Web連載更新チェックアンテナ

メイン

ラフなページまんが

20160128.png
釣り始める前にして見直すべき点がごろごろと...

20160127.png
投げても引いても手応えがないし、アタリもぜんぜんこないしでですね...。

20160120.png
永峰さんというのは、最近だと『70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本』が売れに売れてるライターさん。以前知り合いに呼ばれて行った飲みの席でお会いして、それから仲良くさせてもらってます。

イカ釣りをしているとは聞いてたんですが、まさかこんなところにメバル師匠がいたとは...。

20160114.png
写真は富士山のふもとにある道の駅すばしりってとこで撮ったものなんですけど、実は編集部を出てからこの瞬間までシールドの色を意識していなかったのです。この荒天だから、うすら濃くなるぐらいの変化しかしてないだろうと。
道中でいくつかトンネルを抜けてる最中もシールドの色が気になったことはなかったので、それでよけいに色が大きく変わってはいないものだと思い込んでました。

で、「さっむ~(ガクガクブルブル)」と震えながら手元を見たらこの色になってたからびっくりした。
試しに中に手をつっこんでピースサインしてみてもうっすらと手が見えるか見えないかレベル。ここまではっきりと色が濃くなっていることにも驚きましたが、道中で様々なシチュエーションを抜けてきたはずなのに「暗い」と一切思わせなかったことに、より驚きました。実に自然に走ってた。
こりゃすごい...。

そんなもんで、道中はどちらかというとむしろZ-7本体の方に意識が向いてたんですよね。
普段はこれの1個前の型であるZ-6を使用してるんですが、それと比べても明らかに帽体が軽い&小さい。高速走行中に首を振ってみても風の影響が気にならない。普段使ってる革ジャンが、Z-6だと襟元とこすれてきゅっきゅと鳴くのが不快で、革ジャンの使用をロングツーリング以外では避けてたんですけど、Z-7だと横が大きくえぐれてるせいかそういうこともない。

この日は1日ロケだったんですけど、終わった時の首筋の疲れがぜんぜんなかったですものね。本当に軽い。

個人的には、ヘルメットはシンプルな形の白いものにスモークシールドを組み合わせたものが一番かっこいいと思っています。
でもスモークシールドだと夜やトンネルの中が困る。シールドを2個持ち歩くのなんてとんでもなくめんどくさい。

このZ-7とフォトクロミックシールドの組み合わせなら、その心配ないんだなあ...。
いいなあ...欲しいわこれ。

フォトクロミックシールドについては、気温でも色の濃さに影響があるみたいなので、どこまで濃く遷移するものなのか、返却期間までに良い日射しの時があればもうちょっと検証してみたいと思います。
とりあえず買うのは決定として、お小遣いをどう工面したものか...。

20160108.pngなんか手慣れた感じでかっこいい!...と思ってたんですが。

あ、吊すって送り仮名に「る」いらないのか。1個かしこくなった。

20160107.png
うっかりしていて油ならし前の写真を撮ってなかったので、それについてはAmazonの商品写真で。これだけすっきりとした銀色のものが、見ているだけで肉を焼きたくなる色に変身していく様は見ていて楽しいのひと言。

使えば使うほど油が馴染んで使いやすく育つらしいので、この先も引き続き楽しみです。

使い心地はというと、男性であれば別にあおって炒めるのも普通に使えるくらいの重さ。鉄の厚みがあるおかげか、いったん熱するとかなり蓄熱してくれるみたいで、クズ野菜を炒めて遊んでる分には、ガスコンロの勝手に弱火へ遷移しちゃう安全機構が働いても、さほど問題があるようには思えませんでした。

今度こいつ使ってお好み焼き作るんだー!

20151225.png
最初の契約にお金がかかるということもなく、もちろん月々の基本料金というのもなし。加えて通信速度にも特に制限を設けてはいない様子。
普段は自宅のWiFiで利用していて、たまに外出した時だけちょろっと使いたいと考えてる自分のような人間には、ほんと有り得ないくらい好条件のSIMでした。買えて良かった!

20151221.png
だいたい5割増しにはなる。

20151216.png
自分の本はよく「イラストが多用してあって読みやすい」と言ってもらえることが多いです。とてもありがたいことです。

でも、実際のところ「イラストも文章も著者が手がけてかつわかりやすく表現できる人」という方は他にもいるわけです。ただそういう人はオファーを受けても「書かない」って言うんですよね。なんでかっていうと「それだけ手間をかけて書くことがギャンブルすぎるから」と。

単価も部数も、著者がコントロールできる範疇ではない以上、こういった価格破壊で競争力を持たせようと業界が舵取りしちゃうと、ますますそういう著者さんが撤退せざるを得ない気がして、結果的に売り手も書き手も読み手もみんなに益のない結果になっちゃうんじゃないかと...げふげふ。

と、それはさておき!

そんなわけでキタミ式情報処理試験本シリーズの28年度版が22日発売となります!
今年も応用情報編が発売にまで持って行けなかったことが申し訳なさでいっぱいですが、来年末には今度こそ!今度は出せる...はず!
いくつかの書店さんではサイン本を含めてすでに置いてもらえてるとこもあるみたいなので、どうかよろしくお願いします!!

20151119.png納豆はどちらかというと好きな方だし、緑茶も毎年お歳暮お中元で版元さんから煎茶をいただくものでちょうど良いんですけど、前々から気になってた近所のシジミに「肝臓のため」という大義名分がくっついてしまい...。

こんな住宅地のど真ん中の用水路にいるシジミなんて、ぜったいなんか似た種の(だけど食用に適さない)外来種が繁殖してるだけとは理解しつつも、気になって仕方ありません。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

About ラフなページまんが

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「ラフなページまんが」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

次のカテゴリは4コマまんがです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加