Web連載更新チェックアンテナ

メイン

モノ語り

061017.gif
以前マリオのサッカーゲームがコマーシャルで流れて以来、うちの娘はマリオを見れば「ホットマリオだ!」と騒ぐ、マリオ大好きっこになっています。言うまでもなくマリオといえば任天堂。ファミコン、スーパーファミコン、Nintendo64、GAME CUBEと、気がつきゃすべての任天堂製ゲームマシンを所持してきた私としては、無視できない兆候です。

あ、すべてのっていっても据え置き型だけですよ。バーチャルボーイとか、あのへんはなしね。

個人的には「子ども時代は五感を刺激する遊びをやりましょう」という考えなので、あんましテレビゲームを与えようというつもりはありません。でもそんな気持ちとは裏腹に、「そろそろいっしょにゲームできたりもするんかなぁ」と楽しみになってる自分もいるわけです。
ゲームにはとんとご無沙汰になっちゃってる昨今ですが、娘と対戦プレイとか協力プレイとかできちゃうんなら話は別ですよ。正月にパーティゲームとかできちゃったりするかも!と思えば、これはもう断然別世界の話でありますよ。

…と、そんなわけで、「今なら安くたたき売られているであろう」と思われるGAME CUBEのソフトを、最近は物色していたりします。それも、かつては見向きもしなかったスマッシュブラザーズとかも含めて。
いつかいっしょにやろ~っと、とか思いましてね。

ところが、そうして物色していると、ついつい目が違う方向へ行っちゃうんですよ。
「マリオゴルフ?あ~、64版の方が出来がよさそうだな」とか。
「マリオテニス?あ~、64版の方が出来がよさそうだな」とか。

なんか、Nintendo64版とGAME CUBE版と両方出てるシリーズものだと、ついつい64版の方に気を取られてしまうのです。
「マリオ64」と「マリオサンシャイン」しかり。「ゼルダの伝説 時のオカリナ」と「ゼルダの伝説 風のタクト」しかり。いずれも「64版の方が圧倒的によく出来てんじゃん!」と落胆した挙げ句に、とうとうGC版のマリオカートには食指が動かなかった身としては、どうせこれも…と64版の方ばかりが美化して見えてしまうんですね。

しまいには、「あ、ピカチュウ元気でちゅうだ、これやってみたかったんだよなぁ、させてみたいなぁ娘に」とか、Nintendo64独自のゲームソフトにまで目が行き始める始末。

時代はとっくにPS2だし、次世代機モードだしの世の中なのに、どうも私の中では未だにNintendo64がベストチョイスらしいです。好きなんだなぁこれ。
10年ほど前にアニキから「どのゲーム機がいいの?」とお勧めを聞かれて「Nintendo64!」と力強く答えてその1年後には「お前の言うことなんか2度と信じねぇ」なんて力強く宣言されてしまった私ではありますが、やっぱり今でも「どのゲーム機がいいの?」と聞かれたら、同じことを返してしまいそうだったりします。

そんな今は、密かに64DDとそれ用の「巨人のドシン」が欲しかったりなんかして。
GC版であるじゃないか?
なんか知らんけど、プレイ感とか諸々がやっぱ別物なんですよね、不思議なことに。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ »

About モノ語り

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「モノ語り」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはつらつらと思うことです。

次のカテゴリはバイクです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得