと、わざとガードレールの上に後輪を着地させて遊んでみたり、しまいにはマックスターンまで決めとった。
なんかリアルマリオカートって感じで、ずっと右に左にキュキュキュキュキュキューって。フルノーマルでそんなの見せられたら、125DUKEはもう化け物マシンにしか見えません。

その後ほどなくして順番が来てようやく125DUKEの初体験。
スタート…して「あ、やっぱりちょっとトルクうすい…?」と思った後は、もうずっと笑ってました。普通に速い。1速もちゃんと開ければウィーンと行くし、2速3速なんか全然ストレスなし。なにより、制動時の安心感が125ccとは思えないくらいにがっちりしてて、それでいて股の下に納まる軽快感が楽しすぎる。

いやこれ欲しいです。欲しすぎ。でっかいリュックしょって下道ツーリングに出たい。

この後は東京モーターサイクルショーの方に移動して、インカムの新製品見たりとか、各社の新型バイク眺めたりとかウェア関係のカタログ掻き集めたりとか色々と。
例年だとバイク見てうはうはしてるはずなんですが、今回は125DUKEにすっかりやられてしまったので、でかいバイク見ても心ときめかない。
そのかわりに、KTMのブースで「うーむ、200DUKEか、これもいいなうーむ」と見惚れてました。本当はホンダのNC700X見に行ったはずなんだけどなぁ。

ちなみにこの日は夕方5時くらいに帰路へついたのですが…。
駐車場の出口にて、「上限1,500円」とデカく書いてある看板の下に「月~金のみ」と小さく書いてあることに気づきまして、世の不条理さにしばし放心状態となったのでした。

111024.jpg
買ったのはSHOEIの『Z-6』というヘルメット。軽量・コンパクトを売りとするやつです。

元々使ってたのはOGKってところの『FF-5』というヘルメットで、これはこれで空力特性にすぐれてて高速走っても風で煽られなかったり、捨てバイザーが使えるからスモークシールドにしたりミラーシールドにしたりがフィルム張り替えだけでいつでも手軽にできちゃったりと、使い勝手の面でもけっこうお気に入りな一品でした。

ただ、内装がへたってくるにしたがって頬のサポートがゆるくなり、それにともなって頭頂部のみでヘルメットの重みを支えるようになっちゃったのです。そしたら頭頂部一点のみでヘルメットを支えるもんだから、首を左右に振ると若干ずれるようになり、重量バランスが崩れたせいか以前よりも重く感じるようにもなった。しかもてっぺんだけに荷重がかかってるもんだから、ヘルメット脱いだらそれはもう頭髪ぺっちゃんこー…状態で。

ちなみにサイズはS。どうも外殻である帽体がXS~XXLまで全サイズ共通っぽいので、内装がへたりだしちゃうとどこまでもゆるくなってっちゃうんでしょうねと想像してみる。

というわけでヘルメット新調とあいなったのでした。
今度のZ-6はXS~Mで帽体共通設定なので、多分内装が多少へたったくらいじゃどうにもならないはず。

とりあえずまだ長距離とか高速を試す時間は取れないので、部屋でかぶって過ごしてたりと怪しい行動をとってます。あ、近所のコンビニまでは使ってみた。
内装がへたってないヘルメットは久しぶりって要素は無視できないのですが、それでも軽量っぷりに感激しまくりんぐで、首を左右に振っても、重みで持って行かれる感じが全然ありません。これは楽しい。
早く長距離ツーリングとかに出かけて、その威力を味わいたいものです。

ちなみに、とりあえず役目を終えたFF-5は、内装洗ってファブリーズして2人乗り用ヘルメットへとスライドする予定。出番が来るまでは壁面のオブジェとしてぶら下がってます。
111024.jpg

111018.jpg
昨日書いた伊豆スカイライン行きの集合場所が大観山だったので、「これはきっと寒いに違いない」と思っていたところ、ちょうどユニクロが『防風レギュラーフィットジーンズ 2,990円』というセールを開始。こりゃいいやってことで、日曜日はそれを買って履いていきました。

なので、感想をちょっと書いてみる。

まず見た目、不自然に青い。ジッパーもなんかひっかかる。さわると中に貼り込まれたフィルムの音がパリパリとする。当然そのパリパリ感は履き心地にも直結するので、履いた直後は少しゴワつきを感じる…けど、まあ1日履いてたら気にならないレベルに慣れる。

どっちかというと、裏地の起毛処理の方がちょっと違和感で、ジーンズ特有の「布!」って感じじゃなくて「合成繊維!」って肌触りがバリバリして、これがちょっと難。「湿気を逃がす」といううたい文句のわりには汗を逃がしてくれないので、蒸れると合成繊維が汗を吸ってくれなくてちょっと気持ち悪いのです。

でも、バイク用の革ジャン装着でちょうど良い気温だった大観山周辺を走ってても、一切肌寒さを感じなかったあたり、間違いなく風はシャットアウトしてくれてるみたいです。
手持ちのエドウィン製ゴアウインドストッパージーンズと比較すると、蒸れ(エドウィンのは蒸れない)や見た目などのチープさは否めないんですが、そこは2,990円。この金額なら「バイク用」と完全に割り切っちゃって、それ専用のレングスにして使い捨ててもまったく惜しくありません。

これがうれしい。

バイク用のこれ系ジーンズってやたら高いので、レングスどうするとか悩ましいし、多少ガタがきても「もったいない」と思って捨てられない。ってなことになっちゃう自分みたいな人間には、「使い捨て用バイクウェア」としてかなりありがたい存在だーと思いました。
どうせユニクロ自体、「3年が寿命ですよ」とうたってるジーンズですしね。

これであとは膝裏にHyodのd3oプロテクタとか仕込めるとカンペキだなあ。

111017.gif
先週末に当ブログのメールフォームからメッセージが送られてきて、なにかなーと開いてみたら大学時代の同級生からのメール。日曜日にみんなで走りに行くんだけど、良かったら来ないか?と。

10年以上ぶりになるわけだから懐かしくないはずもなく。
今、家族が療養中なのであまり家を空けたくなかったんですが、「行っていいよーというか、せっかくだから行ってきなよもったいないよ」とまで言ってもらえたので、土曜日に日曜日分を子どもたちと遊んで、日曜日は小雨のぱらつく中、集合場所である大観山目指してひとっぱしり行ってきました。

んで、向こうについた後もちょろちょろ走って、伊東で魚食って、またちょろちょろ走って…てなことをした。
バイクってあれね、「ひさしぶりー」って会っても結局走ってるのが大半だから、話してる暇なんてないのねとちょっと笑っちゃったり。

実はまともに峠道を走るのってこれが初めてな私(千葉はおっきな山がないので峠道もない)。
対する向こうはもう学生時代からバイク乗ってアチコチ行きまくってる集団なわけで、混ぜてもらった身としては、これはもう邪魔にならないようにするしかない…と、後ろの方にくっついてこわごわ走ってました。

ほっそーいうねうね道なら千葉にもないことはないんですが、速度域が違うからぜんぜん別物。景色もスコーンと開けてて「おおー」ってなとこ多数だし。
そりゃ楽しいわ。

千葉にもこういうとこあればいいのになーと帰り道に高速を走りながら思ったんですが、よく考えれば、峠はないけどお手軽サーキットはいっぱいあるのが千葉。そっち行けばいいんだなうん。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

About バイク

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「バイク」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはモノ語りです。

次のカテゴリはクルマです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得