Web連載更新チェックアンテナ

メイン

カメラ

20140114.png
かっこよくなったと思うんだけどなあ。

というわけで、家族に理解されなかったRX100の仕上がり写真がこちら。
レトロでかつおっさん臭い感じがお気に入り。
グリップを貼るのと悩んだのですが、ポケットにつっこんだ時のおさまりの良さを優先させました。

ちょっとレトロな感じで、かつ使い古してボロさが出てきた時に、良い味が出てくれればいいなーと思ってます。なので、へんにおしゃれな色を狙わずおっさんっぽいチョイスにしたのが理解を得られなかった点なのかも。
一応本革製なので、良い味になってくれる...はず。
左サイド拡大図。
貼り革キット自体の作りはすごく良く出来ていて、採寸がきっちりとられているので、レンズのカーブに押し当てながら貼れば、まずズレることはありません。ストラップ穴が左右とも...
右サイド拡大図。
きっちりよけられていて、マイクロUSBポートの蓋にも一切干渉なし。でもギリギリまで覆ってくれてるので、あまり浮いた感じもない。

今回使った貼り革キットは、こちらの『ブラック・リザード(牛本革)』という品です。送料込みで1,600円とリーズナブルだし、振込前にさっさと発送してくれるとか、すごく対応のいいお店でした。おすすめです。

ちなみにRX100にはZEISSのロゴが筐体にあるのですが、さわってみたらロゴ用に凹み加工すらないただのシールでした。なので、すっぱり剥がした上でこの革キットを貼ってます。

ずっと気になってたRX100を買いました。半分以上勢いだったけど後悔はしてない。
そんなわけで「お正月セールでいろいろ買っちゃったぜ」第一弾は、ソニーのDSC-RX100というデジカメ。ずっと前から気になってはいたんですが、なかなか踏み切れないでいた品です。近所のキタムラで福袋に入ってて、8GBのメモリカードとカメラポーチ、あと写真無料券とかがついて4万円だったのでたがが外れました。
メモリカードは「8GBぽっちじゃなあ」と気に留めてなかったんですけど、SanDisk Ultraが入ってましたよ。ちゃんとしたメーカーの(そこそこ)速いやつだ!だったら3DSに使おうとか思った。お得なパックでした。

メイン用途はお散歩カメラです。特にバイクといっしょに持ち出すのが主。
それ用には同じくソニーのDSC-HX30Vというカメラを使っていたのですが、色の浅さと輪郭線がぞわぞわするネムい画質に我慢できなくなりました。

購入にあたって、自分の中にあった条件としては、まず画質。あと操作性でした。
特に手持ちの一眼レフカメラになれてきたせいで、最近は日常的に絞りと露出補正をいじるので、ここが気軽にいじれないと困る(場合によってはISO感度とシャッタースピードも)のです。
しかしそこはさすがに画質重視をうたうカメラ。めっちゃ高い製品は別として、コンデジでそこまでいじれるのって少ないよなー...と不安に思う気持ちをあざわらうレベルのインタフェースが用意されててちょっとびっくりした。すごいなこれ。
ダイヤルを回して絞りやISO、露出補正が調整できます。
まずメインとなるのは筐体背面のダイヤル。直接回すと、その時のモードに応じた値(Aなら絞り、Sならシャッタースピード)が変化します。

さらにレンズ根元にコントロールリングなるものがあり、ここにも機能を割り当てることができます。とりあえず露出補正を割り当ててみました。
レンズ根元のコントロールリング。マニュアルフォーカス時には、ここでピントあわせを行います。
コンデジなのにダイヤル2個で設定いじりまくりだすげえ!とか、マニュアルフォーカス時には、ピントあわせリングに化けるよこれ、コンデジのくせして、マニュアルフォーカスもけっこう使いやすくてすげええ!とか、テンションあがりまくり。これでレンズシャッター付きの沈胴式ズームレンズまで積んでるんだもん、すごいよなあ。

前述の背面ダイヤルは十字キーにもなっていて、その上下左右に機能を割り当てることができます。あと、Fnボタンにもいろいろ割り当てができる。なので2アクションかかっても良ければ、あらかたどの設定にもたどり着けます。

筐体は底面以外アルミ製っぽくて、持つと意外と重量感があります。
DSC-HX30Vとの比較。
HX30Vとの比較だと、体積的にはRX100の方が小さいんですが、持った時の重量感は明らかにこっちが上。HX30Vはプラスチック筐体なので、その差なんでしょう。画質はイヤになりましたが、持ち心地とか全体の印象はHX30Vも嫌いじゃないです...というかむしろ好きかも。
RX100はあまりにのっぺりとしていて、手がすべって落っことしそうな怖さがあるんですよね。

んでもって購入日の夜、近所のレストランで何の気なしに撮ってみた写真がこちら。
ボケや色の深みもそうなんですが、キャンドルのガラス容器と、右下端のスプーンの柄。このへんの解像感はHX30Vでは得られなかったなあ。
解像感とかボケ具合とか色の深みとか、こりゃHX30Vでは撮れないやーってのが普通に撮れて思わず笑っちゃいました。なにこれ違いすぎる。

あらためて、これはコンデジ枠じゃなくて、「一眼レフのサブカメラ」なんだなーと思ったりしたのでした。
買ってよかった!はやくバイク乗ってあちこち行きたいです!

100831.gif
フォトキナというのはあれです、9月下旬に行われる世界最大の映像機器見本市のこと。当然これにあわせて各社新型モデル出してくるだろうから、それをひと通り確認し終えるまではやっぱり待ちたいのココロ。

で、はやる気持ちをおさえるためにと、近所のヤマダ電機行ってカタログもらってきました。

そうそう、「今このカメラが欲しくてー」ってカミさんに見せたら「あんた最近SONYばっかだね」とか言われました。
考えてみると夏前に買った防水コンパクトカメラSONYのだったや。
夏のボーナスで買おうと言ってたビデオカメラもSONYだったし、リビングにネットワークメディアプレーヤーが欲しいんだ地デジも録画したいんだと言って「買っていいよ」と許可もらってAmazonのバスケットに放り込んでなんとなく購入ボタンポチリ待ちしてるPS3もSONYだった。

なるほど、確かにSONYづいてるなー。
もっとも、SONY以外のもんも色々買ってる気がするんだけど、反論したらヤブヘビになりそうなので黙っておくことにした。

100830.gif
もともとのはじまりはTwitterでした。知人が「SONYのNEX-VG10のプロモビデオすごい!」って言ってて、確かに最近の一眼レフで撮る動画かっこいいよなぁとか思ってたんでさっそく見てみたらそりゃもう鼻水出るレベルで「すげー」と。

とうとう家庭用ハンディカムもレンズ交換式で来たか!と。
んじゃこのマウントで互換性あるやつってなによ!と。

興奮しながら見てみたら新しいNEX-3/5のシリーズだけの互換だったので、なんか急速にしぼむものを感じて、「僕は今のK100Dでレンズも買っちゃったから、おとなしくK-7の後継であろうK-5を待つですよ」と心に決めていたんです。

そしたら先週末に「ハートランドビール好きな人が集まってハートランドビールの生をぐびぐび楽しむ会」なるものにお出かけしていったら目の前にNEX-5が...。さわらせてもらったら、これがもういいのなんの。
特に「本体なんてレンズのおまけですよ、えらい人にはそれがわからんのですよ」とでもいわんばかりの「本体からはみだしちゃってるレンズマウント部」がもうさいこーにいかしてる。

久しぶりに、「あ、ソニーだ!」と無性に欲しくなる製品でした。
カメラ極めるぜって人には向いてないと思うんだけど、「一眼レフのボケとズーム、シャッターレスポンスを捨てたくはないんだけど、本格的にあれを持ち歩くほどカメラを追求しそうにない」という層にはすげービシバシはまりそうな。そして、それ以外のユーザをズバッと切り捨てた感が超ステキ。

久しぶりに、「あ、ソニーだ!」と無性に欲しくなる製品でした。
あれ、言いましたっけ?
まあとにかく久しぶりに、「あ、ソニーだ!」と無性に...、無性になのですよ!

1 2次のページ »

About カメラ

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「カメラ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは液晶タブレット・ペンタブレットです。

次のカテゴリはソフトウェアです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得