Web連載更新チェックアンテナ

メイン

カメラ

20170915.png

 先日導入したX-T20用に、レンズをひとつ買い足しました。中古ですけど、単焦点60mmのマクロレンズ。

 自分の使い方だとどうしてもデスク上でデジモノを撮ることが多くて、その場合キットレンズは今ひとつ寄ることができません。もうちょっと寄れたらなあ...と思っていたところに中古のいい感じなやつが出ていたので、つい買ってしまったというわけなのでした。

 80mmで光学手ぶれ補正つきの等倍マクロ新レンズが出るというので(今回買ったのはハーフマクロになる)、そっちも非常に気になったんですけど、どうもデカくて高いレンズになりそう。だったらこっちでいいやと割り切りました。

 届いた実物はというと、思った通り小さくて、かつ高級感のある作り。FUJIFILMのレンズって、APS-C専用サイズだから小さく凝縮された感があって好みです。ぬめーっとした感触で回るピントリングもいい感じです。
 傍らにあるのは付属のフード。やたらでかくて、しかも金属製なのか叩くとカキンカキンと音が鳴ります。室内利用が主なので、こいつには引き出しで眠っていてもらいましょう。

 本体につけるとこんな感じ。隣に並べてあるキットレンズよりも小さいのがわかります。

 さっそく試しに机の上をぱしゃり。開放だと被写界深度が浅すぎてボケボケになっちゃったから、少し絞って撮り直し。気持ちいいくらいにボケますね。「AFが遅いのが難だけどポートレートにも向いてる」とか言われるのもわかるような。
 どっかの美人さんが写真撮らせてくれないかなあ。

 続けてどこまで寄れるのかなあ...と粘土細工ににじり寄ってみる。

 うーん、正直もうちょっとと思わなくもないけど、そこが等倍マクロとの差なんでしょうね。とはいえこれ以上寄れても自分の腕だと被写界深度の扱いに困りそうだからこれでいいや。

 何の気なしに目の前のディスプレイもぱしゃり。

 あれ?けっこうしっかり撮れるもんだなと思って中心を拡大してみてびっくり。画素はRGB3つの光で構成されてますってのがわかるレベルで写ってる。写真クリックで拡大画像を見るとRGBの画素がよく見えると思います。

 近接して撮ってるとぎゅいんぎゅいんAFが迷うことも多く、その結果「がんばったけどダメでしたテヘペロ」で終わることも珍しくありません。そんなわけで、だいたいをAFで合わせた後、フォーカスピーキング使って自分で好みの位置にMFで合わせるのが王道なのかな?と思いながら使ってみています。今のところはそれも含めて楽しいです。
 ただ、開放で撮ると被写界深度が浅くなりすぎるので、ピント範囲を広げようと絞ったら今度はシャッタースピードが落ちる。するとこのレンズには手ぶれ補正がついていないので、浅めの被写界深度と合わせて「あ、ぶれた」「あ、ぼけた」となりがちなのが初心者の身には難しいところです。
 要するに室内だと光量が不足しがちなわけですよね。だからブツ撮りにはライトあてたりするわけか。なるほどなあ。

 屋外ならそんなこともなしに狙った絞りで存分にぱっしゃんぱっしゃん撮り放題なわけでしょうから、やはりここは美人さんがどなたか「撮らせてあげてもいいわよー」って立候補してきてくれることを願いたいと思う次第です。

20170908.png

 クリップ機能というのは、今年の3月に発売された新型おもいでばこでお目見えした新機能で、指定日や月、作成したアルバムなどの単位でスマホに写真アルバムをダウンロードして持ち出すことができるものです。既存ユーザーに優しいおもいでばこチームさんなので、その新機能はほどなくファームウェアのアップデートが実施されて、うちにある1個前の型のおもいでばこでも使えるようになっていました。

 これがまた単にダウンロードするわけじゃなくて、スマホ用にリサイズをかけてデータ量を圧縮したり、あくまでもおもいでばこアプリの管理下にクリップしてくれるのでスマホの写真ライブラリと混在することがなかったりという、「わかってるねー」と言いたくなる嬉しい仕様なんですね。当然便利そうだなーと受け止めていました。

 ただ、自分はとにかくモノグサなんですよ。しかも「おもいでばこは写真放り込んでいくとこ」と、あくまでもストレージ扱いオンリーな使い方をしていたため、細かくアルバムを作って管理するなんてことは、これまで一切していませんでした。つまり今ひとつクリップ機能の出番がない。

 ところが、気付いてしまったのです。いちいちアルバムを新規作成しなくても、スマホで写真を見ていて「これいいな」って思った時に押す星印、あれだけを自動でまとめてくれている「お気に入り」があるじゃないかと。
 だいたい写真見ていていいなって思うのなんて子どものめっちゃ可愛い表情が撮れた時か、バイクのめっちゃかっこいいライティングが決まってる時かぐらいしかないわけだから、そこは自動的に「持ち歩く価値がある写真」がつまっているわけですよ。

 で、今通っている水彩画講座で使うための写真アルバムとあわせて、iPhoneに写真をクリップして「む、確かにこれは便利だ」とか言いながら持ち出して重宝してたんですね。

 そしたらある日気付いたんです。クリップ一覧の下にあるアイコンって...。

 これひょっとして最新の状態にボタンいっぱつで同期できちゃうんじゃない?

 考えてみれば「アルバム単位で持ち出せる」わけだから、同期できるのは当たり前なんですよ。でも、不思議とそれが頭になかったのでちょっとびっくり。
 昨日書いたように写真の管理フローがこれまでとは違ってきているので、おもいでばこに放り込んだ後には「ちゃんと転送されたかなー」と最近とりこんだもの一覧を開くのが定番になってきています。その時に、ちょちょいとお気に入りマークをタッチしておくようにすると...。
 いつでもこれ、スマホに最新のお気に入りセットが入った状態にできちゃうじゃないですか。

 そんなわけで、今さらながらおもいでばこの使いやすさを再認識してしまった話でした。ほんと今さらなんですが。

20170907.png

 FUJIFILMのX-T20を買ってから、Lightroomをはじめとするカメラ周りの設定を色々見直してます。こうだと思い込んでたけどもっと便利なところがあるんじゃないかなあとか、友人のカメラマンが使ってるのを見た時はLightroomもっとさくさく動いてたよなあとか。昨日のカメラキャリブレーションの件に気付いたのもその一環。

 以前は「連写で取りまくると、後の整理が面倒」と思っていました。似たような物がわんさとある中からベストショットを選ぶには、Lightroom上の写真切替速度があまりに遅くてやってられないと思っていたのです。だから連写はほぼ使わない。そうやって無駄打ちをなくすことで、撮ったらすぐおもいでばこに放り込んで完結という流れも気に入ってたし。

 ところがLightroomのスマートプレビュー機能を調べていて、読み込みと同時にスマートプレビューも全部完了するように設定を切り替えてみたところ...うん、早いっすね。編集中に写真切り替えていくのがこれなら苦になりません。

 そしたら、作業フローが次のようになりました。
 1.写真読み込み&スマートプレビュー作成
 2.読み込んだ写真を1枚ずつ切り替えていって、良さげなのがあればBを押す(クイックコレクションに追加)
 3.クイックコレクションを表示して、気になるものだけ画像調整
 4.クイックコレクション内の画像をJPEG書き出し→USBメモリへ→後でおもいでばこへ
 5.クイックコレクションに名前をつけてコレクションとして保存

 おもいでばこはデータベースサーバだと思っているので、そこにも全写真を放り込んでバックアップ管理させるのが良いと思っていました。でも、このフローに変えてみてからの方がしっくりきています。やっぱり電子アルバムという点を無視するのは良くなかったみたい。このフローだと、「見て見てこの写真」となるものだけがおもいでばこに貯まっていくことになるから、その方が写真を見返そうという原動力になる様子でした。
 考えてみれば、おもいでばこがアルバムであれば、そこに納めるのは現像した写真に限るべきなわけで。昔でいうフィルムにあたるものは、やっぱり引き出しの奥深く(つまりパソコンのHDD)へとしまっておくのが素直な使い方なんでしょうね。

 というわけで連写解禁になった今、おかげでバシャバシャ撮りまくれるのが楽しくて仕方ないです。

 つい自分は嗜好として、「手間は害悪」と捉えてすぐに作業を単純化したがるところがありますが、増やすべき手間なら、それが増えることは厭わずやるべきなんだなあ...とあらためて。

20170906.png

 Lightroomのカメラキャリブレーションって、PENTAXのカメラ使ってる時にはプロファイルを選択しようとしても「Adobe Standard」しかメニューに入ってなくて「なんじゃそりゃ」な項目だったのです。K100D以来ずっとPENTAX党だった自分には、いつしかこれは「ないのも同然」な項目となり、存在自体すっかり忘れ去っていました。いやまじで。

 一方、FUJIFILMのX-T20を買って、そのフィルムシミュレーションの色で吐き出されるJPEG画像に惚れ惚れしながらも、「この色をスタート地点としてRaw現像できたらなあ」と思い始めていた私。フリーでなんかそういう色味に調整してくれるプリセットがあると聞いてはインストールしてみて、「なんかちがう」...と。
 そしたらフリーソフトに頼らずとも、そもそもカメラキャリブレーションでそういう指定ができるというじゃないですか。え、なにそれ、うわほんとだそれっぽいのメニューに出てきた。うわすごい。

 ひと通り試してみたら、これがアナタうまい具合に色味を寄せてくれてるんですよ。
 そんなわけで、実際にカメラ内現像とLightroomで同じ名前の設定を選んだ時にどれだけの差があるか、比較画像を見ていきたいと思います。

 まずはこちら。LightroomにRawファイルを読み込んで、初期設定の「Adobe Standard」でそのまま書き出したものです。

 これがつまりはLightroomに読み込ませた直後の状態。ここからX-T20のフィルムシミュレーションで出る色に近づけるのが、えらい難儀だったのです。

 続いてはカメラ内現像でフィルムシミュレーションに「PROVIA/スタンダード」を指定した画像(上)と、Lightroomでカメラキャリブレーションに「Camera PROVIA/STANDARD」を指定したもの(下)。

 同じくフィルムシミュレーション「Velvia/ビビッド」(上)と、カメラキャリブレーション「Camera Velvia/VIVID」(下)。

 同じくフィルムシミュレーション「ASTIA/ソフト」(上)と、カメラキャリブレーション「ASTIA/SOFT」(下)。

 同じくフィルムシミュレーション「PRO Neg. Hi」(上)と、カメラキャリブレーション「Camera Pro Neg. Hi」(下)。

 総じてLightroom側は少しシャープネスが強めなのと、ほんのわずかだけ緑が弱いかもという気がしますが、比べたらそうかもというだけで、ブラインドテストされたらわからない自信があります。それぐらいうまく色味を寄せてくれてる。

 これであれば「この色をスタート地点としてRaw現像できたらなあ」という希望はほぼ満足です。それどころか、現像時にフィルムシミュレーションを自由に切り替えることすらできるとか。便利すぎです。

20170807.png

 むき出しの状態で外へカメラを持ち出す時は、カメラにストラップをつけて、たいていはたすき掛けでうろつきます。でも、カバンにポンと放り込んで持ち歩く時や、部屋に無造作に置いてる時などは、ストラップがついていると事故の元なので、できれば外しておきたいと思っています。

 そんなわけで、うちにあるカメラには全てPeakDesignってところのアンカーリンクをつけてあって、これでその会社の出しているリーシュやスライドライトといったストラップを簡単に付け替えて持ち歩けるようにしています。

 X-T20も当然そのようにしようと思っていたところ、届いた商品を開けてみたら妙に長い三角環カバーがついてたんですよね。これじゃあアンカーリンクが付けられない。
 仕方がないので、PentaxのK-5についてた三角環カバーを流用してアンカーリンクを括り付けていました。こんな感じに。

 でもなんかイケてない。スッキリさが足りない。
 その点、PanasonicのDMC-LX100にはプラスチック製の三角環カバーが付属していたので、スッキリ収まりがいいんですよね。

 せっかくコンパクトなX-T20なんだから、こいつもできればこれぐらいスッキリして欲しい。そう思って使えそうなカバーを探してたら、Nikon製の三角環とカバーの組を見つけました。

 この間流用したホットシューカバーといい、Nikonはカメラ趣味には欠かせないところを抑えてくれるありがたいメーカーなんですねえ...。

 ってなわけで、これでスッキリできると大喜びで差し込んでみたわけです。
 ダメでした。X-T20のストラップホールに対して三角環がちょっと太い。線が二重になっているところは穴を通らないので、この角度でしか使うことができません。
 これだとカバーが付けられないんだよなあ。

 どうしようかなあと考えて、「そういえば最後はアンカーリンクで三角環カバーごと縛っちゃうんだから、多少ゆるくても問題ないんじゃないか?」と思い至り、ならばとX-T20に付属していた三角環を通した上でプラスチックカバーをはめてみたらいい感じにおさまりました。

 アンカーリンクないとゆるゆるですけど...まあ、付けないで使うことはまずないというか、アンカーリンクを付けるためにぶら下げたものなので、これで問題ないでしょう。

20170803.png

 X-T20の各ボタンはカスタマイズが可能なので、現在は上イラストのように割り当てを行っています。絶対必須だったのが「ISO感度がダイヤルで変更できる」ことと、「AFターゲットが十字キーめいたもので動かせること」の2点。どちらも「これを押したらそのモードになる」というワンクッション入ってしまっていますが、毎回多用するというわけではないのでこの程度調整しやすければ許容範囲かなと思ってます。

 このカメラって、これだけダイヤルがいっぱいついて各種調整をアナログのマニュアル操作で行えるようにしておきながら、人に撮ってもらう時はワンタッチでフルオートになるレバーまでついてるんですよね。そのへんのバランスが、使い勝手良さそうだなあと思うところだったりします。

 あとのボタン設定はDMC-LX100で慣れた構成にあわせました。こうしておけば、すでに慣れてるから迷わずに済むというのもあるし、特にそこから変える理由もなかったし。このへんは使いながら徐々に詰めていく感じかなあ。

 あ、そうそう。使い始めてみて一点だけ「ありゃ」となった点がこれ。

 ボディが小さくて軽い分、レンズの重みに負けないように、持ち上げる時はグイッと掴む必要があるんですが、その時にどうも親指付け根の腹で右側のボタンを押してしまいがちなのです。ここにはホワイトバランスが割り当ててあるので、山登りしながら何度か撮影してるといつの間にか設定が変わってて「あれれ?」と。
 当然気付くまでのその間はデタラメなWB設定で撮っちゃってた。
 ボディが小さい弊害ですね。

 撮影時に「そうなっている可能性がある」と気をつけて解消できるならいいんですけど、あんまり意図しない設定で撮ってしまうことが多いようなら、このボタンは割り当て考えないとなあ。

20170802.png

 昨日の日記ですでに書いてますけども、先日来ずっと悩んでいたカメラ選びは、最終的にFUJIFILMのX-T20で決まりました。
 最後の最後まで上位機種のX-T2とどっちにするか悩みました。悩みましたけれども、説明書を熟読してみれば自分の望み通りの操作設定(絞りとシャッタースピード、露出補正の他に、ISO感度もダイヤルで設定できて、AFエリアがカーソルキー的なもので移動できる)はできそうだとわかり、店頭で試してみたら実際その通りに設定できたので、じゃあもうここで決めてしまおうと決断に至ったわけです。

 もっとも、絞りについては本体機能でなくレンズについてる絞り環操作が主体。この感触...コリコリコリ...って回る感じがまた気持ちいい。めっちゃお気に入りです。

 とはいえ、普段カバンに放り込んで持ち歩くには少しでかい気がするので、そこは相変わらずパナソニックのDMC LX100を持ち歩こうと思ってました。そう思いながら、何の気なしに部屋のウンベラータをパシャリと撮ってみて...

 やあ、背景もいい感じにボケるねえ、二線ボケとか無縁だねえ...って、なにこの葉っぱの解像感。

 葉脈やしわまでくっきりはっきり。無理矢理シャープネスをかけてるわけでもないようで、拡大して見てもそれ特有のノイズがありません。昨日のクモの巣の写真でも言及した通り、なだらかに柔らかくボケていくくせして、ピント合うとこはガッチリ精細に写る。キットレンズのくせに!

 おかげですっかり惚れ込みまして、これはもう普段も持ち歩くしかないよなってことで、こいつが入るようにカバンの中の配置を見直してみることにしました。

 普段愛用のカバンは『ひらくPCバッグmini』という自立するショルダーバッグです。こいつの下1/3ぐらいはカメラバッグ状に使える仕切りがついているので、それをまずはこんな風に区切ってやる。仕切りはマジックテープで貼り付いて、しっかり自立しています。

 手持ちの使ってないカメラバッグから、同じく仕切りを取り出して、こんな感じに貼り付けてやる。前側はマジックテープのくっつく部分が終わっているので、こっちは固定されないでパカパカ開く格好になります。

 そこへレンズを下にしてカメラを突っ込んでやる。仕切りがカメラ本体の支えになっているので、レンズ先端は微妙に接地しないあたりで浮いてます。

 で、閉じる。

 これで他にもiPad Pro 12.9インチとA4の書類、A4サイズのムック本、週刊誌、メガネケース、ペンケース(ApplePencil入り)、ミニノート、カメラストラップ、カメラの予備バッテリ2個、カメラのUSB充電器、モバイルバッテリ、USBメモリやLightningケーブルやGPSウォッチ充電ケーブルなど小物色々、名刺入れ...あたりを突っ込んでもまだ余裕がある感じ。もちろんカメラの上にもスペースがあるので、ここにも何か入ります。Nintendo Switchは...入るか微妙かなあ。

 あんまり気に入ったもんだからこんな小物も買ってみたり。

 X-T20ってホットシューカバーがついてないんですよね。接点むき出しなのはちょっとイヤかなあ...と。

 ニコン製ですけど、純正品みたいにぴったり。

 カメラが肌に合うと、何か撮りたくて毎日うずうずしちゃいますね。

20170727.png

 カメラ買いました。
 それに必要そうな液晶保護フィルタとかメモリカードとかレンズプロテクタとか予備のバッテリとか旅先で使えそうな充電器とかも買いました。
 ついでにGPSウォッチも買いました。
 もう気になってるもん片っ端から買ってやりました。

 十分悩んでも欲しい気持ちが消えないからもういいだろうってのと。
 いい加減悩み疲れてイヤになってきたから、今頭にあるもん全部買っちゃえよっていう暴走モードのたまものです。

 ってなわけで、今日は朝から着々と宅急便が届き始めてたり。

「悩んでる間の時給がもったいない」
 フリーランスで仕事をするようになって以来、この呪文を唱えると何でも即座に買えるようになったんですけど、果たして良いのか悪いのか。

20170724.png

 先月あたりから、「新しいカメラが欲しい病」にかかってしまいウンウン唸っています。

 今現在カメラはPENTAXのK-5(APS-C一眼レフ)とPanasonicのDMC-LX100(コンパクトデジカメ)を持っていて、特にLX100は操作性も画質も大のお気に入りです。
 ただ、望遠も広角もこれだと手が出ない領域があるので、そこをカバーするカメラがちょっと欲しくなりました。
 本来ならK-5がそこをカバーする存在だったんですけど、重いからあんまり持ち出したくない。しかもAFが時代遅れになってきてる感がある状態で、買い換えにまたPENTAXを選ぶかといったら多分もう選ばないから、これ用に追加レンズを購入するのはためらわれるものがある。だったらいっそ丸ごと買い換えるか...。 というのが事の起こり。

 そんなわけで、「軽いのがいいなー」ってなって、最初はOLYMPUSのOM-D E-M1 MarkIIに惚れたんです。なんせマイクロフォーサーズ規格なので色々小さいのがいい。なのに高性能。ファインダーもでかくて見やすいし、「今のカメラはいいなーすごいなー」と、ほんと買う寸前まで行きました。

 でもよくよく考えたら標準域のレンズだとLX100と使うシチュエーションが被るような気がしたり、LX100で唯一気に入らないポイントである「なんかボケがうるさい」点も微妙に似てる気がする(LX100では全面を活用はしてないけどマイクロフォーサーズ規格のセンサーが使われている)ってことでちょい待った。
 もうちょっと補完しあえる関係のカメラがいいな。

 そうしたら目に入ってきたのがFUJIFILMのミラーレスカメラでした。
 デザインもレトロでイカすし、操作性も自分の理想にほぼ近い。APS-Cだと本体小さくてもレンズがデカいから結局重いでしょって視界から外してたんですけど、実はマイクロフォーサーズであっても「欲しい」と思うレンズはデカくて重いのばかりなので、両者を比べてみたら意外と差がない...どころかE-M1 MarkIIの方が重かったりする場合もある始末。

 OM-D E-M1 MarkII 本体の重さが574g。
 同等ランクであろうFUJIFILMのX-T2なら507g。下位機種のX-T20で良ければ383g。どちらで比べてもFUJIFILMのミラーレスの方が軽い。
 標準域のズームレンズだと、OM-D E-M1 MarkIIを買った場合はやっぱりM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROというPROレンズが欲しくなる。これの重さが382g。
 FUJIFILMの方だと、キットレンズのXF18-55mmF2.8-4 R LM OISでいいかなあと思えたので、これなら310g。
 広角レンズだと、OM-D E-M1 MarkIIの方はパナが出してるLEICAの8-18mm F2.8-4..0が良くて、これが315g。
 FUJIFILMの方だとXF10-24mmF4というレンズがあって、これが410g。これを店頭でX-T20とあわせた時の持ち心地が良かったんですよねえ。

 じゃあX-T20がいいかなと思うんだけど、防塵防滴がないのは目をつぶるとしても液晶の縦チルトは欲しいなあってのと、何より痛いのが望遠ズームレンズ。FUJIFILM側には450mm前後のコンパクトなお手頃ズームレンズがないんですよね。

 望遠考えるとマイクロフォーサーズ強いなあ...ってなってまたぐるぐる。

20150311.png
一眼レフカメラを持ち歩く時に便利なストラップとして「Ninjaストラップ」なるものがあります。これ、カメラをたすき掛けするストラップなんですけど、秀逸なのがワンタッチで伸び縮みさせられるところ。普段はストラップを締めてカメラを背中に固定しておき、使う際にはストラップをシュルッと緩めてカメラを構えることができる、そんな使い方ができる品です。

これに加えて、C-Loopというカメラの三脚穴にストラップを取付できるようにする品がいわば定番の便利品なのですが、どちらもそこそこお値段がするものであわせて買うとちょっと高い。もうちょっとお安くなんないかしら。
そんな声にお応えしたのかどうか、我らがエレコムさんから、この模倣品が1,000円ちょっとで出てたりします。1,000円ちょっと、安い!

そんなわけで自分はこっちのエレコム製Ninjaストラップみたいなストラップを買って、PENTAXのK-5につけて使ってました。確かに便利。

ところが今日、久しぶりにそのAmazon販売ページを見たら、ユーザレビューが「落ちます!」で埋め尽くされてる。当然評価は激悪。どうもストラップの留め具部分がほどけて、カメラがするりんと落ちちゃうらしい。
なるほどなるほど、なるほどなー。

ええ、自分も落ちました。するりんとほどけて落っこちた。てっきり自分の取り付け方が悪かったのかと思ってたんだけど、誰でも落ちるものだったのね。
結局レンズ込みで修理費32,616円也...しくしく。
安物買いの銭失いを地で行ってしまった格好です。

もう捨てちゃおっかなーとも思ったんですけど、要はほどけなきゃ良いわけだしってことで、ホッチキスで留めちゃいました。これならまあ大丈夫だろ。

もし同じ製品を使ってる方がいたら、ちょっと気をつけておいた方が良いですよ。

C-Loopの方は特にコピー製品へと走らなかったおかげか、使用中に緩むようなこともなく快適に使えています。

« 前のページ1 2

About カメラ

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「カメラ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはペンタブレットです。

次のカテゴリはソフトウェアです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加