Web連載更新チェックアンテナ

メイン

バイク

20151221.png
だいたい5割増しにはなる。

20150903.png毎度現実をつきつけてくれるお仕事です。

20150721.png
なにがびっくりって、本人は「祝日なんて関係ない、今日は仕事日、おれは仕事に燃えるおとこ」と思ってたはずってことですよね。

20150714.png
実際は裸状態じゃなくて、咄嗟に作ったケースに入れて、クルマのすみに置かせてもらいました。虫が平気な編集さんで良かった。

この日は他にバイク誌ライターの伊丹さんも一緒だったんですけど、この後3人で「ミヤマは京都だとわんさと採れた」「枚方はせいぜいノッコンでしたねー」「このへんだとせいぜいコクワですよね」なんてしばらく虫談義を繰り広げたりも。楽しかったです。

あ、バイクロケの様子は、27日発売のライダースクラブにて!(宣伝)

20150625.png
ちょうど1年前に、パイクスピークインターナショナルヒルクライムというレースの応援に行きました。海外に1人で行くのなんてはじめてで、飛行機のチケットを自力で取ったのも生まれてはじめて。当時その模様はnoteってSNSでマンガにまとめてアップしていて、どれぐらいお金になるもんかなーという実験もしたりしてました。

今年も6月下旬のレースウィークに入り、Facebookを見ていると昨年知り合った人たちがポンポン写真をアップしはじめてます。
青い空。でかいステーキ。夜明けの静寂。山頂からの眺め。
空気と臭いと熱と寒さとなんか色んな記憶がまざまざと蘇ってきて「いいなー!!」なんですよ、もうめっちゃうらやましい!特に山下カメラマンさんとは昨年ほとんど行動をともにしていたので、写真を見て「おおー」と思うと同時においてけぼり感も半端ない。
...>『山下カメラマンによるPPIHC2015アルバム

くっそー、来年は行こう。来年はぜったい行くぞ。

この後、決勝前になると街を封鎖してファンフェスタってお祭りが行われるんですけど、多分そこらへんでうらやましさのピークが来るような気がします。ドカティガールの色っぽいお尻をいっぱい写真撮ってアップしてくれってリクエストあげとかなきゃなあ、うん。

そういえば、前回行った時には「せっかく行くんだから」とレース後にハーレーで1人旅してきたんですよね。8日間ぐらい。
それも今となっては懐かしい記憶。半泣きでカミナリ雲から逃げまくってた荒野の様子とか、GoProで走行動画いっぱい録ってあるはずなので、いい加減発掘してまとめないとなあ。

20150414.png
ここ数日は天気予報を見ても雨、雨、雨、雨。雨ばっかり。
それも、「春雨じゃ、ぬれてまいろう」的なあたたかーいシトシト優しく降る雨じゃなくて、凍えるようなくそ寒い雨ばっか。

飽きた。
飽きましたよもう。もう春でいいじゃないですか。もうバイクシーズンにしましょうよ、通勤に乗って行きたいんだよ、だから寒くなるのはいいけどせめて雨はやめてよもう。

ってな感じでうんざり気分が限界値に近付きつつあります。

この雨のせいで今日予定していたバイク雑誌のロケも1個流れちゃったし、なんだかなあもう。

20140917.png
シルバーストーン三軒茶屋というのは、イラストにもある通り、三軒茶屋にあるライダーズマンション。駅のすっげえ近くなくせして、バイクの保管用に屋根付き駐輪場があるのはもちろん、屋内保管庫とか、屋内ガレージとか、ついでに工具も一揃いあったりとか、本だって雑誌共有コーナーが完備されてますぜとか、そうそう共有スペースが充実してて居住者同士の交流が盛んなんですよとか、ついでに元女子寮を改築したせいか女の子多いよ!などという、これは「何の罠だ?」ってくらいにオジサン青春時代に戻ってここ引っ越してきたいわーと思ってしまったりする物件なのであります。

んで、この管理会社の方とはパイクスピークをきっかけとしてFacebookで懇意にさせていただいてるんですが、「今度伊丹さんとモンちゃんのトークショーやるから来てよ!ついでにアンタのパイクスピークまんがもちょっと展示させてね、よろしくー」という声をかけてもらったもんで、んじゃちょっと覗きに行ってこよっとと相成ったわけです。

行ってみたら、意外と大きくまんが飾ってくれてて驚いた。Webの画面からそのまま引っ張ってきて印刷してるはずなんだけど、これが案外きれいなもんで。今のプリンタすごいなー。
なんでオレいっつもこういうの写真に撮ってブログに載せようとか頭働かないんだろうなー。

バイク誌関係者さんと話をしてたら、「普段レースに関わってないからこそ、裾野の広いわかりやすいものになっていると思います」なんて褒めてもらってご満悦ですよ。飾ってもらって良かった。
しかし読み返してると、やっぱり区切りとしてその後のツーリング編まできっちり仕上げてしまいたい気持ちが湧いてきます。来年も行くとなれば余計に必要な気がしてくる。...けど、時間がなあ。

トークイベントは、さすがに手慣れてる2人のトークなので終始安定してて「へー」とか「ほー」とか感心することしきり。時折「ああそういやそうだったなあ」とパイクスピークをちょい懐かしく振り返ってみたりなんかも。
トークショーが終わるとプレゼント争奪ジャンケン大会。一応関係者だから遠慮して引っ込みつつ、あ、モンちゃんのサイン本は数が多そうだから参加してもひんしゅく買わないで済むかなと手を上げてみたらあっさり負けてゲットならずとか、楽しい1日でありました。

いやほんと楽しいよねここ。東京出てきた時の仮作業部屋として一部屋欲しいけど、さすがにこの家賃出せるほど東京こないしなあ...。
複数ライターでシェアして、別荘みたいな感じで使えるといいかも...というのが一番現実的なセンかなあ。

あ、そうそう、打ち上げ後に会場へ荷物を取りに戻ったら、どこからか「一冊余ってたけど、いる-?」なんて本が出てきて、サイン本もらうことができましたよ!ラッキーだ!

これでウチの「知り合いと言いふらしても怒られない程度には親しくなったであろう相手からもらったサイン本コーナー」がまたひとつ充実ですよ。ふっふっふっ。

とかなんとか言ってる間に今日は9月17日。
今日の夕方には、眺める側じゃなくて眺められる側としてしゃべってこなきゃいけません。とりあえず「えー」とか「あー」とか言って間をつなぐようなことはしないよう心がけたいと思いますが、何回かは言っちゃうんだろうなあ。

会場のキャパ的にはまだぜんぜん余裕があるはずだと思うので、「おや今晩ちょっと暇になっちゃったな」とか「今日はちょっと残業する気が起きなくてねえ」なんて方は、ふらりとお立ち寄りいただければ幸いです。
#tecomp 徹底検証★ITエンジニアが「地方で働く」ということ。~仕事スタイル、ワークライフバランス、給与etc. 地方へ移住したエンジニアの実態に迫る!~(ATND)

20140501.png
というわけで、BikeJINでの連載がはじまりました!
載っているのは、BikeJINフリートーキングというコーナー。様々なゲストの方が、バイクにまつわる出来事や楽しみ方なんかを書いてるコーナーです。
かっこいい顔写真が並ぶコーナー扉に、いきなりふぬけた自画像イラストが混じっていて、ちょっと笑えるというか、かなりの違和感。よくこれOKしてくれたなあ。実にフトコロが深い。

フリーフォーマットで書いてよいとのことだったので、こんな感じで、4コマとか写真とか、色々ごった煮状態にして書いてます。

(基本的には)キャンプツーリング主体で色々と書いてく予定。
ご興味のある方は是非ご一読を!

20140410.png
ええ、こちらで以前「無理矢理つけたー」と書いたサイドバッグですが、少し前に燃えました。いきなりモクモク煙があがってるから何かと思った。びっくりしたー。

いつもならマフラーに接触してないかは、気をつけてることなんです。ところがその日はエンジンをかけた途端に回転数が6,000回転にまで跳ね上がりっぱなしになるという、わけのわからん挙動をバイクがしておりまして、「なんだこりゃ」と気を取られてたら、中途半端な締まり方で垂れ下がってたバッグがマフラーに接触していて...。うわあああああああ...と。

ちなみにこの日は半日ほどエンジンの調子がおかしかったんですけど、原因は未だ不明です。車体側には「O2センサーエラー」が記録されていたみたいですが、そもそもなんでエラーが出たかは未だわからず。

とまあ、それはさておき、燃えちゃって焦げちゃって穴が空いちゃったわけですよマイバッグ。
見事にぽっかりと穴。
防水ってこともあって重宝してた一品なので、これは是非復活させんといかん。このままじゃ防水はおろか、小物がポロポロ落ちちゃうし。

でもどうしよう。ゴム板でも貼ろうかなー。

よし決めた、ゴム板を貼ろう。防水っていったらやっぱゴムですよねゴム。

そんなわけで車体から外したバッグを裏返して、接着剤を塗り塗りと。
こんな時はセメダインのスーパーXが大活躍です。なんでもくっついてしかも適度に弾性が残っていい感じのやつなのであります。よく似たものにコニシのウルトラ多用途SUってのがあるんですけど、いっしょにしちゃいけません。自分も最初はそっちを使ってて、「すぐに剥がれちゃうなあ、やっぱこの手の多用途うたってるやつはダメかー」と思ってたら、こっちのスーパーXはぜんぜん違って感動したという。

あ、話がずれました。とにかく穴ぼこ周辺のなるべく広い範囲を塗り塗りと。
セメダインのスーパーXを塗布。
貼り付けるゴム板の方にも塗り塗り。こういうのは角から剥がれてくると相場が決まっているので、ちゃんと角を丸く切り落とすのも忘れちゃいけません。
こっちにも塗布。
で、ペタリと。
この状態で、時々浮いてきた箇所を抑えながら24時間、硬化するのを待ちます。
ぺたりと貼り合わせる。一時間もする頃にはけっこうしっかり貼りついてます。
そして24時間後...
見事復活!
見事にくっついて、元の通りに裏返してもはがれる気配なっしんぐ!やった!
穴の周囲もかなりがっつり貼りついているので、防水性も問題ないっぽいです。

2度とこんなことが起こらないように、サイドバッグの下端を「ここならどうやってもマフラーと接触しない」位置に縛り付け直して作業終了。まあ、こうやって穴ぼこが空いていくのも味ですよね味。

20140409.png
消費税が上がるまえの駆け込み需要だ急げ急げと、体の良い言い訳ができたので、前々から欲しかったGoProを買ってしまいました。今じゃテレビでもよくお目見えする小型のウェアラブルカメラです。

実はさかのぼると、「モノはお試し」という連載をしていた時に、とりあげる候補の品としてあげてたくらいに昔から欲しかった品だったりします。

買ったのはHERO3+ Black Edition。

悩んだら一番いいやつ買っとけの法則に従いまして、メーカー直販で一番いいやつを注文したのでした。今だと本体の他に、レキサーの高速なマイクロSD 32GBカードとチェストハーネスがオマケでついてくるので、どっちにしてもその2つは買わなきゃと思ってた自分にとっては、かなりお買い得な結果となりました。
おまけのチェストハーネス。
microSDカードなんて、USB3.0のリーダまでついたやつでしたよ。メーカー直々につけてるわけだから速度や相性の面で心配いらずなわけだし、良いオマケでした。
レキサーのUHS-I対応高速microSDカード。メーカーのおまけだってことで相性面の心配いらず。
何に使うかというとバイクにマウントしてツーリング動画を撮るのが一番の目的なので、それ用にも色々買い込んでみたり。
ハンドルにカメラをマウントするための台座と、GoProをカメラマウントに対応させるためのアタッチメント、あとタンクにGoProや普通のカメラを設置して記念撮影するための三脚とか。
うねうねしてるのはマグネット版のゴリラポッドという三脚。足先についてる磁石でがっちり鉄部分に貼りつきます。
あとは、レンズを保護するカバーとか...。

あ、そうそう、バッテリがあまり持たないと聞いたので、予備のバッテリも買いました。純正品は高いので、ワサビバッテリーとかいう評判の良さそうなものをチョイス。
ワサビの愛称でおなじみの互換バッテリとその充電器。
ところが届いたのを見てみたら、充電器はコンセントもしくはシガーソケット経由でしか使えない品だったり。
バイクで走行中にモバイルバッテリーでUSB充電しときたいので、これじゃダメだーってことで充電器だけ買い直し。
すげえ小型なのに、2個同時に充電できる優れもの。
とりあえず両者とも、ずっと監視できる状態の時に目の前で充電してみましたが、特に熱を持つとか火を噴くなんてこともなく大丈夫でした。

でね、やっぱり実物が届いたら試したいじゃないですか!
ちょうどここんとこ天気もいいし、バイクも初回点検終わって元気だし!

というわけで、よく走る道のうち、手近な「大仏通り」という通りを流して撮影してきてみました。エンジン音を入れたかったのでハウジングは後ろの空いた防水じゃない方を使用。

風切り音がすごい...。やっぱりこのへんはどうにか加工してやんないとダメだなあ。
あとハンドルへのマウントもメーターが映り込んで今ひとつなので、RAMマウントに切り替える方向で検討しなきゃいけません。

あ、ちなみに動画は2部構成になってます。久しぶりに行ったなあアウトレットコンサート長柄...。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

About バイク

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「バイク」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはモノ語りです。

次のカテゴリはクルマです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加