Web連載更新チェックアンテナ

メイン

親バカ日記

110630.gif
先週末は天気があまりイケてなかったので、「そうだ、子どもたちをボーリングに一度連れていってみよう」と思い立ち、家族でボーリング場へと行ってきました。

娘も息子も、これが人生初ボーリング。

「ふざけててボールを足の上に落としたりしたら大けがするから、気をつけるように」と最初に言い含めたせいで、当初は随分おずおずと投げていたんですが、ちょっとなれてきたらまあ力いっぱい投げること。
「てやー」と投げる。じーっとボールの行方を見て、カコンカコンと倒れるのを確認したらこっちを振り向く。
これがもう全力出し切ったと興奮しまくりの顔で、しかも満面の笑み。

連れてきてよかったなーと思う瞬間であります。
それがプレイしてる間中続くんだから、ほんと楽しかった。

しかしボーリングってすげー久しぶりにきたから知らなかったけど、いつの間にかこんなに高くなってたんだねー…なんてカミさんと話してたんですが、よく考えたら4人分払ってるからか。
そりゃ高いわけだわ。

110425.gif
ムスメもはや小学3年生。この年になると、人間関係にも色々悩ましい話が出てくるようです。
で、当然心配なので話聞くわけですけどね。でも自分だって、そもそも人付き合いって得意な方じゃない。さらに女の子だと複雑っぽいし。

カミさんともども心配することしかできず。まったく胃が痛いのひと言です。

110401.gif
…というわけで北海道に行ってきたわけです。北海道といえば雪。雪といえば…これ…とつながりまして、息子の念願がようやく海を渡った遙か遠方で叶うこととなりました。

もっとも、あんまりうれしくてガチガチに固めた雪玉をムスメに投げて「痛い!」って怒られて即座に涙目になってたけど。
これについては、「痛くても怒らない良く動く的」を設置することで回避。
つまり的は…うん、がんばったよパパさん。あ、オレか。

ワカサギも、(子どもたちには)いっぱい釣れましたし、天ぷらにしてみんなでウマイウマイとたいらげたし、毎日酒がおいしかったし、天気もずっと良かったしで、良い旅行でした。

ここ、実はムスメに「はじめて雪遊びをさせた」場所でもあるんですよね。その時の楽しかった記憶があるので、息子も連れてきてあげたかったのです。
5年ぶりくらいに来ることができて、当時の懐かしさも所々にあって、そういう意味でもなーんかいい感じの旅行でした。

来年も行けるといいなー。がんばって稼がねば。

110209.gif
この前向きさ加減は見習いたいとマジ思った。

110208.gif
「早く2月になればいいのに」
今年の冬は、これが息子の口グセでした。どこの誰に聞いたのか、「2月になれば雪が降る」と彼はすっかり思いこんでいて、「雪が降ったら、こんな遊びをしたいんだ」と事あるごとに宣言していたのです。

まあ、今年はあったかいから、2月になっても雪は降らんで終わるだろうなーとか思ってたんですけど、なんと明日は関東地方でも積雪が見られるかもしれんとか。

でね、息子がずっと欲しがってたものがあるんです。カポカポやって雪玉を作るあれ。あれをずっと「買ってくれ」とせがまれていたのです。
「雪が降ったらねー、だって今買ったって使わんでしょ」
そんな風にあしらってたもんで、こりゃ本当に積もるんだったら買ってやらんと嘘つきになっちゃうなー…と。

そんなわけで、大急ぎで近所のスポーツ用品店にいってカポカポを買ってきましたよ。
どうだろう、積もるのかなぁ明日。

110204.gif
2月3日は節分の日。…ということで、昨日は豆まきを行いました。
例年だと「寒いから」という理由で、ちょろっと庭の方に投げておしまいにしてるんですが、昨夜はあったかかったので、たまには本気でまかせてもいいかーと思って、庭のウッドデッキから忍び寄る鬼を退治していただきました。

もちろん鬼は私。
息子お手製のお面がパチパチ音をたててたから、けっこういっぱい投げてたんじゃないかなー豆。

そんなこんなで、すっかり自分にとっては「豆まき」ならぬ「豆まかれ」の行事になったなーと思うんですが、暗いところにいる鬼さんからは、明るいところにいる子どもたちの表情が良く見えるんですよね。それはそれは嬉しそうに投げてたので、これはこれでいい行事だなーとか思ったりしたのでした。

110131.gif
先週末からインフルエンザでふせってた息子。なかなか熟睡もできないみたいだったので、「ちょっとでも気がまぎれれば…」と最近お気に入りのポケモン映画をレンタルしてきたんです。土曜日に。

そしたらむっくり起きて、出てくるポケモンをひとつひとつ解説するわけですよ。
どうも息子の幼稚園にポケモン博士がいるみたいで、その子に教えてもらったんだと、すげー真剣なまなざしで「こいつの技は…」とか「こいつは強くて…」とか、本当に真剣に語ってる。キリッってまなざしで。

「ちゃんと聞いてる?」って感じで、時折チェック入れる余力があるくらい、元気に語ってる。

39度超える熱で伏せってたのにすげーって思いました。ポケモンすごいです。

ちなみに息子はもう復活していて、治癒証明を出してもらえるまでの自宅待機期間に移ってます。
んでもって、メインで看病してたカミさんが今度はぶっ倒れてる。

110128.gif
仕事が一段落したといって先日から本を読んだりと脳の栄養補給に努めてるわけですが、やんなきゃいけないのはそれだけでなく、土日に遊んでやることもできずにいた、子どもたちに対しても罪滅ぼしをしなきゃいけません。

そんなわけで、昨日は「逆上がりできるようになったから見てくれ」という息子の願いに応じて、幼稚園へお迎えに行ってました。お迎えして、そのまま園庭の鉄棒で逆上がりを見せてもらう予定だった。

約束通りお迎えに時間に行くとですね、「あ、パパがきたー」と、そりゃもう嬉しそうな顔で駆け寄ってきてくれるわけですよ。んで幼稚園といったら息子のテリトリーなわけでしょ。そのテリトリーに自分が来たのが珍しくてちょっとハイになっていて、少し鼻息荒めにアチコチ連れ回して紹介してくれるわけです。

そりゃまぁねぇ…、これがかわいくないはずがない。多分とろけまくりの顔で、息子の後ろをついてまわってたと思います。

ところが逆上がりの段になると、どうもこれがうまくできない。できないのはまぁいいんですけど、なんか見てて体に力が入ってない。あれ?と。

帰って熱をはかってみたら38度を超えていて、そのままどんどん上がっていって…。
昨日は反応が出なかったので、今朝方再度カミさんが病院連れて行ったら見事にインフルエンザとお達しがくだりました。新型のAらしい。

そんなわけで今は、ぜーぜーはーはーと伏せってる息子。
その直前までがえらく輝いていたので、なんというか余計にせつなくなっちゃうのでした。

101110.gif
上のイラストはどんなシーンかというと、バッタを捕まえようとしているところ。それも、ムスメの飼っているカナヘビのエサとして。

カミさんとムスメを「大好き」と公言してはばからない末っ子である我がムスコ。今年に入って、夏頃から「あれ?」と思うことが増えてきたんですが、どうも「オレが守る!」的な自覚が芽生えてきているようで、2人のために働く姿を度々見かけるようになりました。

昔は虫を見たら「虫!虫!」と言って逃げてたり、車に乗ろうと外に出たら、車と庭木の間にはられたクモの巣にからめとられていて「た、たべられる!助けてパパ!」と顔面蒼白で叫んでいたりした彼なのですが、最近はひと味違うのです。

あいかわらず虫が苦手なムスメが、「きゃー虫!」と行ったら、さささと駆けつけて虫を退治!
クモはさすがにさわれないカミさんが「あ、クモ!」と行ったらさささと駆けつけて手づかみで外に持ってって放流。

そしてムスメが「カナヘビを飼いたい」と言って、カミさんに「アンタはエサの虫取ってきたりできないでしょ、死なせるだけだからやめなさい」と止められてるのを見るや、「オレが捕まえてくるから!」と言って…。
そうしてイラストにあるような光景を、よく見かけるようになったというわけなのでした。

釣りとか行っても、しっかり魚をわしづかみするしねー。たくましくなったものです。

ちなみに、私は彼の守る対象に入ってないみたいなので、「自分の手に負えない!」という生物があらわれた時には、すかさずヘルプに呼ばれます。
カマキリとか、アオイソメなんかは、まだダメらしい。

101012.gif
週末に、高滝湖畔の美術館へとお出かけしてきました。
娘の描いた絵が小学校の学年代表に選ばれたみたいで、この美術館に飾ってもらえているのです。

で、そりゃ見に行かなくちゃねと、カメラ持って家族一同行ってきましたよというわけなのでした。
自分が子どもの頃には、こういうので「やった!選ばれた!」とか思っても一切喜んでもらえなかった悲しさみたいなのを味わっているので、余計に喜んであげたいとか思うんですよね。伸ばしてあげたいなーとも思うし。

美術館鑑賞が終わったらちょうど昼飯の時間。この高滝湖はダムによる人造湖なので、管理事務所があります。で、そこにはレストランが併設されていて、実はダチョウ肉料理を食べさせてくれるのです。
これを一度食べてみたかった自分は迷うことなくそこをチョイス。前々から知ってはいたんだけど、1人だとなかなか立ち寄る機会がなかったんです。いっつも高滝湖までバイクで来ても、近くの自販機でコーヒー飲んで湖眺めてぼーっとしたらすぐ発っちゃってたから。

「本気で言ってんの?」といぶかしがるカミさんにプッシュプッシュで食べたダチョウ肉は、鳥というよりは牛に近くて、でも牛みたいにしつこい油はなくてけっこう美味でした。子どもたちも気に入ったみたいで、ちょこちょこ取っていかれた。高いから2度は食べないと思うけど、食べてよかった。

ついでに管理事務所で無償配布してるダムカードもらってきました。
101012.jpg
裏面にはダムのスペックが地味に詳しく書いてあって、実はよくできているカードです。ツーリングのおまけの目的にちょうどいいので、細々と集めていきたいなーなんて思ったりします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

About 親バカ日記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「親バカ日記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはお仕事です。

次のカテゴリはつらつらと思うことです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

おすすめソフトウェア(広告)

フィードを取得