Web連載更新チェックアンテナ

メイン

カメラ

20170807.png

 むき出しの状態で外へカメラを持ち出す時は、カメラにストラップをつけて、たいていはたすき掛けでうろつきます。でも、カバンにポンと放り込んで持ち歩く時や、部屋に無造作に置いてる時などは、ストラップがついていると事故の元なので、できれば外しておきたいと思っています。

 そんなわけで、うちにあるカメラには全てPeakDesignってところのアンカーリンクをつけてあって、これでその会社の出しているリーシュやスライドライトといったストラップを簡単に付け替えて持ち歩けるようにしています。

 X-T20も当然そのようにしようと思っていたところ、届いた商品を開けてみたら妙に長い三角環カバーがついてたんですよね。これじゃあアンカーリンクが付けられない。
 仕方がないので、PentaxのK-5についてた三角環カバーを流用してアンカーリンクを括り付けていました。こんな感じに。

 でもなんかイケてない。スッキリさが足りない。
 その点、PanasonicのDMC-LX100にはプラスチック製の三角環カバーが付属していたので、スッキリ収まりがいいんですよね。

 せっかくコンパクトなX-T20なんだから、こいつもできればこれぐらいスッキリして欲しい。そう思って使えそうなカバーを探してたら、Nikon製の三角環とカバーの組を見つけました。

 この間流用したホットシューカバーといい、Nikonはカメラ趣味には欠かせないところを抑えてくれるありがたいメーカーなんですねえ...。

 ってなわけで、これでスッキリできると大喜びで差し込んでみたわけです。
 ダメでした。X-T20のストラップホールに対して三角環がちょっと太い。線が二重になっているところは穴を通らないので、この角度でしか使うことができません。
 これだとカバーが付けられないんだよなあ。

 どうしようかなあと考えて、「そういえば最後はアンカーリンクで三角環カバーごと縛っちゃうんだから、多少ゆるくても問題ないんじゃないか?」と思い至り、ならばとX-T20に付属していた三角環を通した上でプラスチックカバーをはめてみたらいい感じにおさまりました。

 アンカーリンクないとゆるゆるですけど...まあ、付けないで使うことはまずないというか、アンカーリンクを付けるためにぶら下げたものなので、これで問題ないでしょう。

20170803.png

 X-T20の各ボタンはカスタマイズが可能なので、現在は上イラストのように割り当てを行っています。絶対必須だったのが「ISO感度がダイヤルで変更できる」ことと、「AFターゲットが十字キーめいたもので動かせること」の2点。どちらも「これを押したらそのモードになる」というワンクッション入ってしまっていますが、毎回多用するというわけではないのでこの程度調整しやすければ許容範囲かなと思ってます。

 このカメラって、これだけダイヤルがいっぱいついて各種調整をアナログのマニュアル操作で行えるようにしておきながら、人に撮ってもらう時はワンタッチでフルオートになるレバーまでついてるんですよね。そのへんのバランスが、使い勝手良さそうだなあと思うところだったりします。

 あとのボタン設定はDMC-LX100で慣れた構成にあわせました。こうしておけば、すでに慣れてるから迷わずに済むというのもあるし、特にそこから変える理由もなかったし。このへんは使いながら徐々に詰めていく感じかなあ。

 あ、そうそう。使い始めてみて一点だけ「ありゃ」となった点がこれ。

 ボディが小さくて軽い分、レンズの重みに負けないように、持ち上げる時はグイッと掴む必要があるんですが、その時にどうも親指付け根の腹で右側のボタンを押してしまいがちなのです。ここにはホワイトバランスが割り当ててあるので、山登りしながら何度か撮影してるといつの間にか設定が変わってて「あれれ?」と。
 当然気付くまでのその間はデタラメなWB設定で撮っちゃってた。
 ボディが小さい弊害ですね。

 撮影時に「そうなっている可能性がある」と気をつけて解消できるならいいんですけど、あんまり意図しない設定で撮ってしまうことが多いようなら、このボタンは割り当て考えないとなあ。

20170802.png

 昨日の日記ですでに書いてますけども、先日来ずっと悩んでいたカメラ選びは、最終的にFUJIFILMのX-T20で決まりました。
 最後の最後まで上位機種のX-T2とどっちにするか悩みました。悩みましたけれども、説明書を熟読してみれば自分の望み通りの操作設定(絞りとシャッタースピード、露出補正の他に、ISO感度もダイヤルで設定できて、AFエリアがカーソルキー的なもので移動できる)はできそうだとわかり、店頭で試してみたら実際その通りに設定できたので、じゃあもうここで決めてしまおうと決断に至ったわけです。

 もっとも、絞りについては本体機能でなくレンズについてる絞り環操作が主体。この感触...コリコリコリ...って回る感じがまた気持ちいい。めっちゃお気に入りです。

 とはいえ、普段カバンに放り込んで持ち歩くには少しでかい気がするので、そこは相変わらずパナソニックのDMC LX100を持ち歩こうと思ってました。そう思いながら、何の気なしに部屋のウンベラータをパシャリと撮ってみて...

 やあ、背景もいい感じにボケるねえ、二線ボケとか無縁だねえ...って、なにこの葉っぱの解像感。

 葉脈やしわまでくっきりはっきり。無理矢理シャープネスをかけてるわけでもないようで、拡大して見てもそれ特有のノイズがありません。昨日のクモの巣の写真でも言及した通り、なだらかに柔らかくボケていくくせして、ピント合うとこはガッチリ精細に写る。キットレンズのくせに!

 おかげですっかり惚れ込みまして、これはもう普段も持ち歩くしかないよなってことで、こいつが入るようにカバンの中の配置を見直してみることにしました。

 普段愛用のカバンは『ひらくPCバッグmini』という自立するショルダーバッグです。こいつの下1/3ぐらいはカメラバッグ状に使える仕切りがついているので、それをまずはこんな風に区切ってやる。仕切りはマジックテープで貼り付いて、しっかり自立しています。

 手持ちの使ってないカメラバッグから、同じく仕切りを取り出して、こんな感じに貼り付けてやる。前側はマジックテープのくっつく部分が終わっているので、こっちは固定されないでパカパカ開く格好になります。

 そこへレンズを下にしてカメラを突っ込んでやる。仕切りがカメラ本体の支えになっているので、レンズ先端は微妙に接地しないあたりで浮いてます。

 で、閉じる。

 これで他にもiPad Pro 12.9インチとA4の書類、A4サイズのムック本、週刊誌、メガネケース、ペンケース(ApplePencil入り)、ミニノート、カメラストラップ、カメラの予備バッテリ2個、カメラのUSB充電器、モバイルバッテリ、USBメモリやLightningケーブルやGPSウォッチ充電ケーブルなど小物色々、名刺入れ...あたりを突っ込んでもまだ余裕がある感じ。もちろんカメラの上にもスペースがあるので、ここにも何か入ります。Nintendo Switchは...入るか微妙かなあ。

 あんまり気に入ったもんだからこんな小物も買ってみたり。

 X-T20ってホットシューカバーがついてないんですよね。接点むき出しなのはちょっとイヤかなあ...と。

 ニコン製ですけど、純正品みたいにぴったり。

 カメラが肌に合うと、何か撮りたくて毎日うずうずしちゃいますね。

20170727.png

 カメラ買いました。
 それに必要そうな液晶保護フィルタとかメモリカードとかレンズプロテクタとか予備のバッテリとか旅先で使えそうな充電器とかも買いました。
 ついでにGPSウォッチも買いました。
 もう気になってるもん片っ端から買ってやりました。

 十分悩んでも欲しい気持ちが消えないからもういいだろうってのと。
 いい加減悩み疲れてイヤになってきたから、今頭にあるもん全部買っちゃえよっていう暴走モードのたまものです。

 ってなわけで、今日は朝から着々と宅急便が届き始めてたり。

「悩んでる間の時給がもったいない」
 フリーランスで仕事をするようになって以来、この呪文を唱えると何でも即座に買えるようになったんですけど、果たして良いのか悪いのか。

20170724.png

 先月あたりから、「新しいカメラが欲しい病」にかかってしまいウンウン唸っています。

 今現在カメラはPENTAXのK-5(APS-C一眼レフ)とPanasonicのDMC-LX100(コンパクトデジカメ)を持っていて、特にLX100は操作性も画質も大のお気に入りです。
 ただ、望遠も広角もこれだと手が出ない領域があるので、そこをカバーするカメラがちょっと欲しくなりました。
 本来ならK-5がそこをカバーする存在だったんですけど、重いからあんまり持ち出したくない。しかもAFが時代遅れになってきてる感がある状態で、買い換えにまたPENTAXを選ぶかといったら多分もう選ばないから、これ用に追加レンズを購入するのはためらわれるものがある。だったらいっそ丸ごと買い換えるか...。 というのが事の起こり。

 そんなわけで、「軽いのがいいなー」ってなって、最初はOLYMPUSのOM-D E-M1 MarkIIに惚れたんです。なんせマイクロフォーサーズ規格なので色々小さいのがいい。なのに高性能。ファインダーもでかくて見やすいし、「今のカメラはいいなーすごいなー」と、ほんと買う寸前まで行きました。

 でもよくよく考えたら標準域のレンズだとLX100と使うシチュエーションが被るような気がしたり、LX100で唯一気に入らないポイントである「なんかボケがうるさい」点も微妙に似てる気がする(LX100では全面を活用はしてないけどマイクロフォーサーズ規格のセンサーが使われている)ってことでちょい待った。
 もうちょっと補完しあえる関係のカメラがいいな。

 そうしたら目に入ってきたのがFUJIFILMのミラーレスカメラでした。
 デザインもレトロでイカすし、操作性も自分の理想にほぼ近い。APS-Cだと本体小さくてもレンズがデカいから結局重いでしょって視界から外してたんですけど、実はマイクロフォーサーズであっても「欲しい」と思うレンズはデカくて重いのばかりなので、両者を比べてみたら意外と差がない...どころかE-M1 MarkIIの方が重かったりする場合もある始末。

 OM-D E-M1 MarkII 本体の重さが574g。
 同等ランクであろうFUJIFILMのX-T2なら507g。下位機種のX-T20で良ければ383g。どちらで比べてもFUJIFILMのミラーレスの方が軽い。
 標準域のズームレンズだと、OM-D E-M1 MarkIIを買った場合はやっぱりM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROというPROレンズが欲しくなる。これの重さが382g。
 FUJIFILMの方だと、キットレンズのXF18-55mmF2.8-4 R LM OISでいいかなあと思えたので、これなら310g。
 広角レンズだと、OM-D E-M1 MarkIIの方はパナが出してるLEICAの8-18mm F2.8-4..0が良くて、これが315g。
 FUJIFILMの方だとXF10-24mmF4というレンズがあって、これが410g。これを店頭でX-T20とあわせた時の持ち心地が良かったんですよねえ。

 じゃあX-T20がいいかなと思うんだけど、防塵防滴がないのは目をつぶるとしても液晶の縦チルトは欲しいなあってのと、何より痛いのが望遠ズームレンズ。FUJIFILM側には450mm前後のコンパクトなお手頃ズームレンズがないんですよね。

 望遠考えるとマイクロフォーサーズ強いなあ...ってなってまたぐるぐる。

20150311.png
一眼レフカメラを持ち歩く時に便利なストラップとして「Ninjaストラップ」なるものがあります。これ、カメラをたすき掛けするストラップなんですけど、秀逸なのがワンタッチで伸び縮みさせられるところ。普段はストラップを締めてカメラを背中に固定しておき、使う際にはストラップをシュルッと緩めてカメラを構えることができる、そんな使い方ができる品です。

これに加えて、C-Loopというカメラの三脚穴にストラップを取付できるようにする品がいわば定番の便利品なのですが、どちらもそこそこお値段がするものであわせて買うとちょっと高い。もうちょっとお安くなんないかしら。
そんな声にお応えしたのかどうか、我らがエレコムさんから、この模倣品が1,000円ちょっとで出てたりします。1,000円ちょっと、安い!

そんなわけで自分はこっちのエレコム製Ninjaストラップみたいなストラップを買って、PENTAXのK-5につけて使ってました。確かに便利。

ところが今日、久しぶりにそのAmazon販売ページを見たら、ユーザレビューが「落ちます!」で埋め尽くされてる。当然評価は激悪。どうもストラップの留め具部分がほどけて、カメラがするりんと落ちちゃうらしい。
なるほどなるほど、なるほどなー。

ええ、自分も落ちました。するりんとほどけて落っこちた。てっきり自分の取り付け方が悪かったのかと思ってたんだけど、誰でも落ちるものだったのね。
結局レンズ込みで修理費32,616円也...しくしく。
安物買いの銭失いを地で行ってしまった格好です。

もう捨てちゃおっかなーとも思ったんですけど、要はほどけなきゃ良いわけだしってことで、ホッチキスで留めちゃいました。これならまあ大丈夫だろ。

もし同じ製品を使ってる方がいたら、ちょっと気をつけておいた方が良いですよ。

C-Loopの方は特にコピー製品へと走らなかったおかげか、使用中に緩むようなこともなく快適に使えています。

20140114.png
かっこよくなったと思うんだけどなあ。

というわけで、家族に理解されなかったRX100の仕上がり写真がこちら。
レトロでかつおっさん臭い感じがお気に入り。
グリップを貼るのと悩んだのですが、ポケットにつっこんだ時のおさまりの良さを優先させました。

ちょっとレトロな感じで、かつ使い古してボロさが出てきた時に、良い味が出てくれればいいなーと思ってます。なので、へんにおしゃれな色を狙わずおっさんっぽいチョイスにしたのが理解を得られなかった点なのかも。
一応本革製なので、良い味になってくれる...はず。
左サイド拡大図。
貼り革キット自体の作りはすごく良く出来ていて、採寸がきっちりとられているので、レンズのカーブに押し当てながら貼れば、まずズレることはありません。ストラップ穴が左右とも...
右サイド拡大図。
きっちりよけられていて、マイクロUSBポートの蓋にも一切干渉なし。でもギリギリまで覆ってくれてるので、あまり浮いた感じもない。

今回使った貼り革キットは、こちらの『ブラック・リザード(牛本革)』という品です。送料込みで1,600円とリーズナブルだし、振込前にさっさと発送してくれるとか、すごく対応のいいお店でした。おすすめです。

ちなみにRX100にはZEISSのロゴが筐体にあるのですが、さわってみたらロゴ用に凹み加工すらないただのシールでした。なので、すっぱり剥がした上でこの革キットを貼ってます。

ずっと気になってたRX100を買いました。半分以上勢いだったけど後悔はしてない。
そんなわけで「お正月セールでいろいろ買っちゃったぜ」第一弾は、ソニーのDSC-RX100というデジカメ。ずっと前から気になってはいたんですが、なかなか踏み切れないでいた品です。近所のキタムラで福袋に入ってて、8GBのメモリカードとカメラポーチ、あと写真無料券とかがついて4万円だったのでたがが外れました。
メモリカードは「8GBぽっちじゃなあ」と気に留めてなかったんですけど、SanDisk Ultraが入ってましたよ。ちゃんとしたメーカーの(そこそこ)速いやつだ!だったら3DSに使おうとか思った。お得なパックでした。

メイン用途はお散歩カメラです。特にバイクといっしょに持ち出すのが主。
それ用には同じくソニーのDSC-HX30Vというカメラを使っていたのですが、色の浅さと輪郭線がぞわぞわするネムい画質に我慢できなくなりました。

購入にあたって、自分の中にあった条件としては、まず画質。あと操作性でした。
特に手持ちの一眼レフカメラになれてきたせいで、最近は日常的に絞りと露出補正をいじるので、ここが気軽にいじれないと困る(場合によってはISO感度とシャッタースピードも)のです。
しかしそこはさすがに画質重視をうたうカメラ。めっちゃ高い製品は別として、コンデジでそこまでいじれるのって少ないよなー...と不安に思う気持ちをあざわらうレベルのインタフェースが用意されててちょっとびっくりした。すごいなこれ。
ダイヤルを回して絞りやISO、露出補正が調整できます。
まずメインとなるのは筐体背面のダイヤル。直接回すと、その時のモードに応じた値(Aなら絞り、Sならシャッタースピード)が変化します。

さらにレンズ根元にコントロールリングなるものがあり、ここにも機能を割り当てることができます。とりあえず露出補正を割り当ててみました。
レンズ根元のコントロールリング。マニュアルフォーカス時には、ここでピントあわせを行います。
コンデジなのにダイヤル2個で設定いじりまくりだすげえ!とか、マニュアルフォーカス時には、ピントあわせリングに化けるよこれ、コンデジのくせして、マニュアルフォーカスもけっこう使いやすくてすげええ!とか、テンションあがりまくり。これでレンズシャッター付きの沈胴式ズームレンズまで積んでるんだもん、すごいよなあ。

前述の背面ダイヤルは十字キーにもなっていて、その上下左右に機能を割り当てることができます。あと、Fnボタンにもいろいろ割り当てができる。なので2アクションかかっても良ければ、あらかたどの設定にもたどり着けます。

筐体は底面以外アルミ製っぽくて、持つと意外と重量感があります。
DSC-HX30Vとの比較。
HX30Vとの比較だと、体積的にはRX100の方が小さいんですが、持った時の重量感は明らかにこっちが上。HX30Vはプラスチック筐体なので、その差なんでしょう。画質はイヤになりましたが、持ち心地とか全体の印象はHX30Vも嫌いじゃないです...というかむしろ好きかも。
RX100はあまりにのっぺりとしていて、手がすべって落っことしそうな怖さがあるんですよね。

んでもって購入日の夜、近所のレストランで何の気なしに撮ってみた写真がこちら。
ボケや色の深みもそうなんですが、キャンドルのガラス容器と、右下端のスプーンの柄。このへんの解像感はHX30Vでは得られなかったなあ。
解像感とかボケ具合とか色の深みとか、こりゃHX30Vでは撮れないやーってのが普通に撮れて思わず笑っちゃいました。なにこれ違いすぎる。

あらためて、これはコンデジ枠じゃなくて、「一眼レフのサブカメラ」なんだなーと思ったりしたのでした。
買ってよかった!はやくバイク乗ってあちこち行きたいです!

100831.gif
フォトキナというのはあれです、9月下旬に行われる世界最大の映像機器見本市のこと。当然これにあわせて各社新型モデル出してくるだろうから、それをひと通り確認し終えるまではやっぱり待ちたいのココロ。

で、はやる気持ちをおさえるためにと、近所のヤマダ電機行ってカタログもらってきました。

そうそう、「今このカメラが欲しくてー」ってカミさんに見せたら「あんた最近SONYばっかだね」とか言われました。
考えてみると夏前に買った防水コンパクトカメラSONYのだったや。
夏のボーナスで買おうと言ってたビデオカメラもSONYだったし、リビングにネットワークメディアプレーヤーが欲しいんだ地デジも録画したいんだと言って「買っていいよ」と許可もらってAmazonのバスケットに放り込んでなんとなく購入ボタンポチリ待ちしてるPS3もSONYだった。

なるほど、確かにSONYづいてるなー。
もっとも、SONY以外のもんも色々買ってる気がするんだけど、反論したらヤブヘビになりそうなので黙っておくことにした。

100830.gif
もともとのはじまりはTwitterでした。知人が「SONYのNEX-VG10のプロモビデオすごい!」って言ってて、確かに最近の一眼レフで撮る動画かっこいいよなぁとか思ってたんでさっそく見てみたらそりゃもう鼻水出るレベルで「すげー」と。

とうとう家庭用ハンディカムもレンズ交換式で来たか!と。
んじゃこのマウントで互換性あるやつってなによ!と。

興奮しながら見てみたら新しいNEX-3/5のシリーズだけの互換だったので、なんか急速にしぼむものを感じて、「僕は今のK100Dでレンズも買っちゃったから、おとなしくK-7の後継であろうK-5を待つですよ」と心に決めていたんです。

そしたら先週末に「ハートランドビール好きな人が集まってハートランドビールの生をぐびぐび楽しむ会」なるものにお出かけしていったら目の前にNEX-5が...。さわらせてもらったら、これがもういいのなんの。
特に「本体なんてレンズのおまけですよ、えらい人にはそれがわからんのですよ」とでもいわんばかりの「本体からはみだしちゃってるレンズマウント部」がもうさいこーにいかしてる。

久しぶりに、「あ、ソニーだ!」と無性に欲しくなる製品でした。
カメラ極めるぜって人には向いてないと思うんだけど、「一眼レフのボケとズーム、シャッターレスポンスを捨てたくはないんだけど、本格的にあれを持ち歩くほどカメラを追求しそうにない」という層にはすげービシバシはまりそうな。そして、それ以外のユーザをズバッと切り捨てた感が超ステキ。

久しぶりに、「あ、ソニーだ!」と無性に欲しくなる製品でした。
あれ、言いましたっけ?
まあとにかく久しぶりに、「あ、ソニーだ!」と無性に...、無性になのですよ!

About カメラ

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「カメラ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはペンタブレットです。

次のカテゴリはソフトウェアです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加