Web連載更新チェックアンテナ

« キタミ式改訂版とか税金本とか | メイン | 仕事場でヘリの騒音被害にあう »

今日のウンベラータちゃん

20141218.png
仕事場が殺風景なので、部屋の隅っこに観葉植物を置いてます。観葉植物とか買ったのは生まれてはじめて。肥料とかの売り場を見たのもはじめてづくしで、今までふれたことのないジャンルというのはそれだけでわくわくします。

仕事場を構えて最初の頃に、なんか植物でも置こーと思って、はじめに目に付いたのが無印良品の『レチューザに植えたウンベラータ フロアサイズLL』というやつでした。今見たらカタログ落ちしてたのでうろ覚えですが、確か24,000円くらいだったと思う。かっこいーとは思ったけど「買えるか!」とも思った。

これでウンベラータという植物を知って、あとレチューザなる底面給水鉢の存在も知って。じゃあ個別に買ったら安いかなーと思って通販漁ってみるも「結局レチューザって鉢が高いんだな」という結論に至り。じゃあもっとお安いのないかしらってことで、IKEA製の底面給水鉢を発見しました。レチューザなら1万円するけど、IKEAなら2,499円だひゃっほい。
その後近所のホームセンターで2千円ちょいで売ってたウンベラータを発見して、土買ってきて、我が仕事場にも目にやさしい緑がやってきたというわけ。10月半ばくらいだったかしら。

緑が入ると、「オフィス」って感じがするんですよねー。

底面給水鉢だと下に水をためておけるので、水やりは2~3週間に1回で済みます。楽なんだけどつまらん。しかも冬に入ってしまったので、どうもニョキニョキ育つという気配もない。つまらん。

飼い始めにいじりたがるとだいたい悪い結果につながる...というのはメダカで遊んでた時に身に染みたことなので、そこはぐっと我慢の子になって、朝出勤してきたら窓越しに日当たりの良いポジションへ鉢を移動するだけにとどめてます。IKEAの鉢は鉢の下にコロコロがついてるので、鉢の移動もやりやすくでいい感じ。無印のレチューザと比べたら質感に雲泥の差がありますが、うちの部屋は100均だらけのチープな中身なので、逆にIKEAのチープ感がマッチしてて複雑な気分だったりもします。

で、なんで今さらそんなものをブログに書いてるのかというと、毎日眺めてても変化がないので、定期的にウンベラータちゃんの身長でも測ってやれば「うひょ、育ってる」とか思えて楽しいかなーと思ったから。その前に枯れちゃったりして...という不安は隠せませんが。なんせ植物の面倒見るのはじめてなので。

というわけで、本日の身長は105cm。
天井に届くぐらいまで育つといいなあ。

【 関連記事 】

コメント (3)

I出:

観葉植物、いいですね~。

オフィスといえば、ウォーターサーバーと熱帯魚があればさらにらしさ満開ですね(笑)

cube:

冬はほぼ変化しないですが、
夏になると目覚めたかのようにニョキニョキ伸びますよー。

to I出さん
ウォーターサーバーいいですよねー。さすがに1人じゃいらないよなと断念しましたが、まだちょっと憧れてます(笑)
熱帯魚は手間かかりすぎるので却下で(^-^;

to cubeさん
それは楽しみですー。冬の間に根腐れさせたりしないよう気をつけます!

コメントを投稿

About

2014年12月18日 10:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「キタミ式改訂版とか税金本とか」です。

次の投稿は「仕事場でヘリの騒音被害にあう」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加