Web連載更新チェックアンテナ

メイン

Kindleダイレクトパブリッシング

20170405.pngePubでもまんがを差し込んでるページは大丈夫だったんですけど、章間のコラムとか章扉とかが壊滅的だったんですよねえ。

...というわけで、過程を含めて書き留めとかないと忘れちゃいそうなので、だらだらとしばらく続きます。

20170404.png
この話→「Amazonのワールドワイドっぷりを舐めてましたなという話」の続報です。
あっちの銀行は簡単に預金封鎖しちゃうとかもあるみたいだから、勝手がわからんまま大きなお金は怖くて置けないです...。

30270403.png連日Kindle本のことばっか書いてますけど、基本的に自分で宣伝する以外宣伝してもらえるわけじゃないし露出もなっしんぐなので、「ああ、これもKindle本出版活動フローのひとつなのね」とニヤニヤ観察いただけますと助かります。書いてる方は、手刷りして手売りしてる気分でけっこう楽しんでます。

そんなわけで、出してみて意外だったのが「Kindle本はあらかたどの端末でも読めますよ」ってことが案外知られてないんだなってことでした。電子書籍自体に興味を持ってなかった人からするとそりゃそうなるのは自明の理なんですけど、自分がもう「家族で回し読みする本以外は基本的にKindle本を買う」だったものですっかり普及してる気分でいたんですよね。

本棚を増やしても増やしても埋まっていくので、「わざわざ自分でバラしてスキャンしなくても所蔵しておける」って一点で、もう自分にとって電子書籍はなくてはならないものになってたり。便利ですよ電子書籍。



追記)
最初にアップロードした記事に間違いがありました!
Amazonプライム会員であれば月に1冊無料で読めるオーナーライブラリー特典を使って読むことができる=「無料で読める」というつもりで書いていましたが、この特典を利用するためにはKindle端末が必要となります。
また、Kindle Unlimitedサービスの読み放題対象に入っておりますが、このサービスには別途利用料が必要となります。
勘違いから誤解を生む記事となってしまい、申し訳ありませんでした。

20170331.png
いつの間にハワイで銀行口座作ったのかというと、以前やった短期連載にその模様が書いてあるのでこちらをどうぞ...と。
...>「第4日目(その2) ハワイの銀行口座,ゲットなるか!?」

この記事を書いたのが2015年4月1日のこと。ちょうど2年前になります。計画自体のスタートはさらに半年ほど遡って、初めてレース応援でアメリカに行ってきた2014年の帰国後のこと。そこからじわじわと機会があればちょこっとずつ準備を進めていたのです。

が、

Amazon自身のワールドワイドっぷりを舐めてた。まさかアメリカ国内の口座で支払を受けるのすら海外送金扱いになるとは予想外過ぎました。

とりあえず口座を作ったハワイの銀行にその場合の手数料を問い合わせてますが、それ次第では素直に日本の銀行へと入金してもらった方が良いってことになりそうです。日本だと日本国内にある支店からの振込になるらしくて手数料かからないんですね。ただ、その場合は「円で」ってなりますけど...。

そんなわけで今はおとなしく回答待ち。ワールドワイドビジネスマンごっこ遊びみたいなもんなので実害はないんですけど、なんか残念です。

20170330.png
昔Clubmanって雑誌のWeb媒体でやってた4コマ連載に、ちょこちょこ書き足したり修正入れたりして本にまとめてみました。大型免許を取得しに教習所へ通ってた時のあれやこれやの漫画です。どうかよろしくお願いします。

と、まずは宣伝からでした(笑)

電子書籍...特にAmazonのKindleダイレクトパブリッシングについては、ずっと試してみたいと思っていました。それは「今後絶対に無視できない流れのひとつ」というのもあるし、「出版社に依らない収入の世界を持っておきたかった」っていうのもある。
やっぱフリーランスしてますと収入の道筋を分散させておきたいって気持ちは常々持ってるんですよね。これをそのひとつにできるとは(自分の作家性的に)必ずしも思ってないですけど、とにもかくにも実験してみないことには始まりません。だから、ずっと「とにかく試してみたい」と思ってました。

意外だったのは苦労した点。
一番苦労するのはコンテンツをInDesignでまとめる装丁まわりかと思ってました。使ったことのないソフトだし、作法も今ひとつわかってません。で、実際そこも苦労したんですけど、「PDFができたー、よっしゃあとはもう楽勝だろー」って思ったらそこからがややこしかった。

PDFを一発で電子書籍のフォーマットに変換してアップロードしたらはいお終い...とはならないのね。変換ツール自体はあるんですけど、出来上がったファイルを見てみたら章間コラムの字体は崩れるわ何故かiOS用の変換がエラーで中止しちゃうわってのを皮切りに、「それを超えたらまたこれが」「それも超えたら今度はこれが」って感じでまあ次から次へと壁が出てくること出てくること。どこの戦隊ヒーローものだよ!って感じに次から次へと新たなる敵がですね...。

そのへんをどうしていったかについては、自分へのメモ書きがてら、順次まとめて行きたいと思います。

そうそう、今回1冊まるごと装丁を完了させたことで、かなりInDesignの勉強になりました。KDPも含めて「これはできる」「これはできない」が自分の中ではっきり噛み砕けたことは良かったと思ってます。
...と同時に、「装丁の人に今までど汚いデータを送りつけていて申し訳なかった」と反省したりも。

自分が普段担当している視点とは別の角度から仕事を眺めることができるいい機会ですね、KDPって。

1 2次のページ »

About Kindleダイレクトパブリッシング

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「Kindleダイレクトパブリッシング」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは書籍です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加