Web連載更新チェックアンテナ

« KSR2のキャブメンテナンスできるかな! | メイン | 今度家を建てる時は絶対全館空調にするぞと誓いを立てた夏 »

『WILLGOOキャリングケース Apple pencilとアクセサリー用』を試してみた

20180723.png

 普段はボールペンや定規なんかと一緒に、普通のペンケースに入れて持ち運んでいるApple Pencil。このApple Pencil用に良いケースあるよ試しみてよと試供品をご提供いただきました。どうもペンケース自体に充電機能がついていて、Apple Pencilの充電ができるらしいのです。
 そういやApple Pencil使おうと思ったら充電が切れてて、まずはiPad Proに突き刺すところからスタートってことになりがちです。なので携帯しながら充電しておいてもらえるなら助かるなーと、品物の到着をわくわくしながら待つこと数日。

 届いたのは、随分とスマートなデザインのケースでした。パカッと開く蓋は電池でくっつくようになっていて、力を入れないと外れないけどいちいち爪を外す必要もないという小洒落た仕様になっています。
 内部はLightningケーブル(もしくはmicroUSBケーブル)とApple Pencil本体、予備のペン先、お尻のフタと充電アダプタが収納できるよう区分けされていました。

 USB Aポートと、バッテリインジケータが確認できます。microUSBポートは、このペンケース自体を充電するポートみたい。そりゃそうか、モバイルバッテリーみたいなもんだから、こいつ自身も充電しないとアカンわけだ。

 ではさっそくApple Pencilを収納してみましょう。

 あ、入らない。あまりに各パーツがおしゃれにピッタリ収納される作りとなっているため、持ち心地改善の必要にせまられてグリップを後付けしているうちのApple Pencilさんは残念ながら中に押し込むことができませんでした。いちいちグリップ外すのも現実的じゃないし、自分の場合は使うことができないっぽいです。

 あと、携帯しながら充電しといてくれるなら便利~と思ったんですけど、このUSBポートに充電ケーブルをさしてアダプタ経由でApple Pencilの充電を行う仕様らしくて、当然その間はフタが閉まりません。うーん、それは残念。

 Apple Pencil本体を収納するところは、うまくペン先を保持して先端がどこにも当たらないよう保護されていたりするので、そこらへんはいい出来なんですよね。

 Apple Pencilを素のままで使っていて、アクセサリ類をスマートに持ち歩きたい人には合っているのではないでしょうか。自分は仕方ないので、相変わらずペンケースに雑に放り込んで使い続けることにします。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2018年7月23日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「KSR2のキャブメンテナンスできるかな!」です。

次の投稿は「今度家を建てる時は絶対全館空調にするぞと誓いを立てた夏」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得