Web連載更新チェックアンテナ

« 「ふひっ」となった瞬間 | メイン | まだ夏前なのに »

ギャング釣りでしめ、その後の食事タイムとか

120530.gif
ギャング釣りというのは、糸の先にでっかい錘(おもり)とでっかい針をつけて遠投し、それをずるずるひっぱってくる釣り(というか漁?)です。デカイ貝を捕りたかったわけですが、カレイなんかがかかってくることもあるらしい。

全部で4回投げました。
1投目はテトラポットまでひっぱってきてるの気づかなくてカコンとぶつけちゃって、何かひっかかってたらしいものはその拍子に落っこちて失敗。
2投目は1投目の反省から「慎重に…」とゆるゆる引いてきたら、足下のテトラポットの下にもぐっちゃって根掛かりで終了。1個だけ予備を持ってたので、仕掛け作り直し。
3投目は前2投の反省をもとに、近くまできたら巻き速度高めて引き上げるようにすることで成功。なんか貝が捕れた。りゅうじはコツをつかんだ!(ドラクエ風に)
で、4投目。よーしと気合いを入れて遠投かましたら、イラストのようになりました。

何ごともあれですよ。「慣れてきたなー」と思うあたりが危ないのですよ(なんか違う)。

というわけで、唯一捕れた貝がこちらでございます。
120530-01.jpg
ツメタガイというらしい。Twitterで教えていただきました。もちろん食う。

マテ貝の方はというと、けっきょく潮が満ち始めるまでの2時間弱を掘り掘りして遊んでたわけですが、それでだいたいバケツ半分くらい採れました。
120530-02.jpg
食い切れるか若干不安だけど全部食う。

この日の獲物としては、他にもおっきなバカ貝(アオヤギ)が10個程度、アサリが30個くらいで、シオフキも少々。ぜんぶ、マテ貝掘りしてたら、横からゴロゴロ出てきました。

で、帰宅後。カミさんに獲物を見せたら「でも今日の晩ご飯には無理だよ」と言われたので、とりあえず殻が割れてたりして翌日までもちそうにないやつをいくつか醤油かけて焼いてみる。
120530-03.jpg
ドキドキしながら食べてみたら、見た目グロいくせしてすごくおいしい。濃厚なアサリって感じの味。しかも身がでかいから食いごたえがありますこと。ちょっと固めに焼いたりするとツマミにすごくいいですよ、ぐびぐび。

こりゃうまいやってんで追加でじゅーじゅー焼いてたら、醤油のにおいを嗅ぎつけた子どもらが寄ってきて全部強奪されました。
みんなおいしいおいしいって食べてた。
砂抜きの不要な貝なので、採ったそばから焼いて食えちゃうってのは楽しいです。

翌日、半分はアサリとともにバター焼きにして、残り半分は外で炭火焼き。バカ貝やツメタガイさんたちは、軽く茹でて身を取り出し、酢味噌につけて食べました。
120530-04.jpg
ツメタガイは、食感はいいんだけど何の味もなく、あまりおいしい貝ではなかったです。

【 関連記事 】

コメント (2)

うまそー、くいたい!
マテ貝獲りビデオで見ましたがおもしろいですねぇ。

こちらアメリカなんですが、先日ダイビングで
アサリ獲りに行きましたよ。
一個の重さ950グラム、一日10個までの規制あり。
半端なくデカカッタです。
詳細はURLからリンクしています。

950グラムですか!でかっ!
外房の海岸で、たまに落ちてる化け物みたいなチョウセンハマグリがあるんですけど、それなら勝負できそうです。
よし、今度は外房でギャング釣りだ( ゚∀゚)o彡°

コメントを投稿

About

2012年5月30日 09:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「ふひっ」となった瞬間」です。

次の投稿は「まだ夏前なのに」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加