Web連載更新チェックアンテナ

« 液タブに装備させるキーボードをまたまた替えてみた | メイン | 潮干狩りに行ってきました »

Latitude 10用に買ったキーボードその後

130426.jpg
4月頭に購入したELECOMのTK-FBP037BKというキーボードですが、「そのうち慣れるだろー」と思ってたら慣れませんでした。あんまし使い心地良くない。あれれ。

まずトラックボール。
購入時にも書いたんですが、微調整がしづらいです。反応は悪くない。ただ、細かい場所を指すのが苦手。
んじゃ、指でいいじゃん…ってなっちゃったんですよねー。気がつくと指で画面をタッチするようになってました。

トラックボールがついてること自体はいいんですが、どうも場所が良くないようです。ボール位置、ボタン位置ともに、キーボードのホームポジションから手を離さないと操作できない場所にあるので、これを使って操作しようとすると両手ともホームポジションから手を離さなきゃいけません。
だったら指で操作するようにすれば、少なくとも片手はホームポジションに残しておけるわけで…、しかも細かいとこ指すの苦手だったらあまり指と比べても優位性がないわけで…。うーん。

あと意外に慣れなかったのがキートップの形状です。
なんか指のすわりが悪い。
130426-01.jpg
キートップが平らというよりもむしろやや凸状にふくれているので、なんかこう、キーボード上で指がリラックスできない感じがします。
そのせいか、タイプしてても妙に指が疲れる。あまり長文を打とうという気がおきません。

こっちのポケモンキーボードだとそんなことないんですよね。
130426-02.jpg思いのほか、キートップの形状というのは自分にとって影響が大きいみたいです。

なんにせよ、ポインティングデバイスは、ホームポジションから手を離さずに操作できないと意味ないねーという結論に達してしまったので、ここはやはりおとなしくLenovoの『ThinkPad Compact Bluetooth Keyboard with TrackPoint』を待ちたいと思います。それが出るまではポケモンキーボードと指でいいや。

早く出ないかなあ。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2013年4月26日 11:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「液タブに装備させるキーボードをまたまた替えてみた」です。

次の投稿は「潮干狩りに行ってきました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加