Web連載更新チェックアンテナ

« CB1300SF に Givi 導入 | メイン | 南白亀川にてリベンジを誓う »

安物買いのなんとやら

vol0220.gif
使用期間とトナー残量は確認済みだったんですが、イメージドラムユニットにまでは気が回っていませんでした。というか、1年で2万枚近く印刷されてるとは想定外だった。
当然そうなると他の部品もそれなりに劣化しているわけで…。
やっぱり、「ハードディスクとプリンタとディスプレイは消耗品だから中古を買うべきじゃない」というのは真ですねぇ…。
でも、これがないととても手を出せないランクのプリンタだったから、「良いきっかけをもらった」と考えればいいんだよ!見た目綺麗だし!そうだそうだ!

ちなみに物自体の性能にはとても満足しています。自分の感覚ではじゅうぶんに静か。印刷も早い。ペーパーハンドリングも多種多様にサポートしていてかなりイカす。
そしてなにより印字品質が…
120514.jpg
これですよこれ。かなりいい。

多少ツヤのあるタイプなのが泣き所ですが、昔の「いかにもレーザー」というほどテカテカした印字結果ではなく、半ツヤっぽいレベルなのと、その分ベタが綺麗に出てくれることを考えればじゅうぶんに及第点。
当初は「ツヤなしのタイプがいい」と思っていたんですが、いくつか印字結果を確認してみた範囲では、軒並み「インクジェット黎明期の360dpiくらいの印字結果」に似た感じのディザパターンになっていて、おせじにも「綺麗」だとは思えなかったんですよね。
なんか荒い。

あ、今年の年賀状は普通紙ハガキで出そうかな。わくわく。

【 関連記事 】

コメント (1)

Ryuu:

SpyderStudio
http://www.datacolor.jp/products/displayandprinter/spyderstudio.html

上記製品を使用するとモニターと紙の調整がバッチリかも???
でも高いですね。(^_^;)

コメントを投稿

About

2012年5月14日 12:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「CB1300SF に Givi 導入」です。

次の投稿は「南白亀川にてリベンジを誓う」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加