Web連載更新チェックアンテナ

メイン

お仕事

20141028.png
9月末に契約した仕事場へ、ちまちまと荷物を運び込んでいます。
わざわざ引っ越し屋さんにお願いするほどの量でもないと判断したので、毎日午前はそっちで過ごすようにして、その時に一部ずつ荷物を運んでます。だからほんと「ちまちま」。そのちまちま具合が、「ピクミンっぽいなあ」と思いながら運んでます。

それでもメインの作業環境以外はだいたい移し終わってきていて、本番絵描き作業以外なら、あらかたこっちでやれるようになりました。
先日はじめて仕事場の方で編集さんと打ち合わせをしてみたんですよ。直接玄関まで来てもらえるし、打ち合わせのその場で資料ひっぱり出せるし、必要な部分もその場でコピーして受け渡しできるしで、これは便利だなーと。いっつも外の喫茶店で打ち合わせしていたので、コピーなんかは毎回「後日スキャンして送る」みたいなタイムラグが発生していたんですよね。

にしてもここは静かです。
自宅宛ての電話、宅配物、セールス、その他諸々のノイズがないってのは、こんなにも落ちつくもんなんだなあ。

なんだかんだとそろそろ1ヶ月が経ちますが、いまだにホコリが目立つようなこともありません。床面はいつもピカピカ。床がピカピカだと家具の上にホコリがたまることも少ないようで、入居時の印象そのままの状態をまだ保っています。
ルンバさんすげえ。本当にルンバさん大好きだ。

そうそう、引っ越しといえば、新しい3DS LLを買いました。さっそくお引っ越し機能で前のやつからデータを移すことにしたら、ピクミンが画面に出てきてせっせせっせと運んでくれました。そこはかとない親近感。
こいつら、ウチにも来てくんないかなあ。

新しい3DSについては、またあらためて。

20140926.png
自宅で仕事をするのもいい加減限界だなーという気分がでかくなったので、外に仕事場を借りました。
そうしちゃった方がいいかなーでも金がもったいないしなーいよいよ必要になったら考えようかなーみたいな堂々巡りはこれまでにも何度かあったんですけど、まあとりあえず動いちゃえと。動いちゃえば見えてくるものも多々あるので、そんな感じで更新期限の2年後まで「結果赤字でもいいや」と割り切ってみることにしたのでした。

最初はガレージ付き物件を物色。そうそうそんな都合のいい物件はないと判明。
続いては1LDKの安そうなとこを物色。このへんはワンルームあんまりないし、あっても1万ぐらいの差だろうしなーと探すうちに、「フリーレント付き」とか「ネット無料」とか「LED電灯付き」とか「エアコン最初からついてます」とか、物件にも色んな条件があるもんだとわかってきて、2年トータルの平均で見ると案外安いじゃんこれ!と駅近の物件に落ちつきました。

本来なら79,000円で貸し出してる物件だったらしいんですけど、建てた時期が悪くてディスカウント。さらに残った部屋を「9月末までなら2年間毎月8,000円引きだ持ってけコンチクショー!」というキャンペーンが開始されて希望者が殺到して一瞬で申し込み済みになって。
狙ってたのに残念だなーと他の部屋に申し込もうとした当日数時間前に、申込者が審査ではねられて落ちたってもんで、すかさず滑り込んで契約したという、なんだか不思議な縁のある物件です。

JR駅からすぐだから、東京駅で終電気にせず飲める時間が1時間増えるぜやったー。

...というのは、まあ本音ではないですよ、ちょっとした余録みたいなもんですよ。

とりあえずルンバが特価になってたので買ってみました。
物件の鍵をもらったら、さっそく室内を走らせて遊んで検証してみたいと思います。

20140320.png
というわけで、今月27日発売となる『夜明けに向かってコアダンプ ~SEの恥はかき捨て、僕の! 私の! 聞かせて珍プレー集~』の見本誌が本日自宅に届きました。
カバーに関しては極力デザイナーさんにお任せで、あまり出張らない方向で今回はお願いしていたもので、「へーこんなふうになったのかー」とすごく新鮮。てっきりいつものツルテカ風味で仕上がってくると思っていたもので、マット加工の表紙であがってきたのも意外でした。

さっそく中をパラパラめくって、いくつかミスを発見したので凹んでたりもしますけども...。

ま、まあそれはさておき。
あわせて新刊の発売記念として行うトークイベントの詳細もあがってきました。
↓詳しくは下記で。

ITをわかりやすく伝えるチカラ
出版記念トークイベント~いがじゅんがキタミさんに訊く

一応当日参加OKなイベントなのですけども、満員になっていると当然入れなくなっちゃうので、安全を期すためには上記ページより参加予約を入れておいていただけるのが良いと思います。そうするとこっちの心の準備も色々整うので、そういう意味でも参加予約していただけるのが一番良いかと思いますですよ。

20140304.png
というわけで今月下旬(確か22日だったかと)に新刊が出ます。
タイトルは『夜明けに向かってコアダンプ ~SEの恥はかき捨て!僕の!私の!聞かせて珍プレー集』。技術評論社発行となります。

副題を見ればわかる通り、こちらで連載している『きたみりゅうじの聞かせて珍プレー』の単行本化なんですけど、毎月4コマ1個ってペースでよく単行本にできるまで続いたなあ...と。オビにもあるように、開始から7年経ってんですよね。5年くらいかなーって思ってたのでびっくりです。

ちなみに、イラストでは「できたー」って書いてますけど、実際はまだカバーデザインのミニチュア作って遊んで写真撮ってるだけだったりします。本日印刷所に送られて行く...もうそろそろ行ったはず...行ってるといいなあ。ま、ちょっとは覚悟して酒も飲まずにスタンバってます。

無事見本誌が仕上がってくれば、また詳細をあらためて。
よろしくお願いします!

20140226.png
月曜日に、都内の書店さん数店舗を、版元の営業さん編集さんともどもおじゃましてきました。
今までであれば、おじゃましたついでにサイン本や色紙などを書かせていただいてたのですが、ちょっとずつまわる店舗数が増えていったために今回はパス。先方さんが「いいよ」と許可をくれれば、POPだけ書かかせてもらうようにしてきました。サイン本については、あらかじめ書いておいたものを別送するようにしてます。

まわる店舗数が増えてくると、後半の店舗さんに伺う時間がどうしても約束より遅れてしまって、迷惑をかけることになっちゃうんですよね。せっかく「来てもいいよ」と言ってくれた相手に、迷惑をかけてしまっては本末転倒なので。

とか言いつつ、POPには店員さんの許可を得るより先に「当店オススメ!」とか勝手にでかでか書いて押しつけてきちゃいました。みんな笑ってくれてたから大丈夫...なはず。たぶん。笑顔は引きつってなかったと思う。たぶん。
これがまた、設置してもらうと目立っていいんですよ。

ところで上の写真にも写ってるんですけど、10月に出して、12月に「コンピュータ書コーナーだと動きが良いみたいなので...」と図々しくお願いしてまわったエッセイ本。これが月曜日にまわった中で、今も平積みや面陳してくれている店舗さんがちらほらと目に入りました。サイン本がはけた後も、新しく仕入れて展開を続けてくれてるみたい。もう3カ月近く経つのに...なんてありがたい。

いやほんとに、ありがたいなーと思いました。

新刊を大きく展開いただいてるのもすごくありがたかったんですけど、それとは別に「きたみさんの本だ」と書店員さんが認識してくれた上で棚を確保してくれてるのが、本当に「ありがたいなー」でした。じんわりと。

でね。書店員さんに対しても、営業さんに対しても、「ありがたいありがたい」言ってたらですね、「じゃあ販促もっとがんばりましょうか」「場所はウチを使ってくださいよ」的にみなさんしてニッコリとですね、なんか話が進んでしまいですね。
どうも4月あたりにトークイベントみたいなものを都内でやることになりそうです。表面上話をあわせつつ全力で逃げようとしたんですが...みなさん話術が巧みなようで...しくしく。

20140221.png
あまり今回の冬期オリンピックには興味を持ってなくて、「たまたまチャンネルをつけたら日本選手が出てた」という時にしか見ていませんでした。ただ、浅田真央選手のフリープログラムだけは、これが最後かもしれないと思うと見ておかねばという気持ちが先に立ち、夜中まで寝ないで待って、しっかりライブで見てました。

ほんと、見て良かった。

ジャンプのひとつひとつをハラハラしながら拳を固めて見つめ。それらが無事に着氷できるたびに「よしっ」と声が出て。全部無事に跳び終わってその後、パーっと晴れやかな表情になってステップを踏み始めたあたりからは、もうこっちもニヤニヤが止まらなくなって、自然と涙が出てきました。
すごい良かった。演技が終わって浅田選手の涙腺が崩壊した瞬間、こっちの涙腺も崩壊ですよ。

うわー、フィギュアって、こんなにも感動できるんだ、と。

スポーツを見て、こんなにも泣けたのって生まれてはじめてです。

リプレイになると、もう失敗しないのがわかってるので、安心して見てられるのね。そしたらステップ踏んでる楽しそうな姿を見るだけで涙腺崩壊ですよ。このステップがまたいいんだ。大好きだここ。
もう他の点数なんかどうでもええよ、あんたが一番や、金メダルや。とか思いながら見てました。
一夜明けた今日になっても、時折その姿がフラッシュバックしてきて、一日ニヤニヤ思いだし笑いが出てきて、気持ち悪いおっさんになってます。

正直点数については「えー...」と思っちゃうとこがあるんですが、それは言っても...ねえ。
とにかく最後にあの演技と笑顔を見ることができて、ほんと良い夜でした。

=====(業務連絡)=====
先日お伝えしたサイン本は、下記の店舗で取り扱っていただけてるみたいです。

  • 紀伊國屋書店 新宿本店
  • 紀伊國屋書店 新宿南店
  • ジュンク堂書店 池袋本店
  • ジュンク堂書店 吉祥寺店
  • 丸善 丸の内本店
  • 丸善 ラゾーナ川崎店
  • ブックファースト 新宿店
  • 有隣堂 ヨドバシAKIBA店
  • 書泉ブックタワー
ご興味ある方は是非。よろしくお願いします。

20140220.png
「著者ページ」という存在があるのは知っていたんですが、「めんどっちいし、著書目録は自分のサイトにも載っけてるから、別にいいやー」と思っていたのです。あ、違うな。一番の理由は「そうそうたる作家陣が設けるものであって、自分なんかはとてもとても」と気後れした部分がでかいかも。

ところがあれって、Amazonの気分次第なのかなんなのか、なければ勝手に作られたりするもんなんですね。昨日、今後いっしょにお仕事することになりそうな方のブログを見たら著者ページが載ってて、ふーんと眺めてたらその脇に「こちらの著者の本も買われてます」的な欄があって、ふーんと眺めてたら「あれ?見たことあるなこの名前」って文字が。

自分でした。
いっちばん最初に著者登録された時の、漢字表記で自分の著者ページが作られてました。

うわーこれはイヤだ。だから最近メールいただいた時に漢字表記で記載されてることが増えてたのかも。

そんなわけで、自分でひらがな表記のペンネームを追加登録して、ごにょごにょいじってみることに。いじり出すとこりはじめるのはいつものクセなので、どうせならそれっぽくしようと他の著者さんのプロフィールを見て「ふむふむ、こう書くとそれっぽいのか」とごにょごにょと。

受賞歴書いてるとかっこよかったから、なんの権威もない賞を書いてみたりしましたよ。権威ないけど、受賞って書いてるとかっこいい!
調子にのって「町内会の靴飛ばし大会では、2年連続ベスト3に入っている。」とかも書こうと思ったけど、さすがに仕事のものなので版元さんにも迷惑かかるしなーと自制しました。こーいうの書いてると、いかに自分が自慢できるものを有してないかが浮き彫りになりますね。

漢字表記がイヤだから仕方なしにした著者登録ですが、管理ページを覗くと自分の著作の売れ行き推移が全期間グラフで見れたりと、案外やって良かったかも...とかちょっと楽しくなってます。
ちなみに著者ページはこちら。これ登録してからは、商品ページでも著者名にカーソル持ってったらこのページのアイコン出てきたりするんですね。Amazonは色んな機能あるなあ。

20131114.png
記事本編はこちら↓
『特集 生き方3.0 きたみりゅうじインタビュー
好きなことをしている過程では、
いつも「おまえ、何してんの?」と言われるのだから、
自分が楽しければいいや、でいいんだ』

けっこうまとまりなくダラダラ話した記憶があるんですが、綺麗にまとめてくださってるなあ…と。
あと電子書籍化の続報については、この掲載と同時にリリースが流れるのかなーと思ってたんですけども、どうもないようなのでここで告知をば。

まず先月出した新刊以外の本については、11/19(火)から幻冬舎のWebストアにおいて電子書籍の取り扱いがはじまります。
新刊の『人生って、大人になってからがやたら長い』はその後ちょっと遅れて12/1(日)から。

Amazon等他のストアでの取り扱いは、そこから2週間ほど後に開始される…ような話だった気がするんですが、こちらは正確な日程をまだ確認中です。今しばらくお待ち下さい。

130703.jpg
同時に受けたインタビューでWeb記事の方もなんか載ってるはずなんですが、そっちは掲載連絡もなんも来てないのでとりあえずスルー。

インタビューとか取材受けるのって嫌いなんですけど、何度か聞く側にまわった経験もあるせいか、お願いされると断ることができません。みんなどうしてるんだろうなあ。

130123.gif
普段自分はコンピュータでしか絵を描かないので、サイン本を書く機会をいただくようになって、はじめてアナログの画材をあれやこれやと試すようになりました。
今はUniのプロッキーが大のお気に入りです。たっぷりしっとりインクが出てくれる感触といい、線の太さといい、にじみのなさといい、実に素晴らしい。

気がつけばサイン色紙もカラーで描くようになったし、おかげでコピックもあれこれ試して「わあ楽しいな~」と思うようにもなり。んでもって今年からは10冊に1冊くらいの割合で、サイン本もカラーにしたりして遊んでます。

この日行ったのは池袋にある、ジュンク堂書店 池袋本店さん。
ここはなんと、今まで書いたサイン色紙を「これでもか!」と書架の側面を使って多数並べ続けてくれているのです。そもそもサイン色紙を着色するようにしたきっかけだって、ここがこうやって使い捨てではなくずっと並べ続けていてくれるからこそ…というのもある。ありがたいかぎりです。

そんなわけで、ただ今ジュンク堂書店 池袋本店さんでは、キタミ式イラストIT塾の『ITパスポート』『基本情報技術者』のサイン本を、各10冊ずつ展開していただいてます。ご興味のある方はぜひ。

ちなみにその後は軽く飲み会。
日本酒に詳しい人がいたのでちょっと注文をお願いしてみたらこれがもうおいしくておいしくて、気がついたらあんたもう…
130123-2.gif
…てなことに。

漫画喫茶はタバコくさかったです。しくしくしく。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

About お仕事

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「お仕事」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはこのサイトについてです。

次のカテゴリは親バカ日記です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加