Web連載更新チェックアンテナ

メイン

バイク

110930.gif
どうも先日灯台を見にふらふら走った時にエンジンオイルが止めをさされたみたいで、あれ以来シフトチェンジがスコンときまらないことこの上なし。なーんか渋い。
そんなわけでオイル交換してみました。ちょっと早いけど、一応夏も終わったっぽいからまあいいや。

ついでにKSR2の方も、ギアオイルを交換。中古で買った直後に一度交換してるんだけど、その時はパッキンが手持ちになかったのでついてたのをそのまま使い回しちゃってたのです。おかげでポタポタずっと垂れてて、「まあカワサキは漏れるのが入ってる証拠というし」なんて言い訳しながら数ヶ月。いい加減ちゃんとしないとなーとは思っていて、廃油が出る時にあわせてやろうと狙っていたのでした。当然今度は新品のパッキンも用意済み。

で、どっちもちょちょいと。

CBの方は交換後、しばらくセンタースタンドたてたまんまでシフトチェンジを2~3往復したら、馴染むにしたがってスコスコ入るようになってああやっぱりと。そのまま試運転でちょこっと走ってきたら、まあブオンブオン軽く回って気持ちいいこと。すばらしい。

調子にのって、ついでにチェーンもゆるんできてる気がするから調整しようと思ったら、手持ちの工具じゃサイズがあわないことに気がついた。
昔CB400SFいじってた時は手持ちでやれた記憶があるんだけど、どうしよっかなーめんどっちいからバイク屋さんにお願いしちゃおうかなーと悩みつつも、けっきょくホームセンターで工具を買い足すことに。思いのほか調整はあっさり終わったので、あーやっぱ工具買う方にして正解だったーとか思いながらまた試運転。

手放ししてもヘンな振動ないし、まあ加減速が気持ちいいこと。さっきのオイルの件とあわせて気持ちよすぎて脳汁噴き出してやばいので、信号をあらぬ方向へ曲がってしまう前にさっさと退散してお片付けして全工程終了。

あ、そうそう。このホームセンターで見つけた箱3,980円也をKSR2くんにつけてあげたりしましたよ。
110930.jpg
そこらのスクーターのメットインよりも物が入ってめっちゃ便利。ヘルメットとかグローブを持ち歩かなくて済んで、しかも買い物したもんが突っ込めるというのは幸せすぎます。手持ちのちっこいクーラーボックスも入るから、釣りに行くのも楽しそうだわははー。
オレ、今年の冬は、こいつにハンドルカバーもつけてやるんだー。

110811.jpg
ここのところ「水曜日はバイクの日」と勝手に決めているので、昨日も仕事の区切りがよくなったところでフラリとバイクで田舎道に出かけてました。
最近はもっぱら重心の位置を気にするようにしていて、時にはハンドルフルロック状態でえいやと倒しこんでみることもあったりするんですが、そんな時も重心が掴めていれば気持ちいいくらいに安定してぐりんと回れたりするんですよね。それが気持ちいい。

なんつーか、「バイクとの距離がまた縮まった」みたいなとこが気持ちいい。
「ボクたちわかりあえてるね!」みたいな。

んで昨日も例の如くそんな感じで「うわー、コイツ大好きだわー」ってラブラブモード入ったあたりでふと空を見たら月が出てたので、缶コーヒー飲んで休憩することにした時にパシャリと撮ったのが上の写真です。
CB1300というと青葉マークな人には「デカイ、重い」と言われたり、上級者さんには「つまらん優等生バイク」と言われたりするんですけど、いいバイクですよ。やったことがそのまま素直に挙動として返されてくるので、自分みたいなヘタっぴな身にはすごくいい先生役で、成長がダイレクトにわかって楽しいことこの上なしで、そんな練習を許容してくれることを含めて乗れば乗るほど「いいバイクだなー」と反芻する今日この頃です。

あ、そうそう。重心を掴む一環として、この間サイドスタンドたてたバイクの上で試しに寝てみましたですよ。
頭を置いたハンドル部分が若干ゴツゴツして寝苦しかったですが、そこにグローブを2枚重ねにして置いちゃえば、シートが肉厚なこともあってかなり気持ちよく寝れるんですよね。少なくとも、昔会社でやってた「椅子3脚並べ」よりも快適でした。

寝返りうたない自信があれば、高速のサービスエリアでもこれで快眠できそうなんだけどなー。

110516.jpg
先週末の土曜日にCB1300SFを引っぱり出して、「最近乗り方が変わってきたのかしっくりこないから、リアのプリロードを一段上げよう」と思ってセンタースタンドかけて調整して、えいとスタンドを降ろしたら、なんとなく視界に入ったフロント回りに超違和感が。

なにこれってくらいに、ぬらぬらと大量のオイルでフロントフォークにべったりついてる。

あれーと思って拭き取っても、ちょっとゆさゆさ車体を揺すると、オイルが盛大にべったりと。
過去に乗ってたバイクで、「オイルが滲み出てくる」というのは何度か経験ありますが、こんなにも派手に漏れてくるのははじめてでした。

というわけで、近所のバイク屋さんに預けて、代車の原チャリ乗って帰ってきて、今日になって「仕上がりましたー」と連絡があったので先ほど受け取ってきました。
修理代はしめて22,197円。

***明細***
油脂代 3,570円
部品代 3,927円(フォークシール、ダストシール、Oリング、ドレンワッシャ)
工賃 14,700円
**********

ブレーキ時なんかに「フロントやわくなってきたなー」とは思っていたので、遅かれ早かれフォークオイルの交換時期ではあったんですよね。
…とはいえ、痛い出費です。

ちょうどリアのプリロードを一段固めにしたのもあって、前も後ろも固くなった感じが妙に新鮮。

110407.gif
まあ、ウチの前でバイクいじってたりすると寄ってくること寄ってくること。
油断すると工具がなくなってたりするので、いかに目配りしながら必要な作業をやり遂げ、かつ集中力が散漫にならないよう質問をかわすかがキーポイントです。

まさにリアルフリスキートム

…というのは冗談にしても、やっぱり怪我でもされると困るので、わらわら寄ってこられると神経使います。
もっとも、勝手のわかる子相手だと、グダグダおしゃべりしながら整備するのも楽しいんですけどね。

110406.gif
エンジンオイルは劣化するので、バイクでも定期的に交換してやらんといけません。で、そのオイルを抜く時に「ドレンボルト」というエンジン下部にあるボルトを抜くんですが、このボルトに使われてるワッシャを「ドレンパッキン」と呼びます。単なるアルミ製のワッシャで、ボルトをしめた時に、こいつがクシャリと潰れてパッキン代わりになり、オイルの漏れを防ぐんです。

毎回つぶれるわけですから、その都度新品に替える方が望ましいとされてます。
ところが前回オイル交換した時は「手元になくてめんどくさい」という理由により、交換しないで使いまわしちゃいました。なので、今回は新品に替えてやろうとパーツ屋さんに買いに走ったと、そういうわけ。

でも、「210円」という値札を見て固まってしまいました。
だって単なるワッシャですよ。ワッシャなんてホームセンター行ったら5円とか6円とか、せいぜい10円とかで売ってます。アルミ製だから多少高くなるにしても、210円ってことはない。
そもそも純正パーツで取り寄せたらそんな値段しなかったはず…。

そう思ったら、「金額の絶対値として出せない金額ではないけれど、なんか悔しくて買いたくない」精神が発動されまして、そのまま小一時間ほど「どうしよっかなー」とそこを動けなくなってしまいました。

どう考えても、「そうやって悩んでる間の時給考えたらとっとと買って帰った方が安い」わけで、実に非効率。そうは思うんだけど「なんか悔しい」んだから仕方ない。

でも考えてみたら、帰り道にホンダのおっきなバイクディーラー店あるんですよね。あそこならワッシャの在庫ぐらいいっぱい持ってるだろ…と思ったらまさにその通り。
1個36円でした。

思わず気持ちがでっかくなって、ついつい4個も大人買いしてやりましたよ。約2年分。はっはっはっ。

…こういう時に「さっくり210円のワッシャを悩まず買って帰る」ようなお金持ちに、いつかはなりたいものであります。

110404.gif
「B-PARK」というのは、「Bike Parking ARigatou(ありがとう) and Korekaramoyoroshiku(これからもよろしく)」の略。
バイクの駐輪場不足は深刻な問題で、まだまだ足りない現状ですが、それでも少しずつ風向きは変わってきていて、ところどころ整備してもらえてるものもあるのです。

たとえば表参道。ここにはバイク用のパーキングチケットが設置されてるって知ってますか?
でも残念ながら利用率があまり高くなくて、「せっかく設置してもらえたのにこのままでは…」となる可能性も否定できません。

じゃあ、「あれがないこれがない」と要望ばかりあげつらうのではなく、整備してくれたこと自体に感謝の意を示そうではないですか。この駐輪場を満車にして、「便利なものありがとー」って言っちゃおうじゃないですか。

というのがこのイベント。

昔お世話になったバイク雑誌の編集さんが発起人で、その第2回目が先週末の土曜日にありました。なので私も参加してきたんですけど、見事満車(ちょっとあふれた)になりまして、国交省の担当さんにも、その感謝の気持ちを伝えることができたみたいです。

詳しくは
コチラ(http://atnd.org/events/14232#bparkjp)とか、
コチラ( http://www.facebook.com/BPARK.JAPAN )を見ていただければと思います。

個人的には、懐かしい面々にも会えたし、Twitterでやり取りさせていただいてたマンガ家の本田恵子さんBy-Q便の中の人にも会えたりして、とても楽しいイベントでした。

ちなみに、この表参道にあるのと同等のパーキングチケットが千葉中央の千葉銀座通りにもあるはずなんだけど、こっちはまだ1回も使ったことありません。上限1時間で用事をすませなきゃいけないとなると、サッと停めてパッと終わらせる必要があるので、目的の店の真ん前の通りとかじゃないと利用できないんですよね。
千葉駅ロータリー前の大通りなんかに作ってくれたら助かるんだけどもなぁ。

110304.jpg
バイクに乗る時は、OGKってメーカーのFF-5というヘルメットを使ってます。
これに決めた理由は様々あるんですけど、そのうちのひとつに、「捨てバイザー(リプレイスシールド)が使える」というのがありました。シールドの上にスモークとかミラーのフィルムを貼り付けて、必要に応じてそれをはずして使用できるというものです。だから昼間はスモークで出かけて、夜になったらクリアシールドに戻して走行するってことができる。すっごく便利。

かように便利なものなんですけど、問題がひとつありました。
それは「はずしたバイザーをどこにしまうか」ということ。
ポケットになんか突っ込んだらあっという間に折り目がついてアウトです。キズがついてもバイザーとしての役目が終わってしまうので、むき身のまんま輪ゴムでとめてシート下に…というのもためらわれるところ。どうしようかなーと悩んでたんですね。

そこでピンと思いついたので、実行してみたのが上の写真というわけなのでした。

以下、長くなるので作り方は追記にて。

続きを読む "捨てバイザーケースを作ってみる" »

110210.gif
ウチのBMW Z3くんは10年以上昔のものになるので、もうアチコチのゴムパーツが劣化してひどいことになっていたのです。アンテナの台座は硬化して割れてもげてぽっかり穴が空いてたし、ドアハンドルのゴムなんかは左右いずれも硬化してひび割れだらけでハンドルのまわりをあたかもフリル模様のように彩っておりました。わぁ華やか…とか思わない思わない。

そんなわけでこの辺とか、この辺を参考にして自分で修理してみましたよ。インターネットすばらしい。さすがにこんだけ詳しく書いてくれてたら自分でもできました。
自分で直すことができると、「オレはやり遂げたぜ!」的な達成感もあるし、愛着がすごく増すんですよねー。

タイヤも劣化がひどかったので、こっちは近場の整備工場にお願いして交換してもらいました。
そしたらすげー乗り心地がよくなってびっくりです。購入当初から「えらくスパルタンな乗り味だなー」って思ってたんだけど、単にタイヤが硬化してただけだったらしい…。

となると、気になってくるのがバイクの方。
こっちのタイヤも同じ感触なんだよなぁ。もう丸5年が経つし…。
今年はいっぱい乗ってやるつもりなので、いいタイヤはかせて気持ちよく走りたいと思います。

もうすぐ来るであろう自動車税の納付書と考え合わせると、たまにクラッと気が遠くなることもありますが…。一度手放しちゃうと、多分もう2度と買えない(買う度胸が出ない)かわいい子たちですからねぇ。

vol0197.gif
そうなんですよ、今の仕事終わる頃には冬になってしまうんですよ!
いやいやいや…。

100531.jpg
昼飯食ってたらあまりに天気が良かったので、仕事部屋に転がってた自作電源ボックスを心の赴くままに設置作業なんぞしてみたり。

最後に使った両面テープの本領発揮が24時間後からなのでただいま養生中です。
以下設置作業の模様など。

まずはこちらで購入した電源アダプタを配線しなきゃいけないので、リアカウルをはずします。
100531-01.jpg
といっても配線だけなら、ちょっと後ろにずらせばそれでOK

ビニールに覆われた中からサービスカプラを取りだしてフタを取り外します。
100531-02.jpg

そしたらそこに電源アダプタをカチリ。
100531-03.jpg

この時点でいったん通電チェックを行います。
100531-04.jpg
日光下でインジケータが見づらいですが、ちゃんとキーのON/OFFに連動して点灯する確認と、常時ONモードに切り替えた時はキーOFFでも通電することの確認。ともにOK。

そしたら今度はハンドル回りに移動。
100531-05.jpg
このクラッチマスターにグリップヒーター用のコントローラ設置プレートをとも締めして、今回の電源ボックスをつける予定。

プレートつけるとこうなる。
100531-06.jpg

じゃあ電源ボックスをこのプレートに仮止めして…
100531-07.jpg
クラッチケーブルに這わせながらタンクの下を通し…

こんなところからコンニチハ。
100531-08.jpg
ここからはメインハーネスに沿って、サイドカバーの中→リアカウルの中へと進みます。

タンク持ち上げて作業してるとこ写真に撮るの忘れてた…。タンク下では、なるべくエンジンから遠いところに、あちこち結束バンドでとめてます。

ケーブルは万が一を考えて長めにしてあったので、あまった分をテールランプとの隙間にたばねて押しこんで、電源アダプタとシート下で合体。
100531-09.jpg
シート下なのであんまし濡れる場所ではないですが、水が入ってこないわけではないので、後でビニールで包むなり、なんか防水措置はしておきたいところ。

で、カバーを全部戻したらハンドルを左右にこじってみて、配線に無理がないか確認。大丈夫そうだったので、電源ボックスをプレートに強力両面テープで貼り付けてみる。

ナビを設置してみるとこんな感じ。
100531-10.jpg
思ったよりもナビ-電源ボックス-クラッチマスターあたりが窮屈なので、RAMアダプタのベース位置はもうちょい調整したいところです。
ちょうどハンドルポストのネジ穴にすっきり設置できるベースを注文中なので、それが届いたらやるとしよう。

さすがにナビをつけるとそこそこゴテゴテしちゃうんですが、はずせばそれなりにスッキリするので、素人作業ながらそこそこうまく行ったのではないかと思います。
あとは後日雨中テストを行って無事を確認するだけ。
大丈夫なはずだけど…壊れないといいな。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

About バイク

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「バイク」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはモノ語りです。

次のカテゴリはクルマです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得