Web連載更新チェックアンテナ

メイン

ソフトウェア

20150617.png
Illustrator CCのGPU支援は、CC 2014から実験的に搭載されていました。キャンバスのパンやズームがかなりなめらかに動作する、なかなかイカす機能です。ただ、自分が一番よく使うブラシによる手描き作業では、線の描画にやや遅れが出るというか描画のタイミングが少し従来と異なるようで、描き心地にしっくりこないものがあり使えずにいた機能でした。

昨日CC 2015が発表されて、このGPU支援も強化&サポート範囲が拡充されたとありました。ならばと再度デスクトップ機で試してみたところ、今度はブラシ描画もさくさく描けるし、パンやズームは相変わらず気持ちよく動く。IllustratorはCCになってから描画動作に妙なもったり感を覚えていたんですけど、それが払拭されてCS5のような気持ちよさを感じたので、これはかなり嬉しいアップデートっぽい!とちょっとテンションが上がっています。

でね、パフォーマンス軽くなったのならもしかして!とVAIO Zの方もアップデートしてみたのです。
GPU支援のサポート拡充でインテル製GPUも一部サポートってなってるし、もしかしてもしかして...と。

VAIO Zのグラフィック担当は、CPUに内蔵された「Intel Iris Graphics 6100」です。
設定画面に出ているエラーメッセージは「ドライバーを最新にして再起動しろ」なので、多分サポート範囲には入ってるっぽい。ただ、VAIO社の方でカスタマイズしているみたいで、Intelからドライバーをダウンロードしてきてもインストールできずにはじかれてしまいました。

当のVAIO社はというと、4月に無線LANまわりのアップデートがあった以降は、一切なしのつぶて...。

パンやズームのスムーズ化は、タッチパネル操作もサポートしているVAIO Zでこそ生きるところがあるので、なんとかIntel側のアップデートを小まめに本機にも反映させて欲しいものです。

20140227.png
先日、Illustrator CCにアップデートがあったんです。
今度のバージョンはこんなに便利!...ってうたい文句が並んでいて、確かに「これは便利だ」という声が大多数の模様。

でも、自分にとって一番肝心要なブラシツールにまで変更の手が伸びていて、それがまた酷くて...。
今まで描けた線が、現行最新バージョンでは描けなくされてしまったのです。

結局のとこ、自分みたいな「Illustratorとペンタブで手描きタッチの絵を描く」という使い方はイレギュラーだってことなんでしょうねえ。

毎回毎回、「ちょっと試してみようかな...」としてはIllustratorに出戻るということを繰り返しているんですが、いよいよ本気で移行してかんとやばそうな気配がひしひしと。
多分マンガ機能的にはこっちの方が多機能だろうから、まずIllustratorで出来たとこまで持って行って、そこからソフト独自の味が出せるようがんばりたい...んだけど、そこまで持つかなあ。

20131125.png
Adobeが自社ソフトの販売形態をパッケージ売りから月額課金制に移すと決めた、その移行措置だと思うのですが、Adobe Creative Cloudには、「今ならお得」というキャッシュバックキャンペーンとか、お安い特別料金プランだとかが用意されてます。

その申し込み期限がそろそろ迫ってきたので、Adobeに対する腹立たしい気持ちは抱えながらも、自分にとって必要だと思うソフトだけ契約することにしました。

まず絶対必要なのがIllustrator。
CS3以降のユーザーには、12月1日までにCC製品を購入した人向けとしてキャッシュバックキャンペーンってのが用意されています。
これを利用すると、Creative Cloud契約なら24,000円、単体のサブスクリプション契約なら14,400円がキャッシュバックされます。なので、たとえばAmazonでIllustrator CCのダウンロード版を買ってキャンペーンに申し込むと、「実質」って扱いにはなるんだけどもとりあえず1年間は月1,000円で利用することができます。

で、必須…ではないんだけども、効果線やトーンの貼り込みでたまに使うソフトがPhotoshop。これは今持ってるCS5で事足りる気はします。でも、憎らしいことに「12月2日までなら」という但し書きつきで、Photoshop CCとLightroom 5のセットが月1,000円で利用できるプランを用意してやがるんですよね(CS3以上保有のユーザー限定だった時は12月30日くらいまで大丈夫だった気がする)。

Lightroomは写真管理兼現像ソフトとしてけっこう気に入ってるものなので、それがセットで月1,000円なら…しかも今だけのチャンスなんであれば…むう。というわけでこれも契約。
実にうまいとこをついてくるのでますます憎らしい。

ただ、「Photoshop & Lightroom & Illustrator」というセットで月2,000円と考えれば、特に腹立たしさもないんですよね。お安いとすら思う。
Illustratorの1年契約が終わる前に、そんなプランが正式に出てきて欲しいものです。

vol0233.gif
やりすぎて飽きた時にこそ己の血肉となるものですよ。ええ。知らんけど。

今回導入したDynamicSketchには他にも色んな機能があるんですけど、ほぼこの単機能のためだけにお金を払いました。他は別にあんまいらない。
でも、一時期乗換を検討していたCLIP STUDIO PAINT EXにもこの機能はあって、それがすごく便利で、でも肝心の描画機能が自分の好みにあわなかったのでお蔵入りさせたんですけども、この機能にだけはちょっと未練が残ってた…という状態だったので、それでもじゅうぶんに元が取れちゃう値段だったと思います。円換算で3,000円ちょっとくらい。省ける手間を考えたらえっらい安い。

Illustratorの機能拡張は、たまにスクリプトを自作してたくらいで、プラグインとか、配布されてるスクリプトとかはあんまり物色してこなかったんですけど、定期的にアンテナ張って確認した方がよさそうだなあ…と思いました。

130731.png
普段はIllustratorというソフトを使って描いてます。
なのですが、その発売元であるAdobeがずいぶんふざけたライセンス形態に移行しちゃってるし、一冊丸ごとマンガエッセイを描いたりすると(只今10月頭発売に向けて装丁作業中)どうしてもマンガ的表現の部分で限界を感じることも多々。書き文字まわりの線の描写になっとくいかないとこもありますしねえ。

というわけで、マンガ描き用に特化した、CLIP STUDIO PAINT EX を買ってみたのでした。
正確にはComicStudioPro 4.0ってソフトを買って、そこから無償アップグレードでゲットいたしました。

うーん、最初の印象だと「けっこう軽いし、ベクターで描いても線の描写綺麗だし、いいねいいね!」だったんですが、いざ練習にと今日のコマ絵を描いてみたらけっこう重い…。
当たり前ですが、Illustratorと勝手が違う部分も多く、なかなかこれは…。

単発のイラスト描きにはやっぱIllustratorの方がいいかな。
とはいえ、(マンガ用の)表現力はまちがいなくこっちのソフトの方が上でしょうから、しばらく日記用途で練習してみて、少しずつ使いこなしていけるようにがんばろうと思います。

090427.gif
目的は、先日購入したMacの入力環境を、普段使ってるWindowsの方と揃えたくなったため。キーアサインもそうですし、辞書の内容を同期させたいってのもあった。

ところがぜんぜん辞書が同期してくんないのです。
ウチのATOK Syncは自前のWebDAVサーバたてて使ってる環境なので、その指定間違えたかなーと見直してみるも駄目。よくよくヘルプ見てみたら「バージョン違ったら同期できないよん」と書いてました。

…ついでに言うと、キーアサインもCtrlキーとOptionキーの兼ね合いがWindowsと違ってるので完全同じにはできんかった。
しくしくしく。

090122.gif
「まぁ重くて快適ではないだろうな」と思いながら、Thinkipad X41tにWindows7のベータ版をインストールしてみました。ちなみに入れたのは32bit版の方。64bit版は「CPUが64bit対応してないぞ」といってはねられてしまいました。

普段Thinkpad X61tの方ではWindows Vistaを使ってるんですが、それと比較して「良くできてるな」と思えます。X41tでも正直普通に使えちゃうんですよ。軽い!!とは言えないまでも、理不尽な待たされ感がなくて普通に動く。

ただ、一番期待していたタブレットPCとの親和性という意味では△でした。やっぱり相変わらずWacomのドライバを入れないとAdobeのソフトでは筆圧が効きません。ただ、ドライバがWindows7のタブレット機能と競合することはないし、デジタイザの調整方法も従来の「4隅をタップ」方式から「4隅それぞれで4点ずつタップ」と16点を測定する方式に変わっているので、かなり雑にやってもあっさり使い物になる程度に調整できちゃうのはいい感じ。

Illustrator CS4が思いの外軽かったのにも驚いた。CS3が重かったからX61tに乗りかえたって面もあったのに、なんかCS4の方が軽くなってないかこれ。
…というわけで、今日の日記絵はそのままX41tで描いてみたりいたしました。

しかしWindows7を使ってると、本当にVistaはダメな子だなと今さらながら強く思ってしまいます。
なんか、へんなところでいきなり考え込むことがあって待たさることが多いし、スタートメニューも未だに「使い辛い」という印象しか持てないまま。設定もあちこちの階層に入り乱れてる感があって、望みのところになかなかたどり着けないし、タブレット機能はWacomのドライバと競合してなかなかいい感じに調整ができやしない…というか、そもそも調整できないケースが多々。
上記は全部、Windows7では改善されてて、「ああそういえばVistaは」と改めて気づいた点たちです。

そんなにVista否定派ではなかったはずなんだけど、Vista使うくらいならWindows7使う方が断然いいな。Vista使う理由ないって言っていいくらい。
Windows95がVistaだとしたら、Windows7はWindows98ぐらいに熟成してきてる感があります。

ただ、んじゃWindowsXPからWindows7にするかといえば、それもNoだったりして。
軽いのは相変わらずWindowsXPだし、そもそもXPで十分足りてる。なのにわざわざそれより重いWindows7を選ぶ理由というか、Win7じゃないと出来ないことって(自分にとっては)今のとこ皆無なんですよね。昔Vistaが出る前に期待してた諸々の改変は、Win7でも相変わらず亡き者になったままだし。
USB3.0とか、新しいハードが定番化して、それがWindowsXPじゃ綺麗にサポートできないとなった時に、一気に移ることになるんでしょうね。
思えば昔のWin95→Win98の流れとか、Win2000→WinXPの流れとかも、全部そんな感じだった気がするし。

090114.gif
最近Photoshopが重いんです。最初は「やっぱ線が増えてくるとベクタ(系グラフィックソフト)よりもラスタ(系グラフィックソフト)の方が軽いー」とか思ってたんですけど、やっぱりなんだかんだと機能を使ってたら重くなってくるものらしい。解像度落とせば軽いけど、それで慣れても印刷に使えなきゃ意味がない。

で、久しぶりにIllustratorひっぱりだして描いたらやたら軽くて驚きましたよ…と。

なんかあれね、PhotoshopにはPhotoshopの良さがあるし、IllustratorにはIllustratorの良さがあんのね。当たり前だけどさ。

Photoshopの特徴
○スキャンからそのまま作業に入れる。
○描いたままが絵になる。
○消しゴムで直感的に消せる。
○線を描き足し描き足ししても軽いまま。
○トーン貼っても軽いまま。
○プラグインが充実してる。
×ファイルサイズがバカでっかい。
×拡大すると描線がガックガク
×グレースケールとかCMYKとか開いたファイルに応じてスウォッチの値が勝手に変わりやがる。
×自分の描き方だと描線に今ひとつ筆圧が綺麗に出ない。

Illustratorの特徴
○小さいカットなら動作が軽い。
○描線が綺麗。
○オブジェクト単位で後から色・線・位置の微調整が簡単簡単。
○テキストの扱いに長けてる。
×描き込みが増えてくると重くなる。
×ブラシで線を描くとき、ベクタ化とともにちょっとずれる。
×色塗りかったるい。
×ピクセル単位で描線をいじるのが無理(めんどっちいことすればできるけど)。
×トーン貼ったら壊滅的な重さ。
×スキャンは他のソフトにお任せ。
×GIFにする時に線が太る。

Photoshopは色塗りが楽と思ったけどそうでもない。描き込み(レイヤ)が増えてくると重くなるのはどっちも同じで、なおかつ線を描く時についてこれなくなっていっちゃうのも同じ。
ただ、「しっとりたっぷりのインクで濡れた筆」で描くようにスイッと描けるのがIllustratorで、Photoshopは自分の場合クレヨンに近いかも。妙に力が入っちゃうんだよなぁ。

というわけで、またしばらくIllustratorに戻ってみようかと思います。

9月末に乗りかえだしてみたんで、ちょうど3カ月はPhotoshop漬けでした。
もともと頼まれモノのカット描きには絶対Illustratorだと思ってたんで、作業環境として縁切りするつもりはなかったんですけども、それでも久々にさわったらIllustratorの操作法すっかり忘れててびっくりした。わははは、順応性ってすごいや。

ちなみに今日描いた絵の集中線は、線を描いた後でPhotoshopに移動してプラグインで集中線描いてそれをIllustratorに戻してライブトレースでベクタ線に戻して使ってます。しばらくこういう路線で行ってみようかな。うん。

ところで、作業スピードで言ったら圧倒的にIllustratorの方が早く描けちゃうのが不思議でした。最初は慣れの問題かなぁと思ったんだけど、3カ月経っても一向に早くなってくんなかった。操作法に慣れてるうんぬんじゃなくて、一本線をひくだけでも速度が違うんですよね。Photoshopだと何故かペンを早く動かせないんです。アプリケーションのせいじゃなくて、自分の手が動かない。
あ、だからあれだ、ペン先もPhotoshopだとマット芯じゃないと描けなくて、Illustratorだとストローク芯使えるんだよね。それで余計に筆圧の出る出ないがあるんだろうなぁ。

081009.gif
ブラシの太さを直感的に増減できたり、ペンのお尻についてる消しゴムを活用できたりと、「ああ、いいなー、描きやすいなー」と、あいかわらずPhotoshopお試し期間は続いてます。
続いてますというか、環境乗換を視野に入れて、問題なさそうな範囲から順次仕事用ツールもPhotoshopに入れ替えてきてる。結果、作業が早くなったかと言われれば微妙ですが、作業が楽しくはなっているので、今のところはいい感じです。

線を足すことに躊躇しないでいいのがいいですね。Illustratorだと線を足すことが描画の負荷に直結しちゃってるので、ノリで「シャシャシャッ」と線を足したりとかはためらうのです。
それがないのがいい、うん。

ただ、全部載せ替えはやっぱり難しそうで、特に単発のカット描きとか、クライアントの要望が二転三転しそうだなーって恐れのある仕事なんかの場合は、従来通りIllustratorを使うようにしていた方が、つぶしがきいて良さそうだなぁとも思ったり。

とはいえ、今後Photoshopの活躍頻度が高くなってくるのは間違いなさそう。…ってことで、漫画用の定番プラグインを追加投資してみることにしました。
PowerTone3 for Windows R4」と「DiGiCOMi TOOLS」の2本です。

今すぐ絶対必要かと言われたらそんなことはないんですが、表現の幅を色々試すうちの選択肢としてあった方がいいかなーと思ったのと、なによりも「いつ廃盤商品として取り扱いがなくなってもおかしくない」と思えたので、取り急ぎおさえてみた…という方が正確かも。

ちなみに、これと並行して「SAI」というペイントツールも試してみたりしてました。
すんごく軽いわ、なめらかな線がひけるわで「おー」と最初思ったんですが、とりあえず見送り。確かになめらかなんだけど、なんかこの線は肌にあわなかったのと、絶対的に機能が足りてなかったので。
タブレットPCでラフ描きとかには良さそうなんですけども、とりあえずそっちの用途にはArtRageがあるからなぁ。

081002.gif
今にも増してドヘタクソなのでお恥ずかしいのですが、昔やってたサイトにのっけてる4コマまんがは、途中までPhotoshopを使って描いてました。
んで、ナレーション的なセリフを入れるのに角丸四角形を下地に使っていて、毎度毎度描くのめんどくさいからアクションに登録して自動で描けるようにしてた…はず。ということを、「Illustratorだとちょちょいとフキダシ描けるけど、Photoshopだと境界線+中を塗りつぶしっての描く時はどうやるんだろ」なんて疑問を抱いた瞬間に思い出しました。

忘れるにもほどがあるってくらいに忘れすぎてるな。当時作ったアクションファイルって、全部どこに行っちゃったんだろ。
…たぶん使い物にならないくらいクオリティ低いと思うから、まあいいっちゃいいんだけども。

« 前のページ1 2

About ソフトウェア

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「ソフトウェア」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはペンタブレットです。

次のカテゴリはケータイです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加