Web連載更新チェックアンテナ

« iPad Pro と PDF のコンビは校正作業が生まれ変わる (iPadPro雑感-その2) | メイン | iPadPro で行う取材フロー (iPadPro雑感-その4) »

iPad Proに比べてWinタブでPDFの校正作業が残念な理由 (iPadPro雑感-その3)

20160223.pngWindows側もアプリケーションによって多少操作性に差異はあるんですけど、やっぱり最初からタッチUIを前提としてるiOS系に、ピンチインアウトやパンの滑らかさはまるで敵いません。ページめくりのレスポンスもいちいち違う。指とペンを共存させる前提で考えられてるから、「ペンで描くには注釈モードに切り替えてから~」みたいな制限もない(ただしアプリによる)。

そこに加えてペンの精度や反応までiOS側が逆転しちゃったもんだから、もうこの作業に関しては勝負にならないという印象です。

Windowsだと高機能なアプリケーションになるとどうしてもデスクトップ向けになっちゃうから、マウス操作が前提の作りになってたりして、タブレットとの親和性が今ひとつなんですよね。

唯一の弱点である「iPad ProはCMYKに非対応」という点は、正確にいうと「iPad ProはAcrobat以外はCMYKに非対応」となります。だから受けとった書類の色確認だけなら、iPad Proでもできる。でもAcrobatだと注釈機能が弱いので、ちょっと校正には...使えないかなあ。

この点については編集さんと雑談した時に、「んじゃ最初からRGBにしたものをこちらで送りますよ」と言ってもらえてるので、そことやり取りする分には問題じゃなくなってます。

【 関連記事 】

コメント (2)

マイルドソフト:

iPADのそれは確か特許が絡むのでMicrosoftはWindowsに組み込めなかったと思います

Androidなんかも、それで苦心してましたよね確か。

コメントを投稿

About

2016年2月23日 21:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPad Pro と PDF のコンビは校正作業が生まれ変わる (iPadPro雑感-その2)」です。

次の投稿は「iPadPro で行う取材フロー (iPadPro雑感-その4)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加