Web連載更新チェックアンテナ

« 息子のマラソン大会 | メイン | 2月14日はバレンタインデー »

Western Digital社のRMAを利用してみた

120214.jpg
昨年末にぶっ壊れてくれたWestern Digital(以下WD)のハードディスク。
そのまま年末の大掃除でゴミ箱行きにするつもりだったんですが、ハタと「そういえばWDのHDDって、RMA(返品保証)って保証がついてて交換してくれるとかなんとか聞いたことあるな」と思い立ちまして。Google先生にお伺いをたててみると、確かにそういうのがあるっぽい。しかも保証期間が2年とか3年とかあるっぽい。

これはひょっとしていけるんではないか?

そう思い、ダメ元で交換保証に申し込んでみることにしたのでした。

Google先生に「WD RMA」とか入れてみると詳細な手順が出てくるのでそのへんはカット。
ざっくり手順を書くと、「エンドユーザー向け保証確認」ページでHDDのシリアル番号を入れて、RMAの申請。指示通りに梱包してシンガポールに送りつけると交換品が送られてきますよ~という段取りになります。

というわけで、指示通りに梱包してみましたよの図がコチラの写真。
120214-02.jpg
HDDを静電防止袋に入れて、箱の中で動くことがないようプチプチでこれでもかってくらいにぐるぐるぐるぐるぐる巻きにして、箱の3面に指示されたバーコードラベルをペタリ。どう見ても丁寧さのかけらもない梱包になっているのは「どうせゴミだから」という気持ちのあらわれです。

これを郵便局に持ってって「一番安いやつで送ってください」というと「2千いくらいくらです」と言われてびっくり。確かWebで見た情報だと800円前後だったはずなんだけど…。
そう思ってうろ覚えの「なんかSAL便とかいうのだと安いって聞いたんですけど」と言ってみると「SAL便でも保証つけると逆に高くなるんですよ」と言われたので、「保証もなんもつけなくていいので、とにかく一番安いので」と言ったら800円ちょいくらいの送料で送ることができました。
中身は2万円くらいの品って書いてたから、「本当にいいんですか?保証ないですよ?(高価な品なのに…)」と心配されましたが、いいんです、どうせ捨てるつもりだったんだから。

で、たいして期待もせずに、うまくいったらめっけもんくらいの気持ちでRMAステータス画面をちらちら見てると、年が明けて2週間くらい経った頃にステータスが「受領しました」に変わり、さらに待つこと3週間…。

2月頭に、無事届きやがりましたですよ。
120214-04.jpg
うおーすげー、あきらめないで送ってみるもんだ。「買い直すにも今HDDたっかいからなー」と困ってたとこなので、これはすごく助かります。

ちなみにこんな箱に入って届きました。さすがにお手本のような梱包っぷりです。
120214-03.jpg
またHDD壊れることがあるかもしれないので、この梱包セットはその時のために残しておきたいと思います。
購入する時はぜんぜん意識してなかったけど、RMAってすごいな。

【 関連記事 】

コメントを投稿

About

2012年2月14日 21:28に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「息子のマラソン大会」です。

次の投稿は「2月14日はバレンタインデー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加