Web連載更新チェックアンテナ

« 広島~名古屋と講演行脚ってきました | メイン | Illustratorで痛し痒し »

どがしゃんと泣く

070614.gif
今日は千葉駅近辺で打ち合わせ。

天気予報では雨となっていたものの、空を見る限りはなんとか打ち合わせ終了まで持つかな~って感じだったのと、「向こうに着くまでもってくれれば、帰りはカッパでもなんでも着て帰るからいいや」なんて開き直りもあって、バイクでへへいと行ってまいりました。もちろん先日発見した駐輪場を使うつもりです。

で、少し道を間違えながらも普通について、普通にとめて、普通に打ち合わせをして、普通に小雨のパラつく中帰ることになりました。

駐輪場内で切り返して少し細まった出口に向かうと、その正面には生け垣があって車道に出ることができません。どうもちょっとだけ歩道を右もしくは左に移動してから出る必要があるらしい。4輪の駐車場ならまずあり得ないつくりです。
そんなわけで、やや上り勾配のついた出口付近で一時停止して、「んじゃ左側から出るかぁ」と決めて、歩行者がいないのを確認して発進…と同時に左へハンドルを切りながら車体を傾けた時のこと。

プスン…と。

「え?」って感じ。
「ヤベ」でも「うそ!?」でも「うわ!?」でもなくて、「え? なんで?」って感じ。

エンジンが止まっちゃったんです。

曲がろうと傾けたバイクが突然駆動力を失ったらどうなるかっつーと、そりゃもうそのままパタンと行くしかないわけで。なにより「なんで止まっちゃったの?」と頭が不思議不思議モード全開になって、そのことに囚われてしまったきりだったので、「支えなきゃ!」と反応する間もありませんでした。

こうしてウチのバイクくんは、オーナーの意向に依らず、またもやリヤカウルを少々軽量化してしまいました。今回タンクは無事だったんですけども、その分リヤがざっくりいった。削れた…というレベルじゃなくて、えぐれました。

エンストしちゃうってのが、自分の中では「今さらあり得ない」ってことだっただけに、なんでまたこんなことにと、未だに頭の中ではハテナマークが踊っています。なんでかなぁ。あのタイミングでエンストするってんなら、今までにも散々してるはずだろーにというほど、ごくごく普通の発進だったんですけども。雨だったから、とかなんかそーいうのがあるのかな。うーん。

ただあれですよ。
前回ズッコケた時は、さっと自分で車体を起こせなかったのがかなりショックでした。しばらくずっと、「なんで起こせなかったのか」「どう力を入れるべきだったのか」ってぐるぐるぐるぐる考えてしまうくらいにショックでした。
その甲斐あってか、今日は普通に起こせました。その点には進歩が見えたのが、本日ただひとつの救いです。

【 関連記事 】

コメント (7)

金次@遊び人:

それは悲しいですね。
心中お察し致します。
僕も三月にやっちゃいました。
家を出発するときに
右に切ったまま微速前進のつもりがエンスト→ガシャン。
僕の場合、右足にzep1100が乗っかると言う
オマケ付きで腫れが退くのに数週間かかりました。(涙
バイクのキズは右ミラーのカバープラスチックが割れたぐらい
なので精神的ショックは少なかったんですけどね。
僕の時は
暖機が足りなかった為なんですが
きたみさんのはどうなんでしょうかね?
一度、チェックしておいてもらった方が良いかもですね。

だめだめ:

そうですね、駐輪場の出口付近はライダーには優しくできてないことが多いですね。そのために歩道を走って捕まった知人がいます。それは避けたい。だから、絶対やらないようにしています。
でも、雨で冷えてたんですかね?スクーターでも、暖機が短いとエンストします。スクーターのくせに(--メ

雨の日っていうか晴れの日もそうですけど、
ビッグバイクは排気量が大きい分抵抗も大きいので、エンジンが温まるまでは簡単にプスンといいますよ~。
なので、5分暖気は必須かもしれません。
今はなきうちのバイク(ZX-9R)はそうでした。
そして、超低速走行時はどうしてもエンストしやすいので、リアブレーキをかけながらアクセル回し気味で低速走行するとかなり安定しますよ。
前に進む力と、ブレーキの力で、車体が立とうとするので、寝かしこんでもアクセルを緩めたりクラッチを切らなければ、寝かしこんでも倒れません。
どこぞのサーキットのライディングスクールで教えてもらいました。
そうすると、スーパースポーツでも超低速で2車線の狭い道路でもUターンできたりします。
お試しください。
慣れるまで怖いので、お気をつけて。

Turkey:

きたみさん、
また、やってしまったのですね.
心中御察します.
自分の愛車の性格と思うしかないですね.

私のRX-7(ミシガン輸入第一号車)も、エンジンが温まらないと信号でいきなりエンストします.
FD3のRX-7の持病とあきらめています.

皆さんコメントありがとうございます。
総合すると、「暖気不足だった」につきるみたいですね。

いい勉強だったと思って、以後はちゃんとしっかり暖気するように気をつけます。しくしく。

しかし腰が痛いです。しくしく。

うわっあ~、偶然・・・
ついさっき、走り慣れた通勤時で、転倒したばかりでして。

何度も曲がったことのある右折だったのにですが・・・

今は、傷の手当てをして・・・(腕に軽い擦過傷)
めちゃめちゃブルーな気持ちで、WEBをボチボチと見ていたところでした。

カウルが逝くとショックですよね~、お財布にも優しくないし・・・私の場合は、右カウルとフロントカウルに傷が入ったので・・・100kコースっぽいです(泣)

ではでは

tomo-u:

うわ~悲しいですね。
私も新車2カ月でコケたことがあるので、お気持ちお察しいたします(カウルが割れました (T_T).)。
でもケガがなくて不幸中の幸いでしたね。

まなぶさんも書いていらっしゃいますが、極低速での走行ではリッターバイクでも簡単にエンストしてしまうことがあります。

これはインジェクションの排ガス規制対策のため、極低回転域では燃料が大変薄くなっているためだとバイク屋の社長から聞きました(キャブ車の方が低速は粘るそうです)。

ですので、極低速では半クラ+アクセル多めに開け+リアブレーキで気を遣ってやる必要がありますね。

私も、これに気をつけてからはコケなくなりました。
あとは不安に思ったら、面倒でも一度降りて押して移動することを心がけています。
特にUターンは無理せず降りて押すことにしています。
面倒くさいですが、これが一番確実なのかもしれませんよ。

コメントを投稿

About

2007年6月14日 18:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「広島~名古屋と講演行脚ってきました」です。

次の投稿は「Illustratorで痛し痒し」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加