Web連載更新チェックアンテナ

メイン

書籍

070306.gif
見本誌まだかな、まーだかなーっと、その到着を今か今かと待ちわびている新刊本ですが、3月10日の発売日がせまってきたこともあり、amazon.co.jpで予約を受け付けるようになりました。

そんな新刊本くんがこちら→『会社じゃ言えない SEのホンネ話

久々の単行本というのもあって、「売れてくれるといーなー、売れてくれるといーなー」なんてワクワクしながら発売日を待っています。
待ちながら仕事に追われてシクシクする毎日なわけですが、発売日を迎えた後にさらにシクシクが倍…なんてことにならないのを願うばかりです。

070227.gif
来月10日に発売予定の新刊本、「会社じゃ言えない SEのホンネ話」の束見本が届きました。

束見本というのはあれです、本物と同じ紙とページ数とで綴じてみて、それにカバーとかをぐるっと巻いて仕上がりを確認する見本のことです。なので外見は「おお、できたんだ!!」と一瞬思うんだけど、開けてみたら全部白紙でちょっと笑っちゃうというか、思わず本屋に置いてみて…なんてイタズラをしたくなる見本です。

今回はデザイナーさんのアドバイスもあって、「どぎついピンク」と「ギンギラギンな金色」でカバーを構成してみました。なかなかに頭が悪そうというか、この悪趣味さが最高です。

ちなみに、写真で束見本の下に敷いてあるのが、カバーの下にくるはずの表紙見本。んでもって、その上に載ってる薄ピンクの奴が別丁扉というらしいです。別丁扉ってなにと聞かれても、私は知りませんので答えられません。

この本はNETWORKWORLDという雑誌で連載していた、「SEのねどこ」「SEのホンネ」というコラムエッセイを単行本化したものとなります。単行本化といっても、文章はガシガシ書き直したし、各話にいっこずつ4コマを付加したしと、自分なりにやれる工夫は詰め込んでみましたぜという一冊になってます。

なので気が向いたり、宝くじが当たったり、期末ボーナスが出たりしたんだぜやっほいという方は、どうかお買い求めいただけますと、とてもとても嬉しいかつ助かりますので、よろしくお願いいたします。

061204.jpg
今月6日発売となる、『パソコンマナーの掟 今さら人には聞けない「べからず!」集』の見本誌がいよいよ届きました。

今回は本文をガシガシいじっちゃったし、判形がかわることもあって、ページ数調整の必要があちらこちらで出てしまいました。それに関しては、無理に本文を削るのではなく1コマまんが的なものを付け足すことで、きれいにオチをつけるとしよう…なんてしたのでありますが、仕上がりを見る限りではなかなかに功を奏してくれているような感じです。

ページ数が従来のもの(『SEのフシギな~』)より少ない分、気軽に手に取ってもらえるサイズとなっており、その分お値段もリーズナブル。かわいい一品に仕上がったなぁ…なんて自負したりもしています。
前述の改変や付け足し等々もございますので、どうか既存本を一読いただいた方も、手にとっていただけると幸いでございます。

…と宣伝でした。

ちなみにうちに届いた見本誌の一冊目に関しては、末っ子の強襲にあい、あえなく昇天いたしました。
なぜに奴らは、ああもカバーをひっぺがすのが好きなのか。

061130.gif
今、このエントリを読んでいるであろうその視線。その視線の先をですね、ちょっと左に動かしてみましょうか。そう、ちょっと左に6cmくらい。

「新刊案内」
…というものがございます。

そう、12/06発売予定の『パソコンマナーの掟』文庫版が、とうとうAmazon.co.jpで予約開始となったのです!!
わー、どんどんぱんぱん。ぱふぱふ~。

そんなわけで、「売れてくれるといいな」の願いをこめて、今日は思いっきり宣伝ということにさせていただきます。是非とも、是非ともお買い上げいただけると幸いのこころであるのです。

というか、はやく見本誌こないかな。
今回のカバーはかなりのお気に入りなので、はやく実物を見たいのです。

061113.jpg
先日のカバー校正で出た直しをうけて、色調の修正された再校が送られてきました。
もう時間がないのでこちらは確認するのみですが、色の深みが足されてなかなかにいい感じ。あ、ちなみに写真だと、左下にあるものが再校のものとなります。

もうちょっと欲をいえば、赤みを足して人物の顔色をもっと血色のいいものにして欲しいとか、題字部分も赤みが弱いせいでやや暗く沈んでるかなぁというあたりが気にかかります。
でも、そんなんが総じて「細かい問題だな」と言い切れちゃうほど、全体としてみればいい感じ。地色がのっぺりした黄色からやや深みのある山吹色に修正されてきてくれただけでも、ぐっと全体の印象が良くなりました。

そうそう、この色で「いいですね!」って言ってたんだよ…とホクホク顔になるわけです。

発売日となる12月6日まで、気がつきゃ残り半月程度。
いい仕上がりになってくれてるのもあり、ますます発売日が楽しみです。

061108.jpg
以前翔泳社から出させていただいてた「パソコンマナーの掟」という本があったのですが、これの文庫が来月6日に発売の運びとなりました。んで、そのカバー色校があがってきましたよと。

カバー色校というのはあれです。こんな色で仕上がりますけど、あってますか~という確認のフェーズです。違ってたら「もうちょっと墨を強く」とか言いながら、想定の色に近づけていくことになります。このあたりについては、私の方で正確な色指定をすることはまずないので(これまでに1回くらいしか経験がない)、正しい指定がどんなのだかは知りません。

で、今回の色校。ぱっと見の印象でも、デザイナーさんに見せていただいてたのと色味が違ってるのがわかります。墨がうすいのか、はたまたマゼンダがうすいのかはちょっと判断できないのですが、少し想像よりも色が浅い。今回のデザイナーさんは「微妙~に赤味をいれた黄色」とか、そのあたりの案配がとてもすばらしい人なのに、その味が出てないのです。

ほっといてもデザイナーさんの方で色の指示が出るんでしょうけど、とりあえずこちら側からも「赤が弱いっす」と編集さんにご報告。
聞いてみると、やっぱりデザイナーさんの方からも「墨が弱い」と指示がとんできてるらしいです。

せっかくの出来映えなので、うまく反映されてくれるといいなぁ。

今回のカバーは、小さな判型のくせして押しが強く、かなりのお気に入りです。
中身に関しても、今回は連載時に編集側で入った修正をすべてオリジナル状態に戻し、その上で加筆修正しまくって、さらにイラストも数点書き加えたりしています。さらに装丁も色々とこっていただけました。
そんなわけで、個人的には「文庫化」というよりも「文庫サイズでリニューアル」くらいの勢いで捉えてたり。なので売れて欲しいなぁ…と思うココロなのです。

うん、もっとも「売れて欲しい」のは毎回思うことだけども。

年末なのでまだまだ先だなぁとか思ってたら、もう1ヶ月切ってるんですよね。
ほんと今年は、時の過ぎるのが早いです。

1 2 3 4 5 6 7次のページ »

About 書籍

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「書籍」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは連載です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加