Web連載更新チェックアンテナ

« chromecastが安売りしてたので無駄に買い込んできた | メイン | くしゃみ鼻水が止まりません »

人は引くわけにいかなくなるとひたすら前に進もうとするらしい

20161118.png
ずーっとこういう仕様のキーボードを待ち望んでたんですよ。なぜかBluetooth接続というとコンパクトさ有線で変則的な配列のものばかり。しかもテンキーつきのフルキーボードでならあるのに、テンキーレスだけがどうしても出てくれない。

なぜだああああああああああ...と思っていたので、9月にこれが発売された時は即座に飛びつきました。

あ、「即座に」ってのは嘘です。ちょっとためらった。だってお高いんだもん。当時使っていた黒軸のキーボードもダメになったスイッチを付け替えたりして現役バリバリだったし。

でも買いましてね、「今度はストンストンとスムーズな打鍵感が気持ちいい赤軸にしよう!」ってずっと決めてたのもあって、赤軸タイプのものを購入したんです。

あ、赤軸とか黒軸ってのはあれね、キーボードに使われているスイッチの種類で、色によって感触が違ってるんですよ。
こんな感じにキーキャップをはずすと出てくるスイッチに色がついてるわけです。

で、まあ、なんでこのスイッチが青いのかというと。

実は赤軸と青軸の2台を買っちゃったりなんかしてたりして...。

1個でもクソ高いのに2個...。

赤軸版を買って使っていると、どうもキーの感触が柔らかすぎて馴染めないところがあったのです。それでもしばらくすればなれるかなーって思ったものの、これがどうもしっくりくるところまでいかない。せっかくお高い金額出したんだから、そのオチは納得がいかない。新しいキーボードの素晴らしさに打ち震えたい。
そんな折り、ふと東京に出る用事があったので店頭で他の軸も試してみたら、青軸が昔の印象よりもがっちりしててなんだかとても打ち心地がよろしい。あれ実はこれが一番じゃないの?と思うと止まりませんでした。

でも不思議なもんで、家でタイプしてみると、新品で部品がなじんでないせいか、これまた店頭とはタッチが微妙に異なるんですよね。
気に入った方を残して他方を売り払えばさほど手痛い出費にはならんと思ったはずが、なかなかどっちがいいと決めきれない。決めきれないどころか、「いやこれ実は今まで使ってた黒軸タイプが一番バランス取れてていいんじゃね?」とさらに3台目をにおわす気配すら...。

普段だともう少し自制がきくんですけど、本当にこの仕様のキーボードを待ちに待っていただけに、「とことん気に入った品をゲットしたい」気持ちが抑えられないんですよね。この手の品はあっさり製造終わって廃盤になる確率もかなり高いし。
そう考えると予備としてこのまま持ち続けるという選択肢もありなんではないかという気すらしてきます。そんだけ待ち望んでた。キーボードだけは職業柄こだわりたいという気持ちもその思いに拍車を掛けます。

そういえばこのキーボードは、CapsLockキーをディップスイッチでCtrlキーに変更できるようになっていて、そのための替えキーキャップも付属しています。ところが青軸もそうしようと思ってキーを付け替えてみるとなんかしっくりこない。小指を伸ばした時に1mmぐらいキー面が高い気がする。
そう思って部品を赤軸と比べてみたら、実際キーキャップの形状がちがってて少し高くなってました。

左から赤軸の替えCtrlキー、青軸の替えCtrlキー、青軸のCapsLockキーになります。
こんなの赤軸と青軸両方買ったから気付いたけど、そうじゃなかったら気付かんわなあ。

上から見るとこんな感じ。

キーの反り返る角度が違うので、どうもまったく別の製品用が混入しちゃってたみたいですね。

あー、それにしてもどっちを残そう...。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2016年11月18日 18:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「chromecastが安売りしてたので無駄に買い込んできた」です。

次の投稿は「くしゃみ鼻水が止まりません」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加