Web連載更新チェックアンテナ

メイン

パソコン

080111.gif
通販でポチリとしたマザーボードが到着して、筐体をあけて組み直して、一通りドライバの導入も終わって「よっしゃ直った」と思ったら、しばらく使った後再起動した途端にWindowsログイン時落っこちるようになって途方に暮れ、半泣きになりながらなんとか原因を突き止めて解消して「よっしゃ今度こそ」と思ったらサスペンドができないマシンになっていて…。

覚悟を決めてイベントビューアで起きてるエラーをいっこいっこ潰していったら、ようやくフル機能がちゃんと使えるパソコンが我が手に戻ってきてくれました。
というかですね。
「これを期に」と中のパーツ構成を見直してたら、入れる場所がなかったはずのTVキャプチャボードが使えるようになり、サスペンドからの復帰後に若干動作があやしかったはずのワイヤレスマウスが鉄板の動作となり…と、けっきょくトラブル前よりも使い勝手のいいマシンに仕上がってくれてたりして。

むぅ。

終わりよければすべて良し、なんですけど、今年は年初からそんなことが多すぎる気がします。ちょっとバイクの修理をと思ったら固着したピストンに泣きかけたり、ちょっと部屋に服掛けがわりのワイヤーを張ろうとしたら不良品にあって泣きかけたり、鍵を落としたり、革ジャン破けたり…他にも色々ありまして、なにかにつけてスムーズに行きゃしない。たいてい諦める寸前まで苦労するんです。
でも、最後にはなんとかなってくれて、しかも上々の仕上がりだったりするんですよね。

さて、年初からよろしくないな…というのはパソコンのことだけでなく、仕事面でも少し怪しげな雲がモクモクと頭上を覆い始めてたりいたします。自分のコンテンツに対して不満足どうこうという話ではないのが不幸中の幸いですが、周辺の事情にもまれて少しやばそうな気配がですね、ごにょごにょと。

一年の計は元旦にありというわけなので、多分今年は仕事に関しても「泣きそうになって、諦めかけるくらいに苦労する」年…になるのかなぁという気がしてきています。
でも、「最終的には前よりもよい状態が作れている」パターンでもあるみたいなので、くじけず投げ出さすに苦しい時期を乗り切れば、ちゃんと良い年の瀬が待っててくれるのかなぁ…とも。
きっとそうだ。そうに違いない。

つか、そう思わんと前途多難すぎてイヤになりますわね。

そんな一年のはじまりではありましたけども、それだけというわけでもありません。
子どもと遊ぶ時間に関しては、ちゃんとみっちり邪魔もなく楽しめたんですよね。しかも結構ハードに遊んでたけど、怪我ひとつなかったし。その点では、よい一年のはじまりでした。

つまりあれか、「家族に累は及ばない。ただし自分は苦労する年。それで諦めなければ良い年の瀬が迎えられる…はず」となるわけか。
考えようによっちゃいい年なのかな。うん。

080108.gif
マザボが逝かれてたってんで同じ奴を買い直してきて難を逃れた…はずだったマイPCくんですが、一夜明けたらまたお亡くなりになりました。いきなりバツンといって落ちたと思ったら、電源ボタン押してもうんともすんともいいやしない。

昨日の夜、電源ボタン押したらBIOSのPOST画面に行く前に延々リセットを繰り返すというリセット病の気がちょっとだけあったんです。気づかないふりをしていたんですが、その優しさには気づいてもらえなかったようです。

使ってるのはGA-G33M-DS2Rというマザーボードなのですが、実はこれ3枚目なんですね。最初の一枚目もやっぱり1日持たずにリセット病を発症して、電源が不足してんのかなぁと電源を新調してみるも症状に変化なし。ショップに持ち込んでみたら「症状が確認できた」とのことで初期不良交換になりました。で、今度のは安定して使えてたんですが、年初にご臨終。半年ほどの命でしたよ…と。

そんで今回。
さすがにこうなると、こちら側の環境に問題があるんだろうなぁ。このマザー自体の評判は悪くないみたいだもんなぁ。

今回のはちょっと違うケースですけど、これまでの2枚はいずれも「普通に使えてたんだけどなんかの拍子に再起動したら、そっからリセット病にかかって再起動不可になる」という症状なので、熱暴走というのも考えづらいし。なんだろなぁ…と。

あんまし深追いしてると新年早々締め切りがやばいことになっちゃうので、とっとと見切りをつけてASUS製のマザーボードに切り替えちゃうことに決めました。すでにポチリと通販で注文済み。

相性がどーたらとか言いながら、うっかりグラフィックボードまで新調しようとしかけたのは内緒なのですよ。

ところで、さっき何の気なしに電源ボタン押したら、今度は普通に立ち上がりやがったのでありますが。これはいったい何の罠にはめられているのでしょうか。

080107.gif
マザーボードが逝ってました。しくしくしく。

070831.gif
結論から言うと、今回のパソコンのリプレースは大正解でした。すんごいの、ぜんぜんちがうの。

旧機種はAthlon64 X2 4400+というCPUを積んでました。これがロースペックだとはぜんぜん思ってなかったのですが、IllustratorCS3になってから、ブラシを使ってぐりぐり線を描くと、「ブラシに筆圧が反映されてない線が描かれる」→「ブラシストロークに筆圧が反映される」→「カラー設定にしたがって、色調が調整される」という一連の流れが見て取れてしまってました。処理が追いついていないのかストロークの取りこぼしも頻出していて、スイッと素早くペンを動かすことが難しくなってたのです。
自然とそんな動きではストロークが死ぬ場面も多々出てくるわけで…。

特に透過設定をしてたり、アピアランスというオブジェクトの属性設定を付加してたりすると「もうアカン」でしたね。そんな時は、描画してる範囲以外を一時的に非表示にしたりとか、そういう苦肉の策を弄しながら、なんとかかんとかやりくりしていたのです。

これがね、今回「Intel入ってる」にしたんですけどね。Core2DuoのE6750という奴に変えたんですけどね。
もうアナタ、これがやたらめったら効果テキメンで、上記のいやんな現象は軒並みピタッと出なくなっちゃったのです。スイスイ描けちゃって、やたらめったら気持ちいい。

Illustratorの方も、CS3になって(若干文字まわりでバグを見つけることはありつつも)UI周り含めて落ち着いた…という印象がありますし、当分はこれで「バランスの取れた組み合わせ」として長く使い続けていこうかなぁと思っています。なんかソフトの重さとハードのパワーがちょうどよくバランス取れてくれたって感じなのです。

あ、ただちなみにですね。CPUに関しては「少しでもレスポンスを快適に」とするために、少々オーバークロックしてたりします。どうしよっかな…と悩んだのですが、猛暑の中、一晩中負荷試験やってもびくともしなかったので、まぁ大丈夫だろうと。

本来は2.66GHzで駆動すべきなこのCPU。我が家では、3.2GHzでがんばってくれてます。
昔はオーバークロックのためにCPUの殻を割ったりして遊んでたりもしたものですが…。何年ぶりだろうなぁ定格以外で使うのって。

070830.gif
作業環境をIllustratorCSからIllustratorCS3に変えたら、すんごくブラシのレスポンスが悪くなりまして。とはいえCS3の方で「うお、これ便利だ」と実感するところがそれなりにあり、明らかにこっちの方が手になじむ感しであったもんだから、「もう引き返せない」ということになりまして。

そんなわけで、久しぶりにメインPCを新しく組み上げてみました。少しでもブラシのレスポンスを向上させることができれば…と、半分はもう祈るような気分でしたけども。

んで、どんなPCにしよっかなーってことで、まずはハコ。最近はもーそうそう中をいじることもないし、マザーボード側にのってるPCIバスの数も知れたもんなので、これはもうMicroATXでいいんじゃないかと。それで、机の上にちょんと置けるといーなーなんて思いました。

そんな案配に候補を絞りつつ、カラーリングとか見栄えを色々考えて、結局買ったのがアルミの黒いMicroATX筐体と、アルミアルマイト処理で赤く塗られた5インチベイのベゼル。頭の中では、「iPod U2モデルみたいな仕上がりになるぞ、かっこいいに違いないぞ」なんて思っていたものです。

で、今机の上で鎮座ましましてるこ奴を見る限りですね。

「かっこいい」ことはないな…と。

むしろ赤いベゼルだけが妙に浮いててかっこわるいんですよね。
ワクワク感がすごかっただけに、やたら裏切られた気分があってたまりません。なにに裏切られたって、自分自身に裏切られた感がすごくてやたら残念。オレのセンスはこんなに残念な奴だったのかと。

いや、まぁ…うん。あー…、薄々気づいてはいましたけども。うん。

細かなスペックとか、IllustratorCS3への効果はどうだったかなんてのは、また明日。

1 2 3 4次のページ »

About パソコン

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「パソコン」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはタブレットPCです。

次のカテゴリはキーボードです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得