Web連載更新チェックアンテナ

メイン

MOTO GUZZI V7 STONE

20161108.png
うちのMOTO GUZZI V7には、ホンダ純正部品を流用してグリップヒーターをつけてます。グリップが缶コーヒーみたいにあったかくなってくれる嬉しアイテムで、冬の必需品。前車のCB1300SFでも1個前の型のをつけて重宝していたので、「こりゃもう手放せない」と新車購入時に最初からつけてもらってました。

1個前の型の奴は少しグリップが太くなるのでちょっと野暮ったい印象だったんですけど、今の型のはすっきりスマートな作りでしてね。標準のグリップと比べても太くならないんですよ。これがすっきりした車体のV7にも合うと思ってこの型にしてもらったんですね。

ところが久しぶりに冬グローブで乗ってみたら、これがあなたツルツル滑る。
「怖い」ってのは言い過ぎですけど、単純に楽しくない。だって握りをリラックスさせたらするんと滑ってアクセル戻っちゃうんだもん。意識して握りこんだら当然力が入りすぎになって動きがスポイルされる。
あれー?昨冬まではこんなことなかったよね?

気になってググってみたら、同じように「滑る」と書いてる症例が目白押し。どうもグリップを細身にしてやるためにゴムが薄く固くなってるみたいで、それが経年劣化するにつれて「滑る」という結果につながってる様子です。グリップヒーターの効力を最大限に発揮するためには、グリップに凸凹を持たせず手の平との接地面を増やす必要があるだろうから、その形状もマイナス方向に働いてるんでしょう。

確かにグリップを見ると、硬化したタイヤ表面に似た感じの印象を受けるんですよね...。

夏場は決まって薄手の革手袋をしていたので、それだと滑らないんでしょう。全然この状態に気付きませんでした。
冬グローブに替えてファブリック地の表面生地になるとまあ滑る滑る。

グローブ新調するにしても、どれなら滑らないものか...困ったなあ。手持ちのグローブに、なんか滑り止めスプレーでもぶっかけて回避できないものかとお悩み中です。

20160412.png
いつの間にやら「ご年配」の仲間入り!

20160318.png
この問題は納車後すぐくらいからずーっと引きずってたもので、今にして思えば一番最初に起きたのはこの時のこと。
サイドバッグの穴をふさぐのだ

ここでO2センサーにエラーが出ていたので、それがずっと引っかかっていたというのも今回の話につながるもとです。
ちなみにハンチング動作については、以下の記事でふれています。
ラフまんが 「MOTO GUZZI V7 と ハンチング」
ラフまんが 「MOTO GUZZI V7 の ハンチングその後」

ディーラーの方でどのようなチェックをしてくれたかというと、まずはアクセルまわりとか基本的な機械部分をひと通り検査してくれて、その上でO2センサーとECUのチェックに入ったようです。あ、O2センサーエラーはやっぱり前と同様に記録されていました。
そこで、ちょうど試乗車に同じ年式のモデルがあったから、そっちのO2センサー&ECUを使って色々組み合わせてみてくれたのだとか。

まず試乗車側はO2センサーのエラーが一切発生していません。この状態から...

試乗車側に付いてるO2センサーを、私のV7のものと付け替えてみて試乗。O2センサーエラー!!
 ↓
試乗車側のECUを、私のV7のものと付け替えてみて試乗。問題なし。
 ↓
O2センサーだけ、もともと付いてたものに戻して試乗。問題なし。
 ↓
ECUも、もともと付いてたものに戻して試乗。O2センサーエラー!!

ってことで、ECUが原因じゃないかと絞り込めて、じゃあ試乗車と何がちがうのよって言ったら、中に入ってるプログラムのバージョンが違う。試乗車側は最新版のプログラムが入っているので、私の方のV7も同じく最新版にアップデート。
これで試乗したら、見事エラーが出なくなりました...ということなのでした。綺麗に原因が絞り込めてるし、その結果の対策も想定通りの答えが出てるので、多分これで大丈夫。定評のあるお店で買っておいて良かった!と思う瞬間です。

納車に3週間かかったのは、念のためそっから2週間ほど色んな気温で試してもらったからでした。

ところでこのV7。ハンチングの症状を抜きにしても、ちょっと一速での挙動が神経質で、極低速でだらだら~と流す走りが苦手なきらいがありました。すぐにノッキングを起こすような、しゃっくりする感触があったのです。ひたすら開けていくと気持ちいいのひと言なんですけどね。

空燃比が薄めに設定されてるのが原因かなーと思って、実際そういうアフターパーツもいくつか出ているので、それを組み込むことも検討してたもんです。

しかも雑誌の仕事で最新のMOTO GUZZI V7 II STONEに乗ったらですよ。これがこういった神経質さが全然なくて、しかも回すと元気だしで、「このエンジンめっちゃいいな-!」とうらやましくなったりもして。ますますこれはちょっといじらないとダメかと思ってました。

そしたらそれが今回の件で全部解決しちゃった。もちろん定期点検で油脂類も交換されてるわけだから、その影響がないとも言い切れないんですけど、低速時の落ち着きが全然違うのです。しゃっくりするようなこともなく、時速20km未満でたらたら流してても「ドコドコドコ...」とのんびりゆったり気持ちいい。エンストする気配なんか一切なし。それでいて回すと前以上に軽く吹け上がってぐいぐい前に押し出してくれる。

なんというか、低速でのドコドコ感が、角のとれた柔らかい粘る感じになってるんですよねえ。

個人的には、最新のプログラムだと空燃比がちょっと濃い目に変わってるんじゃないかなあと思ってます。V7 IIの乗り味にえらく似た感じになってる。

あとは燃費がどう変わったかかなあ。開けなくても加速するようになっているので、意外とガスは食わないんじゃないかと思っていますが、これについてはまた何度か給油した後で報告したいと思います。

20160216.png
この電源ボックス用にケーブルを新規で作る時は毎度CB1300SFの時に作った記事(バイク用の電源ボックスを作ってみた)を参考にしていました。ただ、よく考えたら今回のやつからは過去のものと互換性は残しつつ、一部のピンアサインをUSBのそのまま残すようにしておいたんですよね。なので、この記事の時とは完全イコールではなくなってるはず。
改造の様子はBikeJINの連載記事で書いたから、余計にどっかメモを残していた気分になっていて、すっかり頭から抜け落ちていた模様です。

そんなわけで、過去の写真等をひっぱり出してきて、ピンアサインをほじくり返してみることにしました。
ついでに改造記事として、Webにも残しておくのです。なんだかんだと、自分でも復習によく使いますからね。

まずこれがボックス側の配線の様子。良かった。これでなんとか配線のアサインは拾えそう。

続いてライトニングケーブルのコネクタ付け替えがこっち。USBの中の線は4本だと認識していたんですけど、それを配線するだけでは「このアクセサリーは使用できません」とiPhoneに表示されて使えませんでした。USBってシールド線もしっかりつないであげないとダメなんですね。というわけで、皮膜のシールドを束ねて空いているピンに落とし込んでます。

できあがったのがこちら。ボックス側はシート下のUSB-シガソケアダプタと接続した上でメーター脇に設置。ライトニングケーブルはハンドルにマウントしたiPhoneとつなぎます。

こんな感じでちょこんとメーター脇にいるわけです。オスメスのコネクタ嵌合状態では防水機能が発揮されますが、なんもささってない状態だと当然端子がむき出しになるので防水ではありません。なので普段はゴムのキャップが被されています。

CB1300SF用に作った時は、キーONの時だけじゃなくてキーOFFでも常時通電側から電気を取り出せるようにしようとか、そのためにスイッチを設けた上で通電を示すインジケーターLEDを光らせようとかしてました。でも、バッテリー上がりが怖いので実際にキーOFFで使うことってまずなかったんですよね。なので、ごてごて機能を持たせるよりもすっきりシンプルにして目立たない方がいいやーと、今回のような仕上がりに変わってます。

んでもって、今回の主目的である配線のピンアサインを最後にメモメモ。読み取れる写真残ってて良かった。
20160216-s1.png

よく巷で売ってる「防水USBコネクタ」とかのバイク製品は、使わない時が防水になっているだけで、使用中は全然防水じゃないので、こうやって自前で作るのがオススメです。部品代も千円程度と安いし、何より雨天を気にせず電源が使えるというのは実に便利でいいですよ。


20151028.png
何回か組み直したら、ちゃんと元通りの向きになりました。良かった。

で、実際の写真を交えてメモ代わりに書き残してみる。
まずはV7のタンクキャップ。側面にぽちっと開いてるのが空気穴みたいです。

何度かエアダスターで吹いてみましたが、明確に内部へと空気が抜けてくる感じはありません。ここは販売店の方も「はっきり空気が通るようにするにはドリルで穴を貫通させちゃうって手もあるんですけど、そうすると大雨の時に水が入っちゃうんですよね...」なんて言葉を濁していたので、はっきり空気穴が中とつながってるって感じではない様子。うっすら隙間がある感じなのかな。

分解方法もその時に教えてもらったので、せっかくだからバラして中の構造を見てみることに。
裏返すと金色のピンがあります。

これをひっこ抜くと全部バラバラに分解することができます。

こんな感じ。

分解した状態で再度エアダスターを吹いてみましたけど、この状態でも「ここからここに空気の通り道があるよ!」とわかる気配はなし。とりあえず怪しそうなとこを片っ端からエアーでしゅーしゅーやって、中に詰まってるものがあったら消し飛んでくれるといいなとか思ってたらあっさりエアダスターが空っぽに。

元の通りに組み直して取り付けて数日経ちますが、今のところハンチングは起きてません。
でもここ数日は暖かい日が続いてるからなあ。

20150930.png
対処前と後で、はっきりとエンジン音に変化が出たのがおもしろかったです。
最近、急に肌寒くなったりしましたからねえ。

20150702.png
というわけで、気がつくと1年以上書かせていただいてたフリートーキングが今月で最終回となりました。
本当ならツーリングシーズンだし、最後にぱーっと離島一周とかしたかったんですけど、5月に起きた不良が解消するのに2週間以上かかったもんで、バイクが戻ってきたのが原稿締め切りの数日前。旅に出る時間的余裕が取れませんでした。残念。

見本誌が届いてびっくりしたんですけど、今月ってBikeJIN150号記念号になるんですね。
いつもより分厚くて内容充実の号になってますので、是非お手にとってみてくだされば幸いです。

最後にちょこっと振り返ってみると、自分の仕事はWeb系や単行本がほとんどなので、定期印刷物の仕事というのは珍しいものでした。なので、毎回漫画の描き方をちょっと変えてみたりして、それが印刷でどのように出るか試すことができたのは楽しかったです。

今回はというと、使用ツールはCLIP STUDIO PAINTで変わらずですが、ペン先をここんところ気に入ってるミリペンにして4コマを描いてます。これだと半分落書き気分でちまちま描き続けられるから楽しいんですよね。印刷した感じも思ったより綺麗に出てて良かったので、しばらくお気に入りにしようとか思ってます。

20150601.png
毎月1日発売のBikeJIN。今月もフリートークを書かせていただいてます。
ツーリングシーズンなので、「メインにするほどじゃないけど、里山散歩ついでにちょっと寄ったらおもろいよ」と思う近所のマイナースポットについて書いてたり。

この原稿を書いたちょい後に、うちの愛車MOTO GUZZI V7ちゃんはセルスイッチが故障して入院中となりました。
いいシーズンなのに!毎日気持ちいい天気なのに!

はやく帰ってこないかなあ。

20150525.png
暖かくなって世の中すっかりバイクシーズン入り。休日となれば、近隣からツーリングに来たであろうバイクの姿を多く見かけるようになりました。
自分も同様に時間があればふらふらバイクでお散歩してたんですけど、ある朝いきなりセルスイッチが反応しなくなるというトラブルが発生。こいつに乗り換えて唐突に出動不能になるというのはこれで2度目です。前回は「エンジンかけたらいきなり回転が跳ね上がって戻らなくなる」という症状でした。

とりあえず落ちついてキルスイッチを確認。
ニュートラルも確認。
スタンドも出し入れしてみたり。

うーん、どれもダメ。
でも翌日になったらけろっと直ってたりするんだぜこいつーとか思って寝て起きて翌日。試したら本当にかかって笑っちゃったんですけど、出先で症状が復活。なんか10秒くらいセルスイッチを押し続けてたら反応しはじめる時もあったり、全然ダメだったりと、今ひとつ安定しません。

こりゃダメだってことで、新車保証としてついてるロードサービスで販売店に運んでもらいました。

スイッチが反応さえしてしまえばセルの動作はスムーズなのでバッテリーではないとして。
スイッチの接点がおかしくなってるか、コードが接触不良なのか、発電部分が悪いのか、それともモーターに何か不具合が起きてるのか...なんだろう。

なんにせよ、工場で見てもらえばすぐに原因はわかるはず。
とか思ってたら数日後、工場から連絡が来て、「入庫以来一切症状が出て無くて快調極まりないです」とのこと。

...なんで機械って、わかる人の元に出すと症状ピタッと止めちゃうんすかね。

20150206.png
例のごとくお知らせが遅くなってますが、BikeJIN 2015/03号が先月31日に発売されてます。今月も書かせていただいてて、1年点検を迎えたウチの愛車MOTO GUZZI V7 STONEのこととか、冬支度として初めて手を出してみた電熱ベストのこととかを書いてます。

んで、V7のことなんですけど、本誌だと文字数に限りがあって詳しくかけなかったりしたので、あらためてこっちでも所感をしたためてみたりとか。

まず1年が過ぎて、当然ですけど今もって飽きてません。大好きです。買って良かった。

購入後慣らし期間中は、あったまるまで1速から2速へギアを上げるのがめっちゃ固くて、ブーツ履いててもつま先が痛いってくらいに固くてやっかいなバイクでした。でも初回点検でオイル替えたらその後はもうスコスコ入る。N→1へは今もちょっと入りづらいけど、軽くアクセルを開けてから入れるとカコンと入るので、それがクセになりました。
あ、あとやっかいに感じたと言えばリヤのサス。なんか妙に固くて落ち着かないと思えてたんですけど、ある時期から思いっきり後ろ乗りするようにしたらしっくり来て、それ以来特に不満はありません。逆に自分の尻の下からトトトトトンって路面とトルクとサスの力感が伝わってくる感じが心地良いです。
ステップ位置が妙に前の方だなーと思ってたんですけど、後ろ乗りしてると踏ん張るのにちょうど良いんですよね。あーだからかーとも思ったり。

意外だったのは、極微低速では粘らずにけっこうあっさりストンとエンジンが止まっちゃうことでした。低速で気持ちいいのは30~40kmで流してる時で、それ以下の、それこそ人が歩くような速度で農道脇をノロノロ行くのはあまりあってない気がします。このへんは、アメリカで乗り回してきたハーレーの方が、ドロドロ粘るのでゆっくり流せてあってるみたい。ハーレーって、エンストすんのかな?ってくらい粘りますもんね。あのドロドロ感は楽しい。

外車というとトラブルが懸念されるところですが、これは...ないとは言えないけど、あるというほどのものでもないって感じ。納車早々ゴム製の保護パーツが振動でどっか飛んでっちゃったり、ガソリンタンクに変な凸凹が浮き出てきてタンク交換になったり、施工時の勘違いもあってグリップヒーターがちょっとトラブったりとか。いずれもディーラーで即対応してもらえたので、そのへんは問題なっしんぐ。でも、ディーラーじゃないとこで買ってたら?それはどうなんだろうなあ...と思わなくもないです。

トラブルの中で一番大きかったのが、「ある日エンジンをかけると回転数が勝手に跳ね上がって唸りっぱなしになる」ってものでした。確か購入後1カ月くらいで発症したはず。
何度エンジンをかけ直しても、ほんと延々上がりっぱなしだからどうしようもない。ところがアクセルをちょっと動かすとストンと回転が落ちて、こんどはエンストしそうになる。かと思いきや、エンスト直前にまた回転が一瞬上がる。んでストンと下がる。上がる。下がる。この繰り返し。

この状態で試しに走ってみたら、3千回転以上を使って走る分には問題ないものの、交差点やカーブで減速して回転が落ちるとさっきの「回転落ちる、上がる、落ちる、上がる」がはじまります。まあギクシャクして危ない危ない。

けっきょく1日中そんな感じだったんですけど、翌日には直ってました。原因は不明。ただ、ディーラーで調べたところ、排気デバイスのO2センサーにエラーが記録されていたとのことなので、どうもそのへんに何かが起きてたみたい。その後は一切発生してません。
4輪の話になりますけど、前にBMWのZ3乗ってた時も、機構自体には問題ないのにセンサーの方に寿命が来て出先でエンジンかからなくなって(かかるけどすぐエンストする)レッカー呼んだことがあったので、しかもセンサー交換でめっちゃお金かかったので、ほんとこの手のセンサーってやつは...。

USBの電源ひっぱって便利仕様になってるし、サイドバッグつけてるから買い物にも便利だし、キャンプ道具積んでも、釣り道具積載仕様にしてみても、いずれも軽々と役目をこなしてくれるので、ほんと良い相棒です。
ちなみにこいつに乗るようになってから、団塊の世代以上のオジサマたちにめっちゃ声をかけられるようになりました。旅先での休憩中はもちろん、信号待ちで隣の車の窓が開いて話しかけてくるとか珍しくもなんともない。もうおっちゃんに大人気。
...おっちゃんに人気でもなあ...ゲフンゲフン。

« 前のページ1 2 3

About MOTO GUZZI V7 STONE

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「MOTO GUZZI V7 STONE」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはPPIHC 2016です。

次のカテゴリはKSR2です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加