Web連載更新チェックアンテナ

メイン

親バカ日記

110128.gif
仕事が一段落したといって先日から本を読んだりと脳の栄養補給に努めてるわけですが、やんなきゃいけないのはそれだけでなく、土日に遊んでやることもできずにいた、子どもたちに対しても罪滅ぼしをしなきゃいけません。

そんなわけで、昨日は「逆上がりできるようになったから見てくれ」という息子の願いに応じて、幼稚園へお迎えに行ってました。お迎えして、そのまま園庭の鉄棒で逆上がりを見せてもらう予定だった。

約束通りお迎えに時間に行くとですね、「あ、パパがきたー」と、そりゃもう嬉しそうな顔で駆け寄ってきてくれるわけですよ。んで幼稚園といったら息子のテリトリーなわけでしょ。そのテリトリーに自分が来たのが珍しくてちょっとハイになっていて、少し鼻息荒めにアチコチ連れ回して紹介してくれるわけです。

そりゃまぁねぇ…、これがかわいくないはずがない。多分とろけまくりの顔で、息子の後ろをついてまわってたと思います。

ところが逆上がりの段になると、どうもこれがうまくできない。できないのはまぁいいんですけど、なんか見てて体に力が入ってない。あれ?と。

帰って熱をはかってみたら38度を超えていて、そのままどんどん上がっていって…。
昨日は反応が出なかったので、今朝方再度カミさんが病院連れて行ったら見事にインフルエンザとお達しがくだりました。新型のAらしい。

そんなわけで今は、ぜーぜーはーはーと伏せってる息子。
その直前までがえらく輝いていたので、なんというか余計にせつなくなっちゃうのでした。

101110.gif
上のイラストはどんなシーンかというと、バッタを捕まえようとしているところ。それも、ムスメの飼っているカナヘビのエサとして。

カミさんとムスメを「大好き」と公言してはばからない末っ子である我がムスコ。今年に入って、夏頃から「あれ?」と思うことが増えてきたんですが、どうも「オレが守る!」的な自覚が芽生えてきているようで、2人のために働く姿を度々見かけるようになりました。

昔は虫を見たら「虫!虫!」と言って逃げてたり、車に乗ろうと外に出たら、車と庭木の間にはられたクモの巣にからめとられていて「た、たべられる!助けてパパ!」と顔面蒼白で叫んでいたりした彼なのですが、最近はひと味違うのです。

あいかわらず虫が苦手なムスメが、「きゃー虫!」と行ったら、さささと駆けつけて虫を退治!
クモはさすがにさわれないカミさんが「あ、クモ!」と行ったらさささと駆けつけて手づかみで外に持ってって放流。

そしてムスメが「カナヘビを飼いたい」と言って、カミさんに「アンタはエサの虫取ってきたりできないでしょ、死なせるだけだからやめなさい」と止められてるのを見るや、「オレが捕まえてくるから!」と言って…。
そうしてイラストにあるような光景を、よく見かけるようになったというわけなのでした。

釣りとか行っても、しっかり魚をわしづかみするしねー。たくましくなったものです。

ちなみに、私は彼の守る対象に入ってないみたいなので、「自分の手に負えない!」という生物があらわれた時には、すかさずヘルプに呼ばれます。
カマキリとか、アオイソメなんかは、まだダメらしい。

101012.gif
週末に、高滝湖畔の美術館へとお出かけしてきました。
娘の描いた絵が小学校の学年代表に選ばれたみたいで、この美術館に飾ってもらえているのです。

で、そりゃ見に行かなくちゃねと、カメラ持って家族一同行ってきましたよというわけなのでした。
自分が子どもの頃には、こういうので「やった!選ばれた!」とか思っても一切喜んでもらえなかった悲しさみたいなのを味わっているので、余計に喜んであげたいとか思うんですよね。伸ばしてあげたいなーとも思うし。

美術館鑑賞が終わったらちょうど昼飯の時間。この高滝湖はダムによる人造湖なので、管理事務所があります。で、そこにはレストランが併設されていて、実はダチョウ肉料理を食べさせてくれるのです。
これを一度食べてみたかった自分は迷うことなくそこをチョイス。前々から知ってはいたんだけど、1人だとなかなか立ち寄る機会がなかったんです。いっつも高滝湖までバイクで来ても、近くの自販機でコーヒー飲んで湖眺めてぼーっとしたらすぐ発っちゃってたから。

「本気で言ってんの?」といぶかしがるカミさんにプッシュプッシュで食べたダチョウ肉は、鳥というよりは牛に近くて、でも牛みたいにしつこい油はなくてけっこう美味でした。子どもたちも気に入ったみたいで、ちょこちょこ取っていかれた。高いから2度は食べないと思うけど、食べてよかった。

ついでに管理事務所で無償配布してるダムカードもらってきました。
101012.jpg
裏面にはダムのスペックが地味に詳しく書いてあって、実はよくできているカードです。ツーリングのおまけの目的にちょうどいいので、細々と集めていきたいなーなんて思ったりします。

vol0198.gif
もちろん良いことなので、「お、やったー、すげー」パチパチパチとほめるわけなんですが…。
ちょっとさみしいんですよねぇ。

100825.gif
ただただ申し訳ない…。

vol0196.gif
幸いにも保護フィルム貼ってましたし、音のわりにはたいした傷にはなってないしで助かったんですけどね。でも「ぞっ」としました。やっぱりしばらくは保護フィルムで安心買っとかないと駄目だー。

というわけで、先週はほぼ一週間をお休みとして、神奈川の義妹宅、大阪の実家、三重の(カミさんの)従姉妹宅をグルリとハシゴしてきました。
あっちこっちで子どもと遊べて楽しかったです。

100412.gif
昨日は朝食時にカミさんから「自転車の調子がおかしい、うしろからキーキーとヘンな音がする」という訴えがありまして、これが一日のはじまりとなりました。

見てみると先日の強風時に倒れたせいかなにかで、後輪のカバーがはずれてどうもタイヤに干渉しちゃってるらしい。…なのではめ直すだけ。あっさり終了。
でもこれだけじゃつまんないので、ついでにブレーキチェック。ブレーキレバーの戻りが悪い。ワイヤーかなーと詳しく見たら、レバーの金具に傷があって、これがどうも転倒時の衝撃でゆがんでひっかかっちゃってるっぽい。なのでマイナスドライバーでぐりぐり広げて補修完了。
ついでにブレーキの効き具合を調整したり、タイヤの空気圧もちゃんとして、試運転してくっかーと思ったら、それをじっと見ていたムスコが「ボクも行くー」と言い出したので、2人で緑のいっぱいある道を選んでチリンチリンと流してきました。

天気がいいから緑が目にまぶしくて、しかも花が咲き乱れて良い香りが辺り一面広がってたりして、これがもう気持ちいいのなんの。その香りに誘われてか、ちょうちょもいっぱいヒラヒラ舞っていて、それをムスコと発見しあいながらのんびり走るのがとても心地よかったです。

考えてみたら、ひっこしてきた直後あたりも、ムスコを昼寝させるための寝かしつけとしてこうやってよく走ってた道なんですよね。「こんなとこはじめてきたー」とか後ろで言ってたから、本人はもうすっかり忘れてるみたいでありますが。こっちはしっかり覚えているので、なーんか懐かしかったです。

この後も空いた時間にバイクピカピカに磨いて、子どもたちの自転車もグリスアップしたりと調整して、近所の子含めて一日遊んで、夜には庭でバーベキューして、子どもたち風呂に入れて…。
体力的にはあんまし休憩できてない休日でしたけども、精神的にはすごく伸び伸びほぐすことのできた休日でした。こーいうまったりした休日はいいなぁ。

vol0194.gif
カンヅメ生活に入ってしまうと、通勤もなく、ずーーーーーーーーっと椅子に座りっぱなしなので、本気でやばいほどに下半身が劣化していくんですよね(まあ、もともと滑れる方ではなかったので、へんなとこに力が入っているのだとも思いますが…)。

リンク上でなにかあった時に自分が無力というのはとてもイヤなので、スケート教室に通いはじめようかとか、わけのわからん意地が出てきて検討中です。年も年だから、体動かす趣味はたくさん持ってた方がいいとも思いますし。

vol0193.gif
ちなみにこれの1個前の夢は「トウってジャンプする」でした。

091230.gif
書き下ろし作業の影響で、あんまり長時間ダラダラ寝続けることがなくなったので、これはちょうどいいと、仕事が一段落して以降は、「早めに寝て、早めに起きる」を心がけています。だいたい21時に寝ると3~4時に目が覚めるので、「3時起床でそのまま仕事部屋に行って作業開始、7時頃に朝飯をみんなで食べて、また作業続けて、昼飯食って作業続けて…」としたら、16時くらいに切り上げてもかなり仕事時間を設けることができるんですね。

そうすると、夕方から晩飯までの間にちょっと表で子どもと遊ぶ時間が作れて、18時過ぎに飯食っていっしょに風呂入ってまたちょっと遊んでいっしょに寝てとしてちょうど21時。

いつまで続くものやらという生活ではありますが、しばらくはあまり遊んであげられなかった罪滅ぼしも兼ねて、そんな子ども中心の生活パターンでやっていきたいなーと、ここ数日を過ごしています。
これだと子どもたち寝たあとカミさんと映画見たりとかできないんですけどね。でも「別にいいよー」とか言ってるし、子どもたちが明らかに楽しそうなので。

今日も夜明け前から作業してたもんで、先ほど来年初頭分の4コマ漫画が書き終わり、このブログの更新をもって仕事納めとあいなります。更新予約入れてますので、明日の朝『SOHOの家づくり』が更新されますけど、机の前にへばりついてるのは今日でおしまい。しばらくお休みに入らせていただきます。

年初に「今年は景気悪そうだなー」と思い、「だから連載増やして行かなくちゃ」とした方針は、振り返ってみると完全に180度転換されて、「連載減らして書き下ろしに専念していく」舵取りとなりました。
それが正解だったかどうかは、まだカタチとして書店に出せてない今は判断できないですけども、決めた方針にしたがって一応は努力して、カタチにできる区切りにまで辿り着くことができたので、少しは自分をほめてあげてもいいのかなあ…とは思います。

一年を通して見ると、その過程で家族にも編集さんにも感謝の気持ちを抱くことが多くあり、自分なんかにはほんともったいないというか、ありがたいというか、色んな人に助けていただいた良い一年でありました。景気は悪かったですけども、良い年でした。

今年も残りわずかとなりましたけど、みなさんにとっても良い年でありますように。
来年もどうかよろしくお願いします。ではではー。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

About 親バカ日記

ブログ「キタ印工房」のカテゴリ「親バカ日記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはお仕事です。

次のカテゴリはつらつらと思うことです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

広告

アーカイブ

最近のトラックバック

フィードを取得

My Yahoo!に追加